携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『ファイナルファンタジーXIII』の成長システムが判明

2009/11/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●希望の星の輝きが守護神を呼び覚ます

 宙空に浮かぶ都市“コクーン”と、未開の大地“パルス”。このふたつの世界を舞台に、主人公ライトニングと仲間たちの冒険が描かれるRPGが『ファイナルファンタジーXIII』(以下、『FFXIII』)だ。今回の新情報では、まず仲間のひとりであるホープの召喚獣、アレキサンダーを公開!

01
02

アレキサンダーは得物を持たず、圧倒的なパワーを持つ拳を武器として戦う。とはいえ攻撃方法は多彩で、近距離のみならず遠距離攻撃も可能なようだ。また、その体躯は全召喚獣の中でも随一の大きさを誇る。

 
03
04

召喚獣がその身を変化させ、真価を発揮する“ドライビングモード”。アレキサンダーは戦場を包囲する、巨大な要塞へと変身する。ドライビングモード中は、拳ではなく、要塞に設置された砲台からビームなどを放って敵を攻撃するのだ。




●成長の根幹を成すシステム“クリスタリウム”

 本作の成長システムは、バトルで経験値を取得してレベルを上げるというものではない。バトルで獲得できる“CP”(クリスタルポイント)を使い、プレイヤー自身が、成長させるロール(役割。従来作のジョブのようなもの)や、取得するアビリティを選んでいくシステムなのだ。そのシステムの名は、“クリスタリウム”!
 

05

クリスタリウムでは、ロールごとに成長の道が用意されている。キャラクターを成長させる際には、まずどのロールを成長させるかを選択することになる。

 
06
07

ロールを選択すると盤面が現れる。盤面上には、“パワーライン”でつながれたクリスタルが配置されており、CPを消費することでそのライン上を進んでいく。そしてクリスタルに到達すると、アビリティを身に着けたり、ステータスにボーナスを得られたりするのだ。なお、クリスタルは特定のルートに沿って配置されているが、随所に分岐が存在するようだ。

 
08

配置されているクリスタルの種類は、同じロールでもキャラクターごとに異なる。また、クリスタルには、アビリティを取得できるものと、パラメーターを上昇させるものがある。アビリティは、それを取得したロールをセットしているときにしか使用できないが、パラメーターの上昇効果は、キャラクター固有の能力として、ロールに関係なく反映される。




●広大な大地を力強く駆ける、黄色い相棒!

 『FF』シリーズでおなじみのチョコボ。もちろん本作でも、チョコボは頼もしい冒険の相棒として登場する。チョコボに乗ると、徒歩よりも格段に速く、安全に移動できるほか、ふだんは立ち入れない場所にも行くことができるのだ。ちなみに、長く垂れ下がった羽など野性味に溢れた姿をしているが、これはパルスにいるチョコボ独自の外見。コクーンのチョコボのほうが、従来作に近い姿をしているのだという。
 

09
10

騎乗中に敵と接触すると、画面左下に表示されている“LIFE”がひとつ減る。LIFEがすべてなくなると騎乗不能になるので、敵との接触をうまく避けながら進もう。なお、接触せずに一定時間走り続ければ、LIFEが回復していく。

 
11

チョコボは、地中に埋もれている宝を捜す能力も持っている。チョコボに乗ってフィールドを移動していると、チョコボの頭上に“!”アイコンが表示されることがある。これが、付近にお宝があるという合図なのだ。




●多彩なコクーンの情景の一端を公開

 ここからは、コクーンの新エリアふたつを紹介しよう。最初に取り上げる“サンレス水郷”は、生態系の研究を目的として管理された自然環境保全地区。一方の“ノーチラス”は、人工的な光に満ち溢れ、市民へ娯楽や憩いを提供する歓楽都市だ。
 

12

サンレス水郷は、シェーラ湖や森、渓谷などを擁する自然豊かなエリア。さまざまな植物や、モンスターを始めとした動物が生息している。生態系の研究をするためのエリアとして聖府が管理し、ふだんの市民の立ち入りは原則として禁じられている。

 
13
14

サンレス水郷には降雨コントロール端末が設置されており、それを操作して自由に雨を降らせることが可能。雨が降り出すと、晴天時にはいなかったモンスターたちが現れるようだ。雨に打たれるモンスターは、どこかイキイキとした様子!?

 
15

コクーン全域からの観光客で賑わうノーチラスは、聖府が営むテーマパーク、“ノーチラス・パーク”を中心とした都市。人工的に昼夜が切り替わるドームの下、チョコボや羊などと触れ合える。

 
16
17

ノーチラスの一角には、ジェットコースターや観覧車、気球などが魅惑的に輝く遊園地区画も。シンボリックに配された時計台代わりのモニュメントなどもある。また、人の集う場所には、大型モニターなどで目を惹く映像や情報などが終日流れているのだ。



※詳しくは週刊ファミ通2009年11月26日号(2009年11月12日発売)をチェック!

 

ファイナルファンタジーXIII

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2009年12月17日発売予定
価格 9240円[税込]
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:鳥山求、キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:上国料勇、ムービーディレクター:野末武志、メインプログラマー:柏谷佳樹、コンポーザー:浜渦正志、プロデューサー:北瀬佳範

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!