携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

人気ステルスアクションゲームが新境地を目指して生まれ変わった『スプリンターセル コンヴィクション』

2009/6/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『スプリンターセル』がステルスアクションを革新する

 秘密工作員サム・フィッシャーの活躍を描く、三人称視点のステルス(潜入)アクションゲーム『スプリンターセル』シリーズ。その最新作の開発にあたって開発スタッフが掲げた目標は、なんと“ステルスアクションの革新”。この目標を実現するために盛り込まれた意欲的な新システムの数々と、本作で主人公サムが挑む任務の概要を紹介しよう。


主人公
サム・フィッシャー

シリーズの主人公で、米国安全保障局の秘密部署“サードエシュロン”の工作員。作品内におけるヒーローとしての役割を強調すべく、本作の開発を契機に人物設定が見直された。

090605scc01

マルタ島とワシントンD.C.で巨大な陰謀が動き出す

米国安全保障局の秘密部署“サードエシュロン”を辞め、娘のサラを殺した犯人を追っていたサム。手掛かりがマルタ島にあることをつかんだサムは、そこでサードエシュロンが娘の死に関わっていることを知る。ワシントンD.C.に行けば謎が明らかになるという情報をつかみ、彼はワシントンD.C.へ向かう。

090605scc02
090605scc03


 

KEY WORD
ソーシャルステルス2.0

“ソーシャルステルス2.0”は、『アサシン クリード』で使われたシステム“ソーシャルステルス”の進化版。群集の中に身を隠して進むというスタイルの潜入活動を実現するために導入された新要素だ。この要素のポイントは、サムの行動が周囲の人々に影響を及ぼすこと。たとえば、銃を所持していることを気づかれると人々が騒ぎ出し、結果的に敵に潜入を察知されてしまう。人混みに紛れる際は、人々の視線を意識する必要があるのだ

090605scc04
 

KEY WORD
ビジュアルメッセージを駆使した新演出

ゲーム進行に関する重要情報の表現手法にも、これまでにない新しいアイデアが採り入れられている。なんと本作では、つぎの行動目標や物語の推移などを知らせる情報が、主人公の周囲の壁などに映し出される文章や映像をとおして、プレイヤーにもたらされていく。

090605scc05
 

KEY WORD
L.K.P.(LAST KNOWN POSITION)

ステルスアクションを革新させる目玉要素のひとつとして導入されたのが、“L.K.P.(ラスト・ノウン・ポジション)”という新システムだ。これは、敵が最後にサムを認識した場所にサムの幻影を表示するシステムで、敵に発見されたことを知るのに役立つだけではなく、戦闘での駆け引きにも大きな影響を及ぼす要素となっている。と言うのも、この幻影が表示されているあいだは、敵はその場所にサムがいるものとして行動を取るからだ。本作では、こうした敵の行動を利用した戦術が重要。たとえば、敵にわざとこちらの位置を認識させたのちに移動して、敵の意表を突くなど、さまざまな戦術が取れそうだ。

090605scc06
090605scc07
090605scc08

柱の影に身を隠すサムを、敵が目ざとく察知。す速く移動を行わなければ、敵の激しい銃撃にさらされることになりそう。そこで、敵の視界を避けるように柱の影から移動するサムに対し、画面左奥の敵は、まだサムが幻影の場所にいると認識している。そして、障害物を縫うように移動したサムが敵を急襲。サムが幻影の位置にいると認識していた敵は、不意を突かれて崩れ落ちていく。

 

KEY WORD
一新されたコンセプト

遊びやすさを重視した難度調整が施されているのも、本作の特徴だ。尋問を行って情報を得る要素が盛り込まれていたり、攻略ルートを自由に選べるなど、潜入活動の内容がより幅の広いものになり、プレイのしかたによって難度が柔軟に変化。また、アクション性が高まり、プレイのテンポは向上している。

090605scc09
090605scc10
090605scc11




※詳しくは週刊ファミ通2009年6月19日号(2009年6月5日発売)をチェック!
 クリエイティブディレクター、マキシム・ビラ氏への独占インタビューも収録!!

 

スプリンターセル コンヴィクション

ユービーアイソフト
対応機種 Xbox 360
発売日 2009年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 潜入
備考 Xbox LIVE対応、開発:UBISOFT Montreal Studio

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アイドルマスター シンデレラガールズ』6thLIVEの日程と開催場所が発表、台湾で初の海外単独公演も決定!

バンダイナムコエンターテインメントは、本日11月19日に開催された“アイドルマスター シンデレラガールズ 6th Anniversary Memorial Party”において、新規情報を公開した。

『PUBG』日本のSunsister Unknownがラストでドン勝! アジア大会Squad戦を制したのは!?【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。3日目のSquad戦・4ラウンド目で日本チームのSunsister Unknownが見事に1位を獲得し、総合5位に食い込んだ。

『PUBG』の“見る楽しみ”を広げたい――プロデューサーが語るeスポーツへの思い【G-STAR 2017】

Blueholeは、G-STAR 2017に『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を出展し、会場にてアジア大会を実施。本作のeスポーツへの取り組みや、リリースが12月下旬に迫る“バージョン1”(製品版)について、PUBG Corp.のCEO、Chang Han Kim(キム・チャンハン)氏に話を伺った。

アジア地域で配信予定の『Titanfall Online』、新モード“ハードポイント占領戦”がプレイアブル出展【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、Nexonは、同社ブースにてPC用オンラインシューター『TitanFall Online』を出展。

『PUBG』アジア大会 最終日Squad戦はまもなく! 日本代表チームの活躍に期待【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルをリポート!日本のプレイヤー驚愕必至の、世界の戦法とは?

2017年11月18日(土)、サンパウロで開催された“レインボーシックスシージ プロリーグ シーズン3ファイナル”。世界大会のファイナルステージで、日本から進出した“eiNs”は初戦で登場した。その奮闘の模様と、衝撃的な世界レベルの戦法を分析していく。

【週間PVランキング】『ペルソナ』シリーズのUI制作秘話に、多くのゲームファンが注目!【11/11〜11/17】

ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2017年11月11日〜17日)をお届け。1位を獲得したのは、人気RPGのユーザーインターフェースに関する記事!

『PUBG』アジア大会Solo戦は韓国勢の圧勝! 日本チームではTeam DestroyのArcccccccc選手が健闘【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。2日目Solo戦の優勝者は……?

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月11日〜2017年11月17日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。