携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『ファイナルファンタジーXIII』の舞台であるパルスの大地を初公開

2009/6/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●未来的な都市だけではないコクーンと、その下に広がる広大なパルスの平原

 2009年冬発売予定の超大作RPG、『ファイナルファンタジーXIII』。本作は主人公のライトニングを中心に据えつつも、仲間であるスノウ、ヴァニラ、サッズたちの物語も綴られる。オムニバスのように、ときおり操作するキャラクターが切り替わり、個々の視点で交錯する運命を描くのだ。その舞台となるのが、未来都市“コクーン”と、自然溢れる大地“パルス”。2009年4月にリリースされた映像作品、『FFVII アドベントチルドレン コンプリート』に同梱された本作の体験版では、コクーンの薄暗いエリアが舞台だった。今回はコクーンの別の一面や、パルスの様子を公開しよう。

0612ff1301

肥沃な大地が広がるパルス。その上空には存在することに違和感さえ覚える、完全な球体のコクーンが浮かんでいる。多くの人口を抱える大型都市コクーンを小さく感じさせるほど広大なパルス。そこには、どんな冒険が待つのだろうか。

 
0612ff1302
0612ff1303

球形をしたコクーンは、その外殻の内壁に貼りつくように陸地が広がっている。イベントシーンの画面写真は、体験版の舞台である“ハングドエッジ”らしき場所。もう1枚の写真も同じコクーン内だが、ハングドエッジとは違う森林地帯のようだ。




●ド派手な魔法と仲間との連繋が炸裂するバトルシーン

 鳥山ディレクターの口から“本来の30パーセント程度”と語られていたとおり、体験版のバトルは序章に過ぎなかった! ついに明かされた本来のバトルシステムとは? 最新の画面写真をチェックして、いろいろと想像を膨らませよう。
 

0612ff1304

2種類の魔法が同時に炸裂する、臨場感タップリの1枚。シリーズ作品では水辺に登場した“サハギン”が、ライトニングたちに迫る! バトル画面のレイアウトは、体験版のものを踏襲しつつ、新たな要素がふんだんに盛り込まれている。“遊撃”、“コマンド”、“TP技”、“アイテム”といったコマンドや、“トライディザスター”という表示など、気になるポイントが満載だ。

 
0612ff1305

画面右下には、パーティーメンバーの名前やHPとともに、“ATK”や“BLA”といった謎の表示が。操作キャラクターのみ“TPLV”というゲージも見られるが、これは召喚に関する要素だろうか? また、敵である“カラメルムース”の手から飛び散る粘液や、画面右端に写るモンスターの花びらのような部位など、ビジュアル面でのリアルさにも注目してほしい。

 
0612ff1306

『FFXIII』では、パーティーメンバーひとりにつき1種類の召喚獣が存在する。画面は主人公ライトニングの召喚獣、“オーディン”だ。スノウの召喚獣であるシヴァについてはこちらを参照のこと。




※詳しくは週刊ファミ通2009年6月26日号(2009年6月12日発売)をチェック!

 

ファイナルファンタジーXIII

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2009年冬発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:鳥山求、キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:上国料勇、ムービーディレクター:藤井栄治、メインプログラマー:柏谷佳樹、テーマソング作曲:植松伸夫((有)スマイルプリーズ)、コンポーザー:浜渦正志、プロデューサー:北瀬佳範

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!