携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

"スパロボバトル"のリプレイをお届け!その1"『スパロボ学園』

2009/8/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 ●ファミ通編集者と開発スタッフがバトル!!
 
"スパロボバトル"を行いつつ物語を進めていくアドベンチャーゲーム。人気のロボットで最大5機の小隊を組み、ターン制の対戦を行う"スパロボバトル"が特徴だ。相手の動きを読み切って、バトルで勝利を目指そう!! 今回は特別企画として、ファミ通編集者と本作の開発者とで行った、エキシビジョンマッチの様子をご紹介。まずは、開発スタッフO氏との対戦の模様を紹介!!

 なお、ユニットの区別をつけるため、開発スタッフが使用したユニットは(開)、ファミ通編集者が使用したユニットは(フ)と表記している。

 

○小隊編成 開発スタッフO コンセプト:宇宙小隊

地形を宇宙に変換することで、有利に戦うという小隊だ。まず、ヴェルデバスターと∞ジャスティスガンダムが出撃。つぎに、∞ジャスティスガンダムがブラックサレナと交代することで、地形を宇宙に変換するのだ。そして、ヴェルデバスターが敵の地形変換を阻止しつつ、∞ジャスティスガンダムや強化型レイズナーのユニット特性の発動を狙う。とくに、パイロット能力とユニット特性がすべて発動した∞ジャスティスガンダムは超強力!!

インフィニットジャスティスガンダム
属性:グー
(以下、∞ジャスティスガンダム)

ヴェルデバスター 属性:グー

B001
B002
D001
D002

地形が宇宙のときに4ターン以上場にいると、パワーアップ。また、気力が上がるとアスランのSEEDが発動して強くなる。さまざまな能力が発動したあと、とてつもない強さを発揮。なお、運動性とアスランの能力があいまって回避率が高いうえに、VPS装甲を持つので耐久力もかなりのもの。

敵の地形変換を阻止するユニット特性を持つ。場を、自小隊が得意とする宇宙に固定する役割を担っている。また、"脱力"を持つので、地味にフォローすることも可能だ。


ブラックサレナ 属性:チョキ

強化型レイズナー 属性:グー

C001
C002
A001
A002

交代で場に出ると、地形を宇宙に変換できる。地形を宇宙にしてしまえばお役目ご免ではあるが、宇宙の地形適正がSかつサイズSで回避率が高く、精神コマンドの"魂"があるので攻撃力もかなりのものと、戦力としても十分。

宇宙の地形適正が高いユニット。回避率が優れており、気力が上がるとV-MAXが発動して、運動性が上がるとともに、分身回避も可能になる。また、敵2体を同時に攻撃できるMAP兵器のV-MAXを持つのも強み。

 

○小隊編成 ファミ通編集者 コンセプト:宇宙小隊
こちらも、地形を宇宙に変換して戦う小隊。主軸となるのは、強固な守りと、絶大な攻撃力を持ち併せたジェネシック・ガオガイガー。場に5ターン以上出るとユニット特性でさらに強くなり、手がつけられない状態になる。当然、敵から狙われやすいが、すべての攻撃を1400軽減できるジェネシックアーマーを持つので、簡単には撃墜されない。さらに、エターナルとエールストライクルージュの修理装置を使えば、まさに不沈となる。強化型レイズナーは、サブアタッカーとして立ち回る。


ジェネシック・ガオガイガー 属性:グー

強化型レイズナー 属性:グー

a01
a02
c01
c02

コスト6という、高コスト機。すべてのダメージを1400軽減するジェネシックアーマー、1800までのダメージを無効化するプロテクトシェードを持ち、鉄壁の防御力を誇る。なお、両方が同時に発動するのではなく、より効果的な一方のみが発動する仕組み。攻撃面でも、MAP兵器に加え、6500の攻撃力を誇るゴルディオンクラッシャーを持つ。攻守ともに優れたユニットだ。

くしくも同じユニットをチョイス。気力が上昇すると、回避率、攻撃力ともに大幅に上がるのが特徴。敵の攻撃を回避しつつ、気力アップを狙って生きたい。ただし、HPが低いので、精神コマンドの"必中"や"直撃"を使われると危険だ。


