携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『ファイナルファンタジーXIV』最新情報が明らかに

2009/10/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『XIV』胎動

 人気RPG『ファイナルファンタジー』シリーズのナンバリング最新作であり、新世代のMMO(多人数同時参加型オンライン)RPGでもある『ファイナルファンタジーXIV(以下、『FFXIV』)』。先日開催された東京ゲームショウ2009で公開となった、目を見張る新着映像の数々を大ボリュームで紹介するとともに、クラスや生産に関する新情報をお届けする。

東京ゲームショウ2009で公開された映像

tgs_01
tgs_02
tgs_03
tgs_04
tgs_05
tgs_06
tgs_07
tgs_08
tgs_09
tgs_10
tgs_11
tgs_12
tgs_13
tgs_14
tgs_h01
tgs_h02
tgs_h03
tgs_h04




●広がりを見せるクラス

 クラスは、“剣術士”や“呪術士”、“園芸師”といったキャラクターの個性をある程度決定する要素。一般的なRPGの“ジョブ”に近いものだが、武器や道具を持ち替えることで瞬時にクラスを変えられるのが本作の大きな特徴。さまざまなクラスで経験を積み、そこで習得した“アビリティ”(特殊能力)を組み合わせることで、キャラクターの総合力が決まるようだ。
 

槍術士 Lancer

両手で扱う槍を主武器とするファイター。リーチを活かした、アウトレンジからの刺突を旨とする。斬撃や打撃など武器選択によって多彩な攻撃ができるのも特長。強盛を誇ったアラミゴのパイク兵の影響で、かつては長槍が流行していたが、現在は多様な形式が混在している。通例、遠距離戦用に投てき槍ジャベリンも携帯する。

class_lancer
 

弓術士 Archer

弓矢を主武器とするファイター。飛び道具の特長を活かし、遠距離からの狙撃や曲射を旨とする。射掛けるのに有利なポジションを選んだり、異なる特性の矢を敵によって使い分けたりと、戦術的な判断を要求される。エオルゼアでは、エレゼンの弓兵が得意とした長弓術とミコッテの猟人伝統の短弓術とが普及している。また投石も得手とする者が多い。

class_archer




●クラフターとして生きる

 『FFXIV』のクラスは、戦闘系のものだけではなく、生産系も充実している。今回は、5つの“クラフター”系クラスを紹介。クラフターは、武器の代わりにハンマーやスキレットといった道具を装備することで、武器や魔器、道具、防具、そして料理や薬品など多種多様な生産品を生み出すことができる。生産にも“鍛冶師”や“調理師”といったクラスが存在し、武器と同様に経験を積むことで成長していく。エオルゼアの冒険者の姿として、“槍術士”で冒険をし、目的を達成したらハンマーに持ち替えて武器を修復、といった光景が見られるかもしれない。
 

鍛冶師 Blacksmith

鉄を加工し、道具や武器を生み出す金属のクラフター。工房で剣を鍛えたり、キャンプ地で短剣を研いだりと、時と場所を選ばずに商売ができる。その源流は古く青銅時代にまで遡り、そのころより徒弟制によって連綿と受け継がれてきた伝統の技と、銃砲のような最先端の技とが現在は渾然としており、流派も多い。主道具はクロスペインハンマー(十字鉄鎚)。

class_blackshmith
 

調理師 Culinarian

食材や調理法に精通した食のクラフター。炎や水などの属性を帯びた美味しい料理で人々のお腹を満たす。有史前より専門職として確立していたが、レシピ本が刊行され、統合的な技術として認識されたのは近年。食通であり、みずからも戦艦の厨房に入り浸りだった半世紀まえのリムサ・ロミンサ提督シャーククリーバーの功績による。主道具はスキレット(平鍋)。

class_clinarian_knife
 

裁縫師 Weaver

衣服のクラフター。繊維を集めて糸を紡ぎ、糸を集めて布を織り、布を集めて衣服を仕立てる一連の仕事を、一手に任ずる繊維の専門家である。また人々の多様な嗜好に応えられるよう、流行のリサーチやコーディネイトの提案も大切な仕事。紡車を回して人々の命数を紡ぐとされる女神ニメーヤを信奉する者が多い。主道具はニードル(縫針)。

class_weaver
 

革細工師 Tanner

なめし革を縫い合わせて、ブーツやベルトなどの皮革製品を作り出すクラフター。狩猟を生業とする冒険者から日々持ち込まれる毛皮や鱗皮など、多彩な皮を買いつけるのも仕事のひとつ。エレゼンの秘伝だった高度ななめし技術が解禁されたため、昨今は市場に流通するさまざまな製品に革が利用されており需要は高い。主道具はヘッドナイフ(革包丁)。

