携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『グランツーリスモ(PSP版)』山内氏へのインタビューを掲載

2009/8/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新たな事実が判明

 発売日が2009年10月1日に早まり、さまざまな情報が見え始めたPSP版『グランツーリスモ』。本作の新たなゲームモードやコースが公開されたので、さっそく紹介しよう。さらに、プロデューサー山内一典氏へのインタビューも掲載する。

ランボルギーニがついに参戦

あのランボルギーニカウンタックがLP400が、ついに登場。永遠のライバル、フェラーリとの夢の対決が実現可能に。

03
05




●“ミッションにチャレンジ”でテクニックを試す

 プレイステーション2版の『グランツーリスモ4』にあった、ミッションレースとライセンス試験が融合。新たなゲームモードとして生まれ変わった。内容は基礎から応用、実戦テクニックまで、じつに多彩。成績に応じて金、銀、銅の3つのプライズがもらえる。
 

ふたつのモードが融合

決まった状況とクルマで、各ミッションにチャレンジする。規定をクリアーできなかったり、一定のタイム以下だと失敗となってしまう。ミッションは50以上あり、すべてクリアーするとさらなるお楽しみも……?

11
12




●気になる新コースをチェック

 これまでの『グランツーリスモ』シリーズで人気の高かったコースが、本作にも収録されている。そのうちの3つを紹介しよう。なかでも、グランドキャニオンのコースに注目してほしい。こでまでのシリーズ作品をプレイしてきたユーザーなら、すぐに何が変わったかがわかるはずだ。
 

アマルフィサーキット

世界遺産に登録されている海岸を持つ、イタリアのリゾート地。景観こそ美しいものの、コースはグネグネと曲がり込んでいて、かつコース幅が狭い。抜きどころがなかなか見つからない、テクニカルなコースなのだ。

13
 

グランドキャニオン

前作から登場した、アメリカの観光地。画面写真を見てわかるように、参戦しているクルマが4台になっている。前作では、ダートコースに出場可能なクルマは2台までで、1対1の戦いしかできなかった。ところが本作では4台まで出場可能で、通信対戦でも最大4人でダートレースを楽しめるようになっている。

14
 

イタリア市街地コース

イタリアの入り組んだ市街地をモデルにした、超テクニカルなレイアウトが特徴。コース幅がクルマ1台分程度しかない部分もあり、一度ライバルに前に出られたら、追い抜くことは難しい。

15
16




●プロデューサー山内一典氏に聞く

――『グランツーリスモ(PSP版)』の発売が2009年10月1日になり、E3で発表された発売時期(2009年10月8日)より早りましたが、改めて『GT』シリーズの作品をポータブルゲーム機でリリースされる意図についてお聞かせいただけないでしょうか。

山内一典氏(以下、山内) 『GT』シリーズは、最新最強のゲームハードウェアと視聴環境を要求する作品でした。ゲーム機の高機能化が進むにつれ、『グランツーリスモ』も進化を続け、基本的には、どんどん作品が“大きく、広がって”きたわけですが、このあたりで、もう少しエントリーユーザーにも入りやすい、コンパクトだけど高品質な凝縮感のある『グランツーリスモ』を作りたくなった、ということですね。

――この作品でもっとも注力した部分をひとつ挙げるとしたらどこになるでしょう?

山内 開発の困難さ、という意味では、大きなゲームシステムである『グランツーリスモ』を小さなPSPで動かすためのメモリとの戦い、ということになります。また、ゲームデザインという側面では、ポータブル機でのレースゲームであることを意識して、さまざまな工夫を盛り込んでいます。PSPならではとも言えるアドホック対戦は、目の前にいるプレイヤーとオンラインで楽しむという、インターネット越しの対戦とはまた違ったおもしろさがあります。

――今回、ランボルギーニがシリーズ初登場となりました。ランボルギーニのマシンを収録するにあたっての経緯や苦労話、ランボルギーニというブランドに対する山内さんの所感などについてお聞かせいただけると助かります。

山内 私もスーパーカー世代ですから、ランボルギーニ、とりわけカウンタックには特別な思いがあります。フェラーリというブランドは時代とともにどんどん新しいイメージに更新されていって、それが魅力のブランドですが、ランボルギーニは誕生したときから未来的かつ革新的で、それがいまも変わらずにずっと維持されているという“いつでも新しいけど変わらない”ブランドです。そこがランボルギーニの魅力ですね。

――ランボルギーニとともに、新しいゲームモード“ミッションにチャレンジ”も公開となりました。これは前作のミッションモードにライセンスモードを合体させたものという印象を抱きましたが、それで間違いないでしょうか?

山内 ライセンスモード的な教習イベントと、あるレースのある局面だけを取り出してイベント化したミッションモードは、もともと親和性が高かったのです。どちらも、短時間でイベントが終わりますし、その結果もわかりやすいものです。『グランツーリスモ』(PSP版)ではポータブル機らしく“短時間でわかりやすくゲームが進行していく”ことがゲームデザインの目的のひとつでしたから、両者を合体させて“ミッションにチャレンジ”というモードを作りました。プレイ結果は、金/銀/銅、そして失格と、わかりやすいゲームモードですね。

――今回公開されたコース紹介の画面写真では、ダートコースで3台以上のクルマが表示されていました。『グランツーリスモ4』までは、ダートコースでは2台までしか出場できませんでしたが、これはユーザーからの要望を反映させたという形になるのでしょうか。

山内 ここはぜひ見ていただきたい部分ですね。プレイステーション2の『グランツーリスモ4』では、ダートコースにおける出場台数は2台が限界だったのですが、PSPだと4台でも問題なく動きそうだ、ということがわかりましたので、本作においては4台にしています。もちろん通信対戦でも4台でプレイが可能です。

――最後に、ユーザーにここをぜひ見てほしい! 楽しんでほしい! という部分がありましたら教えてください。

山内 これまでの『グランツーリスモ』から大きく変化している部分を強調しておきましょう。『グランツーリスモ』(PSP版)では、シングルレースモードでプレイすると、自分のAIドライバーパラメータが“成長”します。そして成長させたAIドライバーをアドホック対戦時に使う……つまり、“自分ではドライブせずに、育てたAIに対戦させる”というようなことができます。AIに走らせるか、自分で走るかは、レース中にリアルタイムに切り換えることもできます。これは、従来のドライバーの腕だけによるガチンコ対戦レースとは、また違ったおもしろさが体験できると思いますよ。また、レースに勝ったときにもらえる賞金システムや、レースをくり返すたびに変化するハンディキャップシステムなどにも、従来のレースゲームにはなかったゲームデザインを盛り込んでいます。そのあたりの“新しい『グランツーリスモ』”のゲームデザインを発見し、理解し、楽しんでほしいと思います。


※詳しくは週刊ファミ通2009年9月10日号(2009年8月27日発売)をチェック!

 

グランツーリスモ(PSP版)

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2009年10月1日発売予定
価格 5480円[税込]
ジャンル シミュレーター / レース
備考 ダウンロード版は4400円[税込]、レーシングパックは価格未定、PSP-3000 Gran Turismo Edition同梱、開発:ポリフォニー・デジタル、プロデューサー:山内一典

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。