エターナル 属性:グー

エールストライクルージュ 属性:グー

b01
b02
d01
d02

援護で場に出ると、地形を宇宙に変換する。始めは控えにいて、出撃中のユニットが援護要請を行い、地形を宇宙に変えるのだ。なお、修理装置を3回使用できるうえに、味方の精神ポイントを30回復させられる"献身"も使用できるので、サポート役にうってつけ。

修理装置&"献身"要員。ビーム兵器以外の攻撃を軽減できる"フェイズシフト装甲"を持つが、いかんせん打たれ弱い。味方の回復さえできれば御の字。

●"スパロボバトル"開始!!
お互いに相手がどんなユニットを使用してくるのかわからないまま勝負に臨んだら、両方とも宇宙小隊という近しいコンセプトの小隊どうしの対決となった。ここからは、各ターンでの両者の動きとともに、戦闘の様子をお届け。なお、戦闘の方法は、ターンの最初に両者がそのターンに実行するコマンドをすべて入力し、ターンが始まると、コマンドの実行速度が早いものから発動していく仕組みになっている。各ターンで行われたコマンドは、発動した順に表組みで掲載するぞ。


●1ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

∞ジャスティスガンダム(開)が"必中"を使用

 

ヴェルデバスター(開)が"ひらめき"を使用

 

 

強化型レイズナー(フ)が援護防御を要請。

ヴェルデバスターが強化型レイズナー(フ)を攻撃、エターナル(フ)が援護防御に入り1485のダメージ。エターナル(フ)のユニット特性が発動し、宇宙への地形変換が発生する。だが、ヴェルデバスター(開)のユニット特性によって地形変換は阻止

 

∞ジャスティスガンダム(開)がエターナル(フ)を攻撃して1140のダメージ

 

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)が∞ジャスティスガンダム(開)を攻撃して2880のダメージ

∞ジャスティスガンダム(開)がブラックサレナ(開)と交代し、ブラックサレナの機体特性が発動、フィールドが宇宙に変換される

 

 

01-01-001
01-01-002
01-01-003

ヴェルデバスター(開)が強化型レイズナー(フ)を攻撃するが、エターナル(フ)が援護防御に入る。

援護防御に入ったエターナル(フ)はユニット特性が発動し、地形を宇宙に変換しようとするが、ヴェルデバスターのユニット特性によって、これが阻止される。だが、今回の対戦では両者ともに宇宙小隊なので、この地形変換阻止には意味はない。


01-01-005
01-01-006

∞ジャスティスガンダム(開)が、控えのブラックサレナ(開)と交代。ブラックサレナのユニット特性が発動し、地形が宇宙になる。お互いに得意なフィールドになった。ここからが勝負。


●2ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

 

エターナル(フ)が"不屈"を使用

 

エターナルが修理装置で自分のHPを2000回復

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)が"不屈"を使用

 

エターナル(フ)がブラックサレナを攻撃し、1500のダメージ

 

エターナル(フ)が強化型レイズナー(フ)と交代

ブラックサレナ(開)が"魂"を使用

 

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)がブラックサレナ(開)を攻撃し、3250のダメージ

ヴェルデバスター(開)がジェネシック・ガイガイガー(フ)に攻撃して10ダメージ

 

ブラックサレナ(開)がジェネシック・ガイガイガー(フ)を攻撃し、4050のダメージ

 


01-02-001
01-02-004
01-02-005
01-02-006

エターナル(フ)は自分自身に修理装置を使ってHPを回復する。

ブラックサレナ(開)は、敵に与える最終ダメージが、1度だけ4000増える"魂"を使用。

エターナル(フ)、ジェネシック・ガオガイガー(フ)から連続で攻撃を食らうが、HPをわずかに残してブラックサレナ(開)は生き残った。

ジェネシック・ガオガイガー(フ)は、一度だけ食らうダメージを10に抑える"不屈"を使っていたが、ヴェルデバスター(開)の攻撃を食らって"不屈"の効果が消える。その後、"魂"を使用しているブラックサレナ(開)の攻撃を食らって大ダメージ。

●3ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

 

強化型レイズナー(フ)が"ひらめき"を使用

 

強化型レイズナー(フ)が"集中"を使用

ブラックサレナ(開)が"ひらめき"を使用

 

 

ジェネシック・ガオガイガーが"不屈"を使用

ヴェルデバスター(開)が"脱力"を使用し、ジェネシック・ガオガイガー(フ)と強化型レイズナー(フ)の気力が100までダウン

 

