携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

3 Dマップを活用した新たな試みの数々!!『スーパーロボット大戦NEO』

2009/7/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●3Dのマップで新たな戦いを!!
 『スーパーロボット大戦』シリーズ最新作の続報をお届け。今回は、マップに関するさまざまな情報を紹介。本作の特徴は、マップが3Dで描画されていて、従来のようにマス目で区切られていないのだ。その結果、移動や攻撃方法が大きく変わっているのだ!

 

01
001
0001

フィールドやユニットはすべてポリゴンで描かれる。視点の変更も自由自在だ。


●マップ上演出
本作では、味方や敵の登場シーンなどの演出がパワーアップ! 崖の上に登場した敵がアップで表示されたり、ここぞという場面で登場した味方に視点がフォーカスしたりと、迫力の演出が展開する。


02
03

マジンガーZの登場シーン。強力な援軍が登場だ!

 

●移動方法
マップにマス目がなくなったことで、移動方法も変化している。ユニットの移動範囲は、地面に赤い円状で表示され、その範囲内で自由に動けるのだ。なお、マップによっては建造物や崖などの障害物があり、地上を移動するユニットは障害物を避なくてはならない。だが、飛べるユニットなら、低い障害物を飛び越えて移動することが可能だ。


04
05

地表に表示された、赤い円が移動範囲となる。


飛べるユニットの場合

飛べないユニットの場合

06
07

マジンガーZは空を飛べるので、低い障害物は無視して移動できる。なお、障害上に着地することはできない。

一方、リューナイト・ゼファーは障害物を迂回しないと前に進めない。原作では、終盤に飛行可能になったが!?


●攻撃方法
本作では、攻撃にも新たな要素が組み込まれている。たとえば、直線的な軌道を描く攻撃だと障害物をまたいで攻撃できないが、軌道が曲線の武器なら攻撃できたりする仕組み。また、戦闘シーンが、マップ上で戦闘を行うMAPアニメと、画面が切り替わる拡大アニメの2種類になった。武器によって演出が変化する。

直線的な攻撃の場合

曲線を描く攻撃の場合

08
09

ブライガーのブライカノンは、直線的な攻撃なので、目のまえに障害物がある場合は邪魔になる。

一方、キングスカッシャーのシールドブーメランなら、障害物を越えて攻撃することが可能だ。


MAPアニメ

14
12
13

威力が低い武器などは、マップ上で攻撃する戦闘アニメーションになる。ロードがないので、スムーズに戦闘が行われる。


拡大アニメ

10
11

従来のシリーズと同じように、画面が切り替わり戦闘アニメーションが表示される。必殺技クラスの強力な武器はコチラのアニメーションになる。

 

●ユニットのサイズ差

巨大なユニットと小柄なユニットのサイズの差が顕著になった。なお、サイズの大小によって、移動や攻撃時にメリットやデメリットが生じることも。


15

ユニットの大小は一目瞭然。奥には超巨大な敵ユニットの姿が。コイツはかなり手強そうだ。

 

移動時に影響するサイズ差

攻撃時に影響するサイズ差

サイズが大きい場合

サイズが小さい場合

サイズが大きい場合

サイズが小さい場合

16
17
18
19

サイズの大きいガンバルガーだと、敵のあいだの狭い隙間が通れない。

マッハウインディなら、この隙間を縫って移動できる。小さいと小回りが利く。

同じ射程の武器でも、大きいユニットほども遠くの敵が攻撃できる。

同じ位置から攻撃しても、小さいユニットだと攻撃が届かないことも。

※詳しくは週刊ファミ通7月17日号(7月3日発売)をチェック!

スーパーロボット大戦NEO

バンダイナムコゲームス
対応機種 Wii
発売日 2009年発売予定
価格 価格未定
ジャンル シミュレーション・RPG / アニメ・ロボット
備考 プロデューサー:寺田貴信

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第170回 提督と、地中海の風と雨

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』編も後半戦に突入、あの海外艦の故郷を目指せ!!