携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『バーストエラー イブ・ザ・ファースト』シリーズの原点がPSPで生まれ変わる

2009/11/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『EVE』新生

 1995年に発売されたPC版が大ヒットを記録し、サターンやプレイステーション2にも移植された名作アドベンチャーゲーム『イブ バーストエラー』。本作は、その世界設定を受け継ぎつつ、シナリオやキャラクターデザイン、音楽を一新。さらにゲームデザインにも新要素を加味したリメイク作品だ。第1報では、ふたりの主人公の視点で描かれる謎に満ちた物語と、オリジナル版の特徴となっていた、“マルチサイトシステム”の概要を紹介しよう。

『イブ バーストエラー』とは

1995年にPC向けに発売された、コマンド選択式のアドベンチャーゲーム。緻密で謎めいた物語が話題を呼び、多数のハードに移植された。1998年に発売された『イブ ザ・ロストワン』を始め、続編も高い人気を博している。


STORY

12月のある日、天城小次郎は一夜をともにした美女アクアが死体となって発見されたことを知る。同じころ、法条まりなはエルディア国駐日大使から、彼のひとり娘・真弥子の護衛を依頼されていた。エルディアは政情の不安定な状態にあり、彼女にもテロの被害が及ぶ危険性があると言う。ふたりが個別に追いかける両事件には何の関連もないように思われたが、じつはエルディアの王位継承を巡る陰謀によってつながっていた……。

eve08
eve09
eve10
eve11
 

ゲームシステムとシナリオを一新

リメイクによって、もっとも大きな変化を遂げたのは、物語の進行形式を決定づける基本システムだ。オリジナル版はコマンドを選択することで物語を進めていく方式だったが、本作では基本システムが“ノベル型”に変化。プレイヤーは、小説を読むような形で物語を追っていくことになる。この変化により、オリジナル版以上にドラマチックな演出や、ストーリー展開を楽しめるようになっている。

eve01
eve02
eve03
 

マルチサイトシステムが生む多層的な物語

ゲームは、小次郎とまりなの視点で描かれるふたつのシナリオを、任意に切り替えながら読み進めることで進行していく。ポイントとなるのは、どちらのシナリオにも主人公が独力では解決できない謎や仕掛けが用意されていること。一方のシナリオで突破できない問題にぶち当たったら、いったん主人公を切り替えて、新たな視点で問題解決の糸口を探ることになる。

eve04
eve05
eve06
eve07


※詳しくは週刊ファミ通2009年11月19日号(2009年11月5日発売)をチェック!

 

バーストエラー イブ・ザ・ファースト

角川書店
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2010年3月発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アドベンチャー / サスペンス
備考

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。