class_tanner
 

錬金術師 Alchemist

鉱物や霊物、呪物や神物など万物に精通するクラフター。物質を変質させることを旨とし、人々を癒す秘薬と苦しめる劇薬という、背反する効能の薬品を作り出す。エオルゼアで系統立てた技術として確立したのは近年。近東より伝わった古式錬金術をもとにするが、ララフェルの本草学やミコッテの神秘学も混在している。主道具はアレンビック(蒸留器)。

class_alchimist




●冒険者とハンティング

 冒険するうえで気になるのが、敵の存在。ここでは、新たに公開されたモンスターを紹介。冒険者との関わりについても触れていく。これまでに、サボテンダーやモルボルを始め、『FF』シリーズでおなじみのモンスターが数多く登場することが判明している。これらモンスターは、冒険者が経験を積むための討伐の対象であるのはもちろんだが、戦利品として得られた角や爪、皮などを加工して武器や防具にしたり、肉を調理して食すなど冒険者の暮らしにも密接に関連している。
 

アンテロープ Antelope

草原地帯に棲息する俊足の草食動物。細長い角と鮮やかな縞模様を背に持つ1匹の雄“スタッグ”を中心に、多数の雌が群れ暮らすハーレムを形成。警戒心が強く、単独で狩猟するには注意を要するだろう。“ランデル禽獣図譜”によれば、尻尾の動作にはパターンがあり、仲間内でのコミュニケーションに用いているらしい。

monster_antelope
 

アルドゴート Aldgoat

山岳地帯に棲息する古代種の大山羊。肉食獣から急所を守るために、首まわりに分厚い脂肪層がある。雌雄ともに角を生やすが、雄のものはとくに長大で、高値で取引されているようだ。大食漢として有名で、イシュガルドの伝承“流れる橋の物語”でも、悪食の一族として登場。高山の頂が禿げているのは、彼らが食べ尽くしたせいとされ、ほかの動物から糾弾されている。

monster_goat
 

ラプトル Raptor

森林地帯に棲息する二脚のスプリンター。2匹でタッグを組んでの囮猟を得意とする肉食動物。小動物を主食とするが、飢えているときには人間すら襲うことがある。そのためか、ギルドリーヴの駆除依頼にもひんぱんに名が挙がるようだ。絹のような肌触りから鱗皮が高値で取引されるほか、毒性のある爪も価値が高く、リスクを抜きにすれば獲物として申し分ない。

monster_raptor



※詳しくは週刊ファミ通2009年10月22日号(2009年10月8日発売)をチェック!

 

ファイナルファンタジーXIV

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2010年発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 プロデューサー:田中弘道、ディレクター:河本信昭、アートディレクター:吉田明彦、作曲:植松伸夫、PC版も発売予定

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語オープンベータインプレッション! オープンワールドならではの魅力もたっぷり体験可能! 

『ゴーストリコン ワイルドランズ』オーブンベータテストがただいま実施中!最速プレイインプレッションをお届けする。

『死印』前日譚小説“花彦くん遭遇編”【1】 第2話 ナニカの気配

エクスペリエンスが贈る新機軸のホラー『死印(しいん)』。同作の前日譚小説をお届けする。

【『フォーオナー』特設サイト】“剣聖”攻略 多彩なチェーンで相手を攻め立てろ

ユービーアイソフトより発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『フォーオナー』。ファミ通.com特設サイトにて、ヒーロー別攻略を公開中!

『STEEP』インタビュー ウィンタースポーツゲーム復活のワケと音作りへのこだわりを聞く

広大な銀世界のオープンワールドで、スノーボード、スキー、ウィングスーツ、パラグライダーの4種類のエクストリームスポーツを楽しめる『STEEP』。本作が持つ魅力や開発の経緯などを、クリエイティブディレクターのIgor Manceau氏らにうかがった。

本日(2017年2月25日)20時からは今井麻美さんと高橋未奈美さんが『バイオ7』とセガサターンのゲームをプレイする生放送!

本日、2017年2月25日(土)20時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を放送! 今回は、ゲストに高橋未奈美さんをお迎えして、『バイオハザード7』とセガサターンの名作ゲームをプレイします!!

人は半年でどこまで『龍が如く』の桐生さんボディに近づける? 100キロ超級メタボ編集者が挑むガチンコRIZAP通信(第1回)

2016年12月8日発売のPS4ソフト『龍が如く6 命の詩』。同作でコラボしたパーソナルトレーニングジム・RIZAPの効果をメタボ編集者が確かめる企画がスタート!

『死印』前日譚小説“花彦くん遭遇編”【1】 第1話 底なしの最悪

エクスペリエンスが贈る新機軸のホラー『死印(しいん)』。同作の前日譚小説をお届けする。

『死印』の発売日が2017年6月1日に決定! “じっとり”とした恐怖を感じる第1弾PVも公開

エクスペリエンスは、プレイステーション Vita用ソフト『死印』の発売日が2017年6月1日に決定したことを発表。発売日発表にあわせ、本作の世界観を感じられる第1弾PVも公開された。