携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

3人の主人公が紡ぐ『キングダム ハーツ』シリーズ最新作『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』

2009/8/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新たなワールドやバトルシステムを公開

 『バース バイ スリープ』は、世界的人気を誇るアクションRPG『キングダム ハーツ』シリーズの最新作。テラ、ヴェントゥス、アクアの3人を操作し、3つのシナリオを楽しめる。彼らはキーブレードマスターである“マスター・ゼアノート”を追い、世界を駆け巡るのだ。なお本作は、冒頭で誰を操作するか決定し、そのキャラクターでクリアーするまで、ひとりを操作することになる。クリアー後にほかのキャラクターで遊ぶと、いろいろな事実が浮かび上がるという仕掛けなのだ。

テラ

鍵の形をした剣、“キーブレード”使いの青年。年長者で、頼りになる存在だ。冷静沈着な性格だが、友のために戦う熱い心を秘めている。バトルでは力強い一撃を放って敵を圧倒する、パワータイプのキャラクター。

0827bbs01
 

ヴェントゥス

愛称は“ヴェン”。3人の中で最年少であり、さまざまなものに興味を示しては目を輝かせる。移動や攻撃のスピードに優れ、バトルではその速さを活かした立ち回りがカギとなる。

0827bbs02
 

アクア

非常にマジメで、3人の中でいちばんのしっかり者。つねにふたりを心配し、気にかける女性らしさもある。バトルでは、キーブレードと魔法を連繋させた華麗なアクションを見せる。

0827bbs03
 
0827bbs04

マスター・ゼアノートを捜すテラ。そんな彼を追いかけるヴェン。そして、ふたりを心配するアクア。3人はいっしょにいるわけではなく、基本的には別々に行動する。ただし途中で再会し、情報交換をするなど接触することはあるようだ。

 
0827bbs05

『キングダム ハーツ』シリーズの魅力のひとつは、ディズニー作品の世界が舞台となること。本作ではシリーズ初登場となる『シンデレラ』の世界、“キャッスル・オブ・ドリームス”がお目見えする。

 
0827bbs06

登場するディズニーキャラクターを護衛することも。『シンデレラ』のワールドでは、シンデレラを守るテラのミッションが存在。コマンドの入力に成功すると、テラがシンデレラのもとへ瞬間移動したのち、“ラストダンス”で敵を一掃!

 
0827bbs07

『キングダム ハーツII』で召喚魔法として活躍したスティッチ。彼のワールドである“ディープスペース”も初登場する。テラたちは、少女リロと出会うまえのスティッチこと“試作品626号”と出会うのだが……。




●『キングダム ハーツ』史上もっとも爽快なバトルシステム

 本作のバトルシステムは、シリーズのコンセプトでもある“簡単操作で爽快なバトル”をさらに発展させたもの。ボタンを連打するだけでも、さまざまに変化していくド派手なバトルが楽しめる。戦いかたによって“コマンドスタイル”がチェンジし、出せる技などが変化していくのが大きな特徴だ。

0827bbs08

〇ボタンで発動する“ベースコマンド”では、“たたかう”などの基本的な攻撃を出せる。コマンドスタイルが変化した場合は、そのスタイル固有の連続技が、スタイルが変化しなかった場合はフィニッシュコマンドが追加される。

 
0827bbs09

△ボタンで発動できる技や魔法などは“デッキコマンド”と呼ばれる。使用したいコマンドは、事前にセットしておく仕組みだ。なお、一度コマンドを使うとチャージ状態になって技を出せなくなるが、時間の経過で再度使用可能になる。

 
0827bbs10

デッキコマンドやベースコマンドを使用して敵にダメージを与えると、画面左下の“COMMAND”ゲージが上昇していく。ゲージが最大になると、コマンドスタイルが変化するか、“フィニッシュコマンド”が発動するかに分岐!