 

強化型レイズナー(フ)がブラックサレナ(開)を攻撃するが、回避される

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)が援護防御を要請

 

強化型レイズナーが回避行動に入る

ブラックサレナ(開)が強化型レイズナー(フ)を攻撃するが、回避される

 

ブラックサレナ(開)は控えの強化型レイズナー(開)と交代

 

ヴェルデバスター(開)がジェネシック・ガオガイガー(フ)を攻撃し、エターナル(フ)が援護防御に入って10ダメージ

 


01-03-001
01-03-002
01-03-003
01-03-004

ヴェルデバスターは"脱力"を使用。気力が上がっていたジェネシック・ガオガイガー(フ)と強化型レイズナー(フ)だが、気力が100までダウン。

ブラックサレナ(開)、強化型レイズナー(フ)ともに攻撃を回避。さすが、両者とも回避率が高いだけある。

HPが減ったジェネシック・ガオガイガー(フ)を守るため、エターナル(フ)が援護防御に入る。

●4ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

 

強化型レイズナー(フ)のユニット特性が発動し、すべての状態異常に耐性がつく

 

エターナル(フ)が"不屈"を使用

 

強化型レイズナー(フ)が"直撃"を使用

 

エターナル(フ)が強化型レイズナー(開)を攻撃、2520ダメージ

 

エターナル(フ)のSEEDが発動し、敵に与える最終ダメージが+1000、命中率、回避率が+10される

 

エターナル(フ)は防御体勢に入る

強化型レイズナー(フ)が強化型レイズナー(開)を攻撃するが、回避される

 

 

強化型レイズナー(開)が強化型レイズナー(フ)を攻撃し、3210ダメージ

ヴェルデバスター(開)が強化型レイズナー(フ)を攻撃するが、回避される

 

 

強化型レイズナー(開)が"ひらめき"を使用

 

01-04-001
01-04-002
01-04-003
01-04-004

ターンの最初に、強化型レイズナー(フ)のユニット特性が発動。

エターナル(フ)の攻撃で、強化型レイズナー(開)が瀕死の状態まで追い込まれる。

気力が上がったエターナル(フ)は、SEEDが発動して、戦闘力がアップした。

強化型レイズナー(開)の攻撃が、強化型レイズナー(フ)にヒット。どちらのレイズナーも瀕死となった。


●5ターン目(上から実行された順)

 

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

強化型レイズナー(開)のV-MAXが発動、運動性が+15、分身とビームコートMが発動、さらにユニット特性が発動し、すべての状態異常に耐性がつく。

強化型レイズナー(フ)のV-MAXが発動、運動性が+15、分身とビームコートMが発動。

 

エターナル(フ)が"献身"を使用し、強化型レイズナー(フ)の精神ポイントが30回復

 

強化型レイズナー(フ)が"集中"を使用

ヴェルデバスター(開)が"必中"を使用

 

 

エターナル(フ)がヴェルデバスターを攻撃するが、回避される

 

強化型レイズナー(フ)が"直撃"を使用

強化型レイズナー(開)が"加速"を使用

 

 

エターナル(フ)が防御体勢に入る

ヴェルデバスター(開)が強化型レイズナー(フ)を攻撃し、撃墜

 

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)が出撃

強化型レイズナー(開)がジェネシック・ガオガイガー(フ)を攻撃するが、回避される

 

ヴェルデバスター(開)が∞ジャスティスガンダム(開)と交替

 

強化型レイズナー(開)が"熱血"を使用

 

 

01-05-001
01-05-002
01-05-003
01-05-004

ターンの開始時に、両者の強化型レイズナーのV-MAXが発動。回避性能にさらに磨きがかかるうえ、強力な武器も使用可能になった。

ファミ通編集者は、エターナル(フ)で"献身"を使って、強化型レイズナー(フ)の精神ポイントを回復させるが……。

"必中"を使ったヴェルデバスター(開)によって、強化型レイズナー(フ)が撃墜される。回避率に優れるレイズナーだが、攻撃の命中率が100パーセントになる"必中"を使われるともとも子もない。

●6ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

 

エターナル(フ)が強化型レイズナー(開)を攻撃するが、回避される

 

エターナル(フ)がジェネシック・ガオガイガー(フ)を修理装置で回復

強化型レイズナー(開)が"加速"を使用

 

