携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『喧嘩番長4〜一年戦争〜』最新作の舞台は学校

2009/10/31

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●猛者ぞろいの伝統校で頂点に立て

 『喧嘩番長』シリーズは、強さと男気を追い求めるツッパリ少年の青春を、シリアスとユーモアの絶妙なバランスで表現したアクションアドベンチャーゲーム。自由度の高いゲームシステムが好評を博し、これまでにプレイステーション2とPSPで3作品が発売されている。そのシリーズ最新作となるのが、本作『喧嘩番長4〜一年戦争〜』だ。物語の舞台は、札つきの不良が集う紅南高校。プレイヤーは、この猛者ぞろいの学校で1年間の熱い高校生活を送ることになる。

STORY

紅南高校には、紅南エリア最強の男、阿久津がいる。そんな噂を聞きつけて、紅南高校への入学を決めた速水勇太。しかし、同校は不良のエリート校。勇太以外にも頂点を目指す新入生、阿久津を中心にまとまる3年生、そして次期番格を狙う2年生が互いにしのぎを削り合うことになる。


主人公 速水勇太

本作の主人公となる高校1年生。ガキのころから、なんでも自分がいちばんでなければ気が済まない性格である。紅南地区最強と噂される阿久津栄一を倒すため、阿久津を始めとする不良たちの集まる紅南高校に入学したツッパリ少年。

sashikae01
000

 

紅南高校最強の男 阿久津栄一

紅南高校の猛者たちの頂点に君臨する“最強の男”。強いだけではなく男気に満ちた人物で、近隣校の不良たちからも尊敬を集めている。

1029kenka03
002

 

ヒロイン 白鳥綾乃

紅南地区の女子校に通う正真正銘のお嬢さま。おしとやかで品行方正だが、天然ボケな一面もある。無邪気な主人公との恋の行方は?

1029kenka02
028




●実力を高めて阿久津の首を獲れ

 ゲームの目的は、今年で卒業してしまう紅南最強の男、阿久津栄一をケンカでぶっ倒すこと。しかし、阿久津は理由のないケンカを好まない真の“漢(おとこ)”。現役の番長である彼と戦うには、1学年につき100人・総勢300人もの悪ガキが集う紅南高校で存在感を示し、阿久津と肩を並べる存在にならなくてはならない。1年間のあいだにそうならなければ、阿久津を超える機会は永遠に失われてしまう。
 

頂点への道は長くきびしい

入学早々、阿久津に勝負を挑む勇太。しかし、あっさりと取り巻き連中に追い払われてしまう。入学したての勇太にとって、3年生はかなりの強敵。目が合っただけでビビらされてしまうことも。

1029kenka04
1029kenka05
1029kenka06




●校内のあらゆる場所でケンカバトルが勃発

 紅南高校には、教室、廊下、トイレ、グラウンドなど、さまざまなエリアがある。ポイントは、それぞれで趣の異なるケンカバトルが楽しめるということ。たとえば、教室なら机や椅子を武器代わりに使用可能。また、広いグラウンドでのケンカバトルは周囲を気にせず戦えるのに対し、舞台が狭いトイレではそうもいかない。このようにエリアの特徴がケンカバトルの戦術に影響するというのも、本作ならではの醍醐味だ。
 

ケンカは場所を選ばない

トイレでケンカバトルが発生することも。敵に囲まれないように立ち回るのは難しそうだ。また、広々としたグラウンドなら自由に立ち位置を変えつつ戦える。ケンカを仕掛ける場所も重要になる?

1029kenka07
1029kenka08
1029kenka09
 

進化したメンチビームとタンカバトル

“メンチビーム”を出してケンカを売り、殴り合うまえに“タンカバトル”で言葉の応酬を行う。このシリーズ特有のケンカの作法にも新要素が加わっているらしい。従来よりも自由でテンポのいいバトルが楽しめるとのことだが、その詳細はまだ不明。

1029kenka10
1029kenka11
1029kenka12


※詳しくは週刊ファミ通2009年11月12日号(2009年10月29日発売)をチェック!

 

喧嘩番長4〜一年戦争〜

スパイク
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2010年春発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション・アドベンチャー / ツッパリ
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応、プロデューサー:渡辺一弘、ディレクター:平井誠二、開発:バレット

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!