 
0827bbs11

スタイルの変化には、ゲージが溜まる過程で使用したコマンドの種類などが影響。使用したコマンドが、あるスタイルへ変化するための条件を満たしていた場合のみスタイルが変化し、スタイルチェンジ後は固有の技などが使えるようになる。

 
0827bbs12
0827bbs13
0827bbs14

コマンドスタイルの種類は多く、性能もさまざま。キャラクター固有のものと、ふたり、あるいは3人共通のものとがあるようだ。なお、写真の“マジックウィッシュ”はアクア、“フェイタルモード”はテラ専用のコマンドスタイル。

 
0827bbs15

“COMMAND”ゲージ最大時にスタイル変化の条件を満たしていなかった場合は、強力なフィニッシュコマンドを発動できる。フィニッシュコマンドは、ある条件を満たすとより強力なものへと進化。敵の動きを止めるなどの特殊効果を持つ技もある。



※詳しくは週刊ファミ通2009年9月10日号(2009年8月27日発売)をチェック!

 

キングダム ハーツ バース バイ スリープ

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 今冬発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション・RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ディレクター:野村哲也、Co.ディレクター:安江泰、プロデューサー:パトリック・チェン、Co.プロデューサー:吉本よういち、エグゼクティブプロデューサー:橋本真司

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

Xbox One版『ザ・キング・オブ・ファイターズ’95』は3月30日配信、『アケアカNEOGEO』シリーズ9作目

ハムスターは、SNKより許諾を得て展開するXbox One向けダウンロードソフト『アケアカNEOGEO』シリーズにて、2017年3月30日より『アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ’95』を配信開始することを発表した。

Nintendo Switch版『アケアカNEOGEO』シリーズ、『メタルスラッグ』の配信日が3月30日に決定

ハムスターは、SNEから許諾を得て展開するNintendo Switch向けダウンロードソフト『アケアカNEOGEO』シリーズにて、2017年3月30日より『アケアカNEOGEO メタルスラッグ』を配信開始することを発表した。

リアル謎解きゲームと『BLUE REFLECTION』コラボイベントが開催決定 コンセプトは“世界で一番 透明な謎”

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、stampsとタッグを組み、リアル謎解きゲームと『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』のコラボレーションイベントを開催することを発表した。

『Vitamin』シリーズは本日3月29日で10周年、アニバーサリープロジェクトが始動

ディースリー・パブリッシャーは、本日2017年3月29日に10周年を迎えた『Vitamin』シリーズについて、10周年記念プロジェクトを展開することを発表した。

ゲストは高野麻里佳さん! 『ディシディア ファイナルファンタジー』ゆるゆる配信“ゆるディア”は2017年3月30日の18時からです!!

週刊ファミ通編集部の『ディシディア ファイナルファンタジー』好き編集者&ライターが、ゆる〜く全国対戦やトークをしているゆるゆる放送 “ゆるディア”。次回の配信は、2017年3月30日(木)の18時からになります。ゲストは、おなじみの高野麻里佳さん!!

『タイタンフォール2』週末無料トライアルが3月30日より開催、前作の人気マップ“植民地”を収録した最新無料DLC“コロニーリボーン”も配信

エレクトロニック・アーツは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『タイタンフォール2』において、週末無料トライアルを3月30日より実施することを発表した。

『エルソード』レジェンド武器を入手できる新ダンジョンや執事・メイド風アバターを実装

2017年3月29日、NHN ハンゲームはPC用オンラインアクションRPG『エルソード』にレジェンド等級武器を入手可能な新ダンジョンやエイプリルフールに因んだアバターなどを追加した。

『かわいいペットとくらそう! わんニャン&ミニミニアニマル』体験版が配信開始

日本コロムビアは、2017年4月6日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『かわいいペットとくらそう! わんニャン&ミニミニアニマル』について、製品版の導入部と本編の一部を楽しめる体験版を、本日2017年3月29日より配信開始した。

マルチコンバットゲーム『War Thunder』初の公式大会“War Thunder Japan Tournament”準決勝出場チームが決定!

DMM GAMESは、ガイジン・エンターテインメイントと協業してサービス中のPC用マルチコンバットオンラインゲーム『War Thunder』において、日本サービスでは初の公式大会となる“War Thunder Japan Tournament”の準決勝進出チームが確定したことを発表した。

勝利の祝福と、新たな戦いの予感! 『Destiny』大型アップデート“勝利の時代”が配信開始

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、発売中のプレイステーション4用ソフト『Destiny』において、大型アップデート“勝利の時代”を配信開始した。