携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

チュンソフト新作テキストアドベンチャーが判明 『極限脱出 9時間9人9の扉』

2009/7/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●9人の生死を懸けたゲームが始まる

 『極限脱出 9時間9人9の扉』は、密室からの脱出をテーマにしたサスペンスアドベンチャーゲーム。シナリオとディレクションは、ユーザーを驚嘆させる展開で大きな話題を生んだアドベンチャーゲーム『Ever17-the out of infinity』の生みの親、打越鋼太郎氏が担当する。さらに、『ストリートファイター』シリーズの西村キヌ氏がキャラクターデザインを務めるなど、豪華スタッフが集結した作品となっている。


豪華スタッフ陣が集結!

エグゼクティブプロデューサー
中村光一

代表作:『不思議のダンジョン』シリーズ、サウンドノベルシリーズ

プロデューサー
イシイジロウ

代表作:『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』、『428 〜封鎖された渋谷で〜』

シナリオ&ディレクション
打越鋼太郎

代表作:『Ever17-the out of infinity』、『12RIVEN the Ψcliminal of integral(トゥエルブリヴェン ザ サイクリミナル オブ インテグラル)』

キャラクターデザイン
西村キヌ

代表作:『ストリートファイター』シリーズ


STORY

主人公は大学に通う青年、名前は淳平。
平凡な毎日を過ごしていた彼だったが、
本人すら予期しない
大いなる陰謀に巻き込まれることになった。

ある日目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋。
あたりを見回しても、見慣れた光景はどこにもない。
そして、もっとも気になったのは、扉に真っ赤な塗料で描かれた
“5”の文字だった。
閉じ込められた密室で呆然としながらも、頭の中では、
この場所から
脱出するための手段について、思考が始まっていた。
目覚めるまえの最後の記憶をたどると、
そこにガスマスクをつけた
謎の男の顔が浮かび上がる。
自宅に戻った淳平を襲い、
この場所まで連れて来たであろう人物だ。
記憶をなくすまえ、その人物はこう言った。

「これからおまえにはゲームをしてもらう。

ノナリーゲーム――。

生死を懸けた運命の……
ゲームだ」。

99901


99911
99912
99913
99914
99915

▲謎のゲームに強制的に参加させられることとなった主人公。いったいどんな結末が待つのだろうか……?

 

淳平(本名)
バングルナンバー:5

99902

大学に通うごくふつうの少年で、本作の主人公。21歳。船で出会った“紫”こと“茜”とは、幼なじみ。彼女と船で出会ったのは偶然なのか……? プレイヤーは淳平となり、謎を解きながら船からの脱出を図ることとなる。

 

コードネーム:紫(本名:茜)
バングルナンバー:6

淳平の幼なじみで、現在は女子大生。21歳。ゼロから監視されている可能性を考え、9人はそれぞれをコードネームで呼び合っている。清楚で奥ゆかしいが、臆病で天然のどじっ子気質も持つ。

99903

 

プレイヤーに出題される思考型パズル
脱出パート

数字つきの扉を抜けた先には、必ず密室となった部屋が存在する。この部屋を抜けるために謎へ挑戦するのが“脱出パート”である。密室には複数の謎や仕掛けが連動する形で用意されているため、あらゆる場所を調査。ときにはアイテムを駆使して仕掛けを解いて、先へと進んでいく。

99916
99917
99904

 

2画面が構築する新型テキストアドベンチャー
ノベルパート

“ノベルパート”はテキストアドベンチャー形式で進行。上下画面に表示される文章を読みつつ、ときおり表示される選択肢を選ぶことで物語が変化していく。数字つきのドアを開くのも選択肢のひとつであり、誰と扉を通り抜けるかによって、その後の人間関係にも影響与える。

99910
99905
99906
99907
99908
99909



※週刊ファミ通2009年7月17日号(2009年7月3日発売)では、打越鋼太郎氏とイシイジロウ氏のインタビューを掲載!
 