∞ジャスティスガンダム(開)が"ひらめき"を使用

 

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)が強化型レイズナーを攻撃するが、回避される

 

エターナル(フ)が"献身"を使用し、ジェネシック・ガオガイガー(フ)の精神ポイントを30回復

∞ジャスティスガンダム(開)がジェネシック・ガオガイガー(フ)を攻撃、10ダメージ

 

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)が"不屈"を使用

 

エターナル(フ)がジェネシック・ガオガイガー(フ)を修理装置で回復

強化型レイズナー(開)がMAP兵器のV-MAX使用し、エターナル(フ)とジェネシック・ガオガイガー(フ)を攻撃、両者とも10ダメージ

 


01-06-001
01-06-002
01-06-003
01-06-004

ファミ通編集者は、小隊の要であるジェネシック・ガオガイガーを回復。

V-MAXが発動した強化型レイズナー(開)は、分身などで驚異の回避能力を誇る。

ファミ通編集者は、さらに"献身"でジェネシック・ガオガイガーのSPを回復。

レイズナーのV-MAXによる攻撃を予期していたファミ通編集者は、このタイミングで"不屈"を使用。


01-06-005
01-06-006
01-06-007

さらに、エターナル(フ)でジェネシック・ガオガイガーを回復。全力でジェネシック・ガオガイガーをフォローする体制だ。

強化型レイズナー(開)のMAP兵器、V-MAXが火を噴く。

だが、エターナル(フ)、ジェネシック・ガオガイガーともに"不屈"がかかっていたので、両者とも10ダメージに抑える。

●7ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

∞ジャスティスガンダム(開)が"熱血"を使用

 

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)が"必中"を使用

 

エターナル(フ)が強化型レイズナー(開)を攻撃して撃墜

ヴェルデバスター(開)が出撃

 

∞ジャスティスガンダム(開)のSEEDが発動、敵に与える最終ダメージが+1000、命中率、回避率が+10される

 

 

∞ジャスティスガンダム(開)がジェネシック・ガオガイガーを攻撃し、5210のダメージ

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)がMAP兵器のボルティングドライバーを使用、∞ジャスティスガンダム(開)は回避、ヴェルデバスター(開)に805のダメージ

 

01-07-0001
01-07-001
01-07-002
01-07-003

エターナル(フ)の攻撃がヒットして、強化型レイズナー(開)が撃墜。回避率は高いが、打たれ弱いのが難点と言える。

強化型レイズナー(開)に代わり、ヴェルデバスター(開)が再び出撃。

与えるダメージが2500アップする"熱血"に加え、与えるダメージが1000アップするSEEDが発動した∞ジャスティスガンダム(開)の攻撃が炸裂! 堅牢を誇るジェネシック・ガオガイガー(フ))といえども、この攻撃では5000オーバーの大ダメージを受ける。


01-07-004
01-07-006

気力の上がったジェネシック・ガオガイガー(フ)は、MAP兵器を使用。だが、"ひらめき"の効果が残っている∞ジャスティスガンダム(開)には避けられ、ヴェルデバスターにも微々たるダメージを与えただけだった。

●8ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

ヴェルデバスター(開)がジェネシック・ガオガイガー(フ)を攻撃するが、回避される

 

∞ジャスティスガンダム(開)がジェネシック・ガオガイガーを攻撃、860ダメージ

 

ヴェルデバスター(開)が回避行動に入る

 

∞ジャスティスガンダム(開)が回避行動に入る

 

 

エターナル(フ)がヴェルデバスター(開)を攻撃して撃墜

ブラックサレナ(開)が出撃

 

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)がエールストライクルージュ(フ)と交替

 

エターナル(フ)は防御体勢に入る

 

01-08-001
01-08-002
01-08-004
01-08-005

ヴェルデバスター(開)の命中率は90パーセント以上だったが、ジェネシック・ガオガイガー(フ)は奇跡の回避!

