携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

いよいよ発売間近『ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング』

2009/10/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新たなる異説がまだ見ぬ運命を紡ぎ出す

 『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)シリーズの歴代主人公とライバルが登場する『ディシディア FF』。この作品に新モードを加え、キャラクター性能に多数の調整を施したのが、『ディシディア FF ユニバーサルチューニング』だ。今回は、こちらで紹介した『FF』1作目〜『VI』のキャラクターの変更点に続き、『VII』以降の変更点を中心に公開。従来の戦略を大幅に変える可能性がある新たな“アビリティ”の情報も!

クラウド・ストライフ

クセのある技が使いやすくなったクラウド。ファイアは弾速が遅くなったが、相手を長時間追尾するため、同時に直接攻撃を仕掛けるという連繋が可能になっている。

01
 

セフィロス

セフィロスは、全キャラクター中もっとも変更点が多い。多くの技の性能が上方修正され、使いやすくなった。新技の天照や、地上版が強化され、空中版が追加された閃光に注目。

02
 

スコール・レオンハート

2個の新たな技が加わり、地上、空中のバランスがさらによくなったスコール。一定距離進んだあと空中に留まり、時間差で爆発する新技、魔法連撃が空中戦の要となりそう。

03
 

アルティミシア

アルティミシアは、ほぼ性能変更なし。前作と同じ感覚でプレイできるだろう。時の呪縛を発動中に、再度同じ技を使うことはできなくなった点には注意。

04
 

ジタン・トライバル

使いやすく、かつ強力な技を持っていたジタンは、技の派生が変更された。また、地面を這うタイダルフレイムは、加速に時間がかかるが、後半は超高速に!

05
 

クジャ

各技の性能が細かく変更されたクジャ。使いやすかったアルテマはホーミング性能が落ち当てづらくなったが、同時に発動中の移動が可能になり、多少リスクが減った。

06
 

ティーダ

ティーダの技のうち、いくつかはホーミング性能が低下し、乱発するのは危険に。チャージ&アサルトは単発攻撃になったため、使いかたは再考する必要がありそう。

07
 

ジェクト

ジェクトラッシュ、ジェクトストリームの性能が変更。3段階目まで溜めた場合のみ、ガードが崩せるようになった。また、ジェクトブロックには攻撃判定がなくなったが、ガード技としては変わらず優秀。

08
 

シャントット

全キャラクターで唯一、性能変更なし。だが、新たに加わったアクセサリを使うことで、これまでにない戦法を生み出せるかも?

09
 

ガブラス

EXチャージでのゲージの上昇速度が低下。若干とはいえ基本となる技だっただけに、慎重な立ち回りが要求されそうだ。一方、当てづらかったエグゼクションの射程は長めに。

10




●戦闘を大きく変える新アビリティ&アクセサリ

 新たに加わった“アビリティ”と“アクセサリ”は、これまでのバトルを大きく変える効果を持つ。なかでも、HP攻撃を当てるとEXゲージを減らせる新アクセサリ、“落胆の衝撃”と“絶望の衝撃”に注目。新たなスタンダードになるかも!?
 

11
12

“落胆の衝撃”と“絶望の衝撃”は、基本アクセサリのカテゴリー。条件アクセサリーと組み合わせて使えば、一気にその効果を倍増させる!

 
13
14

新アビリティの“弱者に強い”。敵が逃げ回っていると、そのブレイブ値が減少していく。対戦ルールの“カオスジャッジ”に近い性能だ。




●演出面の強化も注目ポイント

 『ディシディア FF』では文章とイラストで表現されていたイベントシーンが、本作ではボイスつきにパワーアップ。物語の真相に迫るひと幕など、あらゆる場面に臨場感が増している。シャントットがトコトコと歩く様子なども再現!
 

15
16
17

一度プレイした人も、再度見れば新たな発見が!? また、追加イベントなどもあるので、最初から遊んでみるのも一興だ。セーブデータを引き継げば、レベル100のままストーリーをいちから楽しむこともできる。



※詳しくは週刊ファミ通2009年11月5日号(2009年10月22日発売)をチェック!
 クリエイティブプロデューサー野村哲也氏へのインタビューも収録!!