極限脱出 9時間9人9の扉

スパイク
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2009年冬発売予定
価格 価格未定
ジャンル アドベンチャー / サスペンス
備考 開発:チュンソフト、エグゼクティブプロデューサー:中村光一、プロデューサー:イシイジロウ、シナリオ&ディレクション:打越鋼太郎、キャラクターデザイン:西村キヌ

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

PS4“FREE MULTIPLAYER WEEKEND”が週末の4月29、30日に開催決定 週末はオンラインゲームを遊びつくそう!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション4のオンラインマルチプレイをすべての対応タイトルで体験できる“FREE MULTIPLAYER WEEKEND”を、2017年4月29日(土)から4月30日(日)の2日間限定で開催する。

『仁王』追加コンテンツ第1弾配信直前ダウンロード版キャンペーンセールを開催!

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『仁王』において、本日(2017年4月25日)より、キャンペーンセールを開催すると発表した。

“ネオロマンス・キャラソン 200曲祭”開催決定! 『ネオ・ロマンス』シリーズから選りすぐりのキャラソン200曲を4公演で披露

コーエーテクモゲームスは、2017年7月15日・16日に“ネオロマンス・キャラソン 200曲祭”をパシフィコ横浜 国立大ホールにて開催することを明らかにした。

『Nidhogg(ニーズヘッグ)』の体験会が“マチ★アソビ vol.18”にて開催決定

日本一ソフトウェアは、2017年5月5日から5月7日までの期間、徳島県にて開催される“マチ★アソビ vol.18”にて、同社が配信中のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『Nidhogg(ニーズヘッグ)』の体験会を実施することを発表した。

これは近年のベセスダタイトルの中でもベスト級の傑作! 『Prey(プレイ)』プレイインプレッション

ベセスダ・ソフトワークスより2017年5月18日発売予定のアクション・アドベンチャー、『Prey(プレイ)』。その序盤を実際にプレイしてきたので、インプレッションをお届けする。これは、文字通りの“傑作”となるタイトルだ!

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO』が“マチ★アソビ vol.18”に出展決定

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4用ソフト『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO』について、2017年5月5日から5月7日の期間に、徳島県徳島市で開催される複合エンターテイメントイベント“マチ★アソビ vol.18”にて、出展することを発表した。

『艦これ』イタリア駆逐艦“Libeccio(リベッチオ)”が元気いっぱいのポーズで立体化

ホビージャパンは、フィギュア“艦隊これくしょん -艦これ- Libeccio(リベッチオ)”を、HJ限定通販アイテムとして本日2017年4月25日(火)より受注開始する。

“ちょいカプTV!4月号〈カプコンTV!番外編〉” 4月26日19時より、アメザリ・平井&喜屋武ちあきと『MHXX』のオンラインマルチプレイを楽しもう!

カプコンは、2017年4月26日19時より、“ちょいカプTV!4月号〈カプコンTV!番外編〉”を配信する。

『そるだむ 開花宣言』のサウンドトラックが5月20日に発売決定、アーケード版やゲームボーイ移植版、未発売となったファミコン版の音源も収録

シティコネクションは、配信中のNintendo Switch用ソフト『そるだむ 開花宣言』のオリジナルサウンドトラックを2017年5月20日に発売することを発表した。

PS Vita『戦極姫7〜戦雲つらぬく紅蓮の遺志〜』の発売日が2017年夏に延期&3DS『大戦略 大東亜興亡史 第二次世界大戦勃発!』は発売中止に

システムソフト・アルファーは、PS Vita用ソフト『戦極姫7〜戦雲つらぬく紅蓮の遺志〜』の発売日を2017年夏に変更し、ニンテンドー3DS用ソフト『大戦略 大東亜興亡史 第二次世界大戦勃発!〜枢軸軍対連合軍 全世界戦〜』の発売中止とすることを明らかにした。