続いて、∞ジャスティスガンダム(開)がジェネシック・ガオガイガー(フ)を攻撃するが、ダメージは少なかった。

エターナル(フ)の攻撃が、ヴェルデバスターにヒットし、5000オーバーの大ダメージ! ヴェルデバスターが撃墜された。

 

●9ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

∞ジャスティスガンダム(開)のユニット特性が発動、パイロットの格闘と射撃が+25、防御が+25される

 

 

エールストライクルージュ(フ)が"不屈"を使用

 

エターナル(フ)がブラックサレナ(開)を攻撃して撃墜

 

エターナル(フ)はジェネシック・ガオガイガー(フ)と交替

 

エールストライクルージュ(フ)が攻撃するが、攻撃対象がおらず不発に

∞ジャスティスガンダム(開)がエールストライクルージュ(フ)を攻撃して10ダメージ

 

 

エールストライクルージュ(フ)が修理装置を使用し、ジェネシック・ガオガイガーのHPが2000回復

 

01-09-001
01-09-002
01-09-003
01-09-005

∞ジャスティスガンダム(開)のユニット特性が発動し、さらにパワーアップ。手がつけられない状態に。

エターナル(フ)の攻撃がヒットし、ブラックサレナ(開)は早々に撃墜された。

精神ポイントもつき、修理装置もなくなったエターナル(フ)は、ジェネシック・ガオガイガー(フ)と交代。すかさず、エールストライクルージュ(フ)が修理装置を使って、ジェネシック・ガオガイガーを回復した。

 

●10ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

 

ジェネシック・ガオガイガー(フ)が"必中"を使用

 

エールストライクルージュ(フ)が"献身"を使用し、ジェネシック・ガオガイガー(フ)の精神ポイントが30回復

 

エールストライクルージュ(フ)が∞ジャスティスガンダム(開)を攻撃するが、回避

∞ジャスティスガンダム(開)がジェネシック・ガオガイガー(フ)を攻撃し、撃墜

 

 

エターナル(フ)が出撃

 

エールストライクルージュ(フ)のSEEDが発動、敵に与える最終ダメージが+1000、命中率、回避率が+10される


01-10-002
01-10-003
01-10-004
01-10-006

∞ジャスティスガンダム(開)がジェネシック・ガオガイガー(フ)に狙いを定める。使用武器の特性も発動し、攻撃力はさらにアップした状態だ。

ファミ通編集者は、ジェネシック・ガオガイガー(フ)が耐えることを予想して"不屈"を使用しなかったが、予想を上回る大ダメージを食らって、ジェネシック・ガオガイガー(フ)は撃墜された。

味方の撃墜で気力が上がったエールストライクルージュ(フ)は、SEEDが発動して能力アップ。

 

●11ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

 

エールストライクルージュ(フ)が∞ジャスティスガンダム(開)を攻撃し、10ダメージ

 

エールストライクルージュは回避行動に入る

∞ジャスティスガンダム(開)がエールストライクルージュ(フ)を攻撃し、撃墜

 

 

エターナル(フ)が∞ジャスティスガンダム(開)を攻撃するが、回避

 

01-11-001
01-11-002
01-11-003

エールストライクルージュ(フ)が、∞ジャスティスガンダム(開)を攻撃するも、与えたダメージはわずか10。

一方、∞ジャスティスガンダム(開)は、圧倒的な攻撃力で、エールストライクルージュ(フ)を一撃で粉砕。

最後にエターナル(フ)が攻撃するも、∞ジャスティスガンダム(開)は回避。

 

●12ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

∞ジャスティスガンダム(開)がエターナル(フ)を攻撃し、4280ダメージ

 

 

エターナル(フ)が∞ジャスティスガンダム(開)を攻撃し、4290ダメージ

 

01-12-001
01-12-002
01-12-003

∞ジャスティスガンダム(開)と、エターナル(フ)の一騎打ちに。ユニットの性能的には、∞ジャスティス(開)がかなり有利だ。

パイロットのアスランの能力もあって、エターナル(フ)の命中率は30パーセント台とかなり低め。だが、このターンでは見事にヒット。∞ジャスティスガンダム(開)をあと一撃まで追い詰めた。

 

●13ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

 

エターナル(フ)が∞ジャスティスガンダム(開)を攻撃しするが、回避される

∞ジャスティスガンダム(開)がエターナル(フ)を攻撃し、3300ダメージ

 

 

01-13-001
01-13-002

エターナル(フ)は武器特性が発動して、攻撃力と命中率がアップ! だが、∞ジャスティスガンダム(開)は、この攻撃を回避!