 

ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2009年11月1日発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル アクション / ファンタジー
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応、ダウンロード版は4000円[税込]、シニアディレクター:荒川健、プランニングディレクター:高橋光則、クリエイティブプロデューサー/キャラクターデザイン:野村哲也、ムービーディレクター:野末武志、メインコンポーザー:石元丈晴、プロデューサー:北瀬佳範

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『シャドウ・オブ・ウォー』幽鬼の力を始めとするさまざまなゲームの要素が公開

ワーナー ブラザース ジャパンより2017年10月12日発売予定のオープンワールドアクションRPG『シャドウ・オブ・ウォー』。同作にて幽鬼の力を始めとするさまざまなゲームの要素が公開された。

ミリタリー大好きおじさん&お姉さんが絶賛! 映画『ダンケルク』×Wargamingサバイバル試写会トークショーリポート

2017年8月17日、映画『ダンケルク』とWargamingがコラボした試写会イベントが開催。試写会に先駆けて実施されたディープなトークショーの模様をお伝えする。

日本一ソフトウェア設立25周年施策として“プリンセスカフェ”とのコラボが実施決定、描き下ろしイラストを使用した限定グッズも

日本一ソフトウェアは設立25周年の取り組みとして、全国の“プリンセスカフェ”にてコラボカフェを開催する。このカフェで販売される、描き下ろしイラストを使用した缶バッジ・キーホルダー・アクリルスタンドの商品イメージが公開された。

『ストリートファイターII』とOUTDOOR PRODUCTSのコラボバッグが発売、キャラクター総柄の全4種展開

カプコンの『ストリートファイターII』とOUTDOOR PRODUCTSのコラボバッグが発売。“Back Pack”、“Kid‘s Day Pack”、“Flap Day Pack”、“Travel Shoulder”の全4種展開で、『ストリートファイターII』のキャラクター総柄になっている。

『GET EVEN』、『リトルナイメア』、『インパクト・ウインター』 3タイトル合同キャンペーン開催決定 Web&リアルの謎ときコンテンツが本日より実施

バンダイナムコエンターテインメントは、『GET EVEN』、『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』、『Impact Winter インパクト・ウインター』について、本日より、ナムコが運営する謎とき体験ポータルスタジオ“なぞともCafe”と、ランシステムが展開する“スペースクリエイト 自遊空間”とのコラボレーションによる3タイトル合同キャンペーンを開催することを明らかにした。

『戦国BASARA』のラッピングバスが8月26日より静岡県浜松市内で運行、井伊直虎の音声ガイダンスが聴ける

2017年8月26日(土)より、静岡県浜松市内を走る循環まちバス“く・る・る”が、『戦国BASARA』ラッピングで運行。運行開始日の8月26日(土)には、出発式も実施される。

第3回ポケモン竜王戦、2018年1月14日に開催決定! 今回より参加者を全年齢に拡大

ポケモンは、2018年1月14日(日)に第3回ポケモン竜王戦を実施することを発表した。これは将棋界最高のタイトル“竜王”の名を冠した、ポケモンバトルの最強プレイヤーを決定する大会で、ゲーム部門とカードゲーム部門に分かれて戦う。

『コールオブ デューティワールドウォーII』ハリウッドタレント起用の裏側に迫るキャストインタビュー映像が公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、『コールオブ デューティワールドウォーII』について、ハリウッドタレントを起用した“ゾンビモード”のキャストインタビュー映像を公開した。

山本さほ先生描き下ろしも! ファミ通1500号記念イベントTシャツがebtenにて予約受付中

ECサイト“ebten”にて、ファミ通1500号記念Tシャツの予約を受付中。山本さほ先生Ver.、ファミ通ロゴVer.の2種類をラインアップ。

『FIRE PRO WRESTLING WORLD』Steam版アーリーアクセスで大型アップデートを実施 音楽取り込みやS-1ルールなどを実装

スパイク・チュンソフトは、現在開発中のプレイステーション4、PC用ゲーム『FIRE PRO WRESTLING WORLD』について、PC(Steam)版アーリーアクセスの大型アップデートを、本日(2017年8月18日)に実施した。