携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

"スパロボバトル"のリプレイをお届け!その3『スパロボ学園』

2009/8/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ファミ通編集者と開発スタッフが"スパロボバトル"!!

 古今東西の人気のロボットで、戦略性の高いバトルが楽しめる『スパロボ学園』。ファミ通編集者と開発スタッフとが行った、"スパロボバトル"の対戦リプレイ企画、第3弾をお届け。最終回では、1対1の変則バトルを行ったぞ。それぞれが好きなロボットで戦うことにしたが、はたして勝負の行方は!?なお、ファミ通編集者のユニットは(フ)、開発スタッフのユニットは(開)と表記している。

対戦ルール

●小隊編成は1機まで、コストは自由


○小隊編成 宣伝担当W
バンダイナムコゲームスが誇る、オリジナルスーパーロボットのひとつ。『スパロボ』シリーズには、『スーパーロボット大戦OGオリジナルジェネレーションズ』、『スーパーロボット大戦OG外伝』などで登場している。

image0004
image0003

バンダイナムコゲームスが誇るオリジナルロボットたけあって、非常に高性能。あらゆる攻撃のダメージを1200軽減するバリアLで鉄壁の守りを誇りつつ、攻撃力も絶大だ。

 

○小隊編成 ファミ通編集者
スーパーファミコンの『第4次スーパーロボット大戦』で初登場。パイロットは4人乗りで、"熱血"や"気合"など、やたらと攻撃よりの精神コマンドが多いのが特徴だった。本作でも、かなり攻撃よりの機体となっている。

image0006
image0007

耐久力はほかのスーパーロボットと比べて特別優れているわけではないが、とにかく攻撃力が高い。また、気力が130以上になると"野生化"が発動して与えるダメージが1000上がり、攻撃力にさらに磨きがかかる!


 

●1ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

宣伝担当W

ファミ通編集者

 

ダンクーガ(フ)が"ひらめき"を使用

コンパチブルカイザー(開)がダンクーガ(フ)を攻撃するが、回避される 

 

 

ダンクーガ(フ)がコンパチブルカイザー(開)を攻撃し、10ダメージ


 

03-01-001
03-01-002
03-01-003
03-01-004

ダンクーガ(フ)は、敵の攻撃1度回避できる"らめき"を使用。

"ひらめき"の効果で、コンパチブルカイザー(開)の攻撃は回避される。

一方、ダンクーガ(フ)の攻撃は、コンパチブルカイザー(開)にヒット。だが、バリアLでダメージを軽減され、10しか与えられなかった。

 

●2ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

宣伝担当W

ファミ通編集者

 

ダンクーガ(フ)が"ひらめき"を使用 

コンパチブルカイザー(開)がダンクーガ(フ)を攻撃するが、回避される 

 

コンパチブルカイザー(開)が"熱血"を使用 

 

 

ダンクーガ(フ)がコンパチブルカイザー(開)を攻撃、915ダメージ

 

ダンクーガ(フ)の野生化が発動し、最終ダメージが+1000される




03-02-002
03-02-003
03-02-004
03-02-005

ダンクーガ(フ)は、このターンも"ひらめき"を使用し、コンパチブルカイザー(開)の攻撃を回避した。

ダンクーガ(フ)の必殺技のひとつ、断空砲が炸裂! だが、コンパチブルカイザー(開)のダメージはわずかに3桁。コンパチブルカイザーの硬さに驚愕!

ダンクーガ(フ)の気力が上がり、野生化が発動。これで、与えるダメージが1000アップ。これで、コンパチブルカイザー(開)の装甲を打ち破れるか?

 

●3ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

宣伝担当W

ファミ通編集者

 

ダンクーガ(フ)が"かく乱"を使用 

 

ダンクーガ(フ)が"魂"を使用 

コンパチブルカイザー(開)がダンクーガ(フ)を攻撃するが、回避される 

 

 

ダンクーガ(フ)がコンパチブルカイザー(開)を攻撃するが、回避される


03-03-002
03-03-003
03-03-004
03-03-005

ダンクーガ(フ)は、サブパイロットである亮のSP(精神ポイント)が尽き、"ひらめき"が使えなくなる。その代わり、相手小隊の命中率を半減させる"かく乱"を使用し、攻撃の回避に成功。

ダンクーガ(フ)は、与えるダメージが4000増加する"魂"を使って断空光牙剣を使用。これが当たれば撃墜確実と思われたが、コンパチブルカイザー(開)は見事に回避!

 

●4ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

宣伝担当W

ファミ通編集者

コンパチブルカイザー(開)が"集中"を使用 

 

 

ダンクーガ(フ)が"かく乱"を使用 

コンパチブルカイザー(開)が"再動"を使おうとするが、SP(精神ポイント)が不足して実行できず 

 

 

ダンクーガ(フ)がコンパチブルカイザー(開)を攻撃し、2644ダメージ


03-04-001
03-04-002
03-04-003

宣伝担当W氏が、SPが足りずに精神コマンドが実行できないというミスをやらかす。対戦で緊張していたに違いない!