∞ジャスティスガンダム(開)の攻撃がエターナル(フ)にヒットし、エターナル(フ)も瀕死に。あと一撃さきに当てたほうが勝ちという状況だ。

●14ターン目(上から実行された順)

実行コマンド

開発スタッフO

ファミ通編集者

∞ジャスティスガンダム(開)がエターナル(フ)を攻撃し、撃墜。開発スタッフOが勝利。

 

 

01-14-001
01-14-002
01-14-003

∞ジャスティスガンダム(開)がさきに行動! 攻撃がヒットし、エターナル(フ)を撃沈した。

開発スタッフOが勝利!

※"スパロボバトル"のリプレイをお届け!その2へ続く

スパロボ学園

バンダイナムコゲームス
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2009年8月27日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル アドベンチャー / アニメ・ロボット
備考 プロデューサー:寺田貴信

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アトリエ』シリーズが25周年。世界を救うのをやめて調合に夢中になる人が続出!? 斬新な切り口の錬金術RPG『マリーのアトリエ』が発売された日【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。1997年(平成9年)5月23日は、プレイステーション用『マリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士〜』が発売された日。本日で『アトリエ』シリーズが誕生してから25周年を迎えたことになる。

【ゲーミングノートPC】CPU“Ryzen 7 5800H”とGPU“Radeon RX 6600M”を搭載した“Alpha 15, AMD Advantage Edition”がAmazon限定でMSIより発売

2022年5月28日(土)、エムエスアイコンピュータージャパンはCPU“Ryzen 7 5800H”とGPU“Radeon RX 6600M”を搭載したゲーミングノートPC“Alpha 15, AMD Advantage Edition”をAmazon限定で発売する。

【集英社ゲームズ】『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』に『サマータイムレンダ』から小舟潮などが参戦。『SOULVARS』はPCと家庭用ゲーム機向けにリリース決定

集英社ゲームズは、インディーゲームの祭典INDIE Live Expo 2022にて『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』などの最新情報を公開した。

【講談社ゲームクリエイターズラボ】『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が8月6日に配信決定

2022年5月22日に開催されたインディーゲームのオンラインイベント“INDIE Live Expo 2022”にて、講談社ゲームクリエイターズラボの3タイトル、『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が2022年8月6日に発売されることが明らかにされた。

『シン・ウルトラマン音楽集』(6/22発売)のジャケットと収録内容詳細が公開。44Pブックレットには鷺巣詩郎作曲のフルスコア2曲を収録

現在公開中の映画『シン・ウルトラマン』の劇中使用楽曲を集めた2022年6月22日(水)発売の音楽集CD『シン・ウルトラマン音楽集』のジャケット・収録内容詳細が公開された。

神と人との戦いを描く2D探索アクション『LOST EPIC』PS5/PS4版が7月28日発売決定、Steam版も同日フルリリース

ワンオアエイトによる2D探索アクション『LOST EPIC』(ロストエピック)がプレイステーション5、プレイステーション4向けに、7月28日にリリース予定であることが明らかにされた。早期アクセスで提供されていたSteam版も、フルリリース版が同日の7月28日に配信される。

“ウルトラマン特集”ファンが選ぶ10エピソードが6月25日にファミ劇で再放送決定。本作のファンで知られる田村亮、宮島咲良、荒井義久のコメントも到着

2022年6月25日(土)、ファミリー劇場は“「ウルトラマンHDリマスター版」ファンが選ぶ10エピソード”を再放送する。第23話“故郷は地球”や第39話“さらばウルトラマン”などが選出されている。

『呪術廻戦』より七海建人のフィギュアが登場。ネクタイを緩める仕草で大人っぽさを表現

2022年5月18日(水)、コトブキヤはフィギュア“ARTFX J 七海建人”の予約を開始した。

『SIGNALIS』2022年秋発売決定。名状しがたき奇怪な世界と物語が堪能できる、往年の名作にインスパイアされたコズミックホラー

PLAYISMはrose engineが開発するサバイバルホラーゲーム『SIGNALIS』のSteam版をHumble Gamesと協力して、2022年秋に発売することを発表した。

『ティモシーとムーの塔』Steamにて8月9日発売決定。古きよきレトロゲーム風味の高難度塔登り2Dアクションゲーム

PLAYISMはKibou Entertainmentが開発する高難易度塔登り2Dアクションゲーム『ティモシーとムーの塔』をSteamにて2022年8月9日に発売することを発表した。