ダンクーガ(フ)のアグレッシブビーストチャージがコンパチブルカイザー(開)にヒット。野生化で攻撃力が上がっていることもあってか、ようやくまともにダメージが入った。

 

●5ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

宣伝担当W

ファミ通編集者

コンパチブルカイザー(開)のユニット特性が発動し、パイロットの全能力が+20される 

 

 

ダンクーガ(フ)が"必中"を使用 

 

ダンクーガ(フ)が"魂"を使用 

コンパチブルカイザー(開)がダンクーガ(フ)を攻撃、5700ダメージ

 

コンパチブルカイザー(開)が回避行動に入る

 

 

ダンクーガ(フ)がコンパチブルカイザー(開)を攻撃し、5934ダメージで撃破


03-05-001
03-05-002
03-05-003
03-05-004

"熱血"がかかった状態で、コンパチブルカイザー(開)のカイザー・トルネードがヒット! 5000オーバーの大ダメージを与え、あと一歩で撃墜できるまで追い詰めるが……。

攻撃が確実に命中する"必中"、そして"魂"を使い、ダンクーガ(フ)が鉄拳で攻撃。さすがのコンパチブルカイザー(開)も耐え切れず、撃墜されてしまった。

※オススメ小隊などの情報は、週刊ファミ通8月28日増刊号(8月7日発売)をチェック!

スパロボ学園

バンダイナムコゲームス
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2009年8月27日発売
価格 6279円[税込]
ジャンル アドベンチャー / アニメ・ロボット
備考 プロデューサー:寺田貴信

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アトリエ』シリーズが25周年。世界を救うのをやめて調合に夢中になる人が続出!? 斬新な切り口の錬金術RPG『マリーのアトリエ』が発売された日【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。1997年(平成9年)5月23日は、プレイステーション用『マリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士〜』が発売された日。本日で『アトリエ』シリーズが誕生してから25周年を迎えたことになる。

【ゲーミングノートPC】CPU“Ryzen 7 5800H”とGPU“Radeon RX 6600M”を搭載した“Alpha 15, AMD Advantage Edition”がAmazon限定でMSIより発売

2022年5月28日(土)、エムエスアイコンピュータージャパンはCPU“Ryzen 7 5800H”とGPU“Radeon RX 6600M”を搭載したゲーミングノートPC“Alpha 15, AMD Advantage Edition”をAmazon限定で発売する。

【集英社ゲームズ】『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』に『サマータイムレンダ』から小舟潮などが参戦。『SOULVARS』はPCと家庭用ゲーム機向けにリリース決定

集英社ゲームズは、インディーゲームの祭典INDIE Live Expo 2022にて『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』などの最新情報を公開した。

【講談社ゲームクリエイターズラボ】『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が8月6日に配信決定

2022年5月22日に開催されたインディーゲームのオンラインイベント“INDIE Live Expo 2022”にて、講談社ゲームクリエイターズラボの3タイトル、『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が2022年8月6日に発売されることが明らかにされた。

『シン・ウルトラマン音楽集』(6/22発売)のジャケットと収録内容詳細が公開。44Pブックレットには鷺巣詩郎作曲のフルスコア2曲を収録

現在公開中の映画『シン・ウルトラマン』の劇中使用楽曲を集めた2022年6月22日(水)発売の音楽集CD『シン・ウルトラマン音楽集』のジャケット・収録内容詳細が公開された。

神と人との戦いを描く2D探索アクション『LOST EPIC』PS5/PS4版が7月28日発売決定、Steam版も同日フルリリース

ワンオアエイトによる2D探索アクション『LOST EPIC』(ロストエピック)がプレイステーション5、プレイステーション4向けに、7月28日にリリース予定であることが明らかにされた。早期アクセスで提供されていたSteam版も、フルリリース版が同日の7月28日に配信される。

“ウルトラマン特集”ファンが選ぶ10エピソードが6月25日にファミ劇で再放送決定。本作のファンで知られる田村亮、宮島咲良、荒井義久のコメントも到着

2022年6月25日(土)、ファミリー劇場は“「ウルトラマンHDリマスター版」ファンが選ぶ10エピソード”を再放送する。第23話“故郷は地球”や第39話“さらばウルトラマン”などが選出されている。

『呪術廻戦』より七海建人のフィギュアが登場。ネクタイを緩める仕草で大人っぽさを表現

2022年5月18日(水)、コトブキヤはフィギュア“ARTFX J 七海建人”の予約を開始した。

『SIGNALIS』2022年秋発売決定。名状しがたき奇怪な世界と物語が堪能できる、往年の名作にインスパイアされたコズミックホラー

PLAYISMはrose engineが開発するサバイバルホラーゲーム『SIGNALIS』のSteam版をHumble Gamesと協力して、2022年秋に発売することを発表した。

『ティモシーとムーの塔』Steamにて8月9日発売決定。古きよきレトロゲーム風味の高難度塔登り2Dアクションゲーム

PLAYISMはKibou Entertainmentが開発する高難易度塔登り2Dアクションゲーム『ティモシーとムーの塔』をSteamにて2022年8月9日に発売することを発表した。