携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

人気ステルスアクションゲームが新境地を目指して生まれ変わった『スプリンターセル コンヴィクション』

2009/6/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『スプリンターセル』がステルスアクションを革新する

 秘密工作員サム・フィッシャーの活躍を描く、三人称視点のステルス(潜入)アクションゲーム『スプリンターセル』シリーズ。その最新作の開発にあたって開発スタッフが掲げた目標は、なんと“ステルスアクションの革新”。この目標を実現するために盛り込まれた意欲的な新システムの数々と、本作で主人公サムが挑む任務の概要を紹介しよう。


主人公
サム・フィッシャー

シリーズの主人公で、米国安全保障局の秘密部署“サードエシュロン”の工作員。作品内におけるヒーローとしての役割を強調すべく、本作の開発を契機に人物設定が見直された。

090605scc01

マルタ島とワシントンD.C.で巨大な陰謀が動き出す

米国安全保障局の秘密部署“サードエシュロン”を辞め、娘のサラを殺した犯人を追っていたサム。手掛かりがマルタ島にあることをつかんだサムは、そこでサードエシュロンが娘の死に関わっていることを知る。ワシントンD.C.に行けば謎が明らかになるという情報をつかみ、彼はワシントンD.C.へ向かう。

090605scc02
090605scc03


 

KEY WORD
ソーシャルステルス2.0

“ソーシャルステルス2.0”は、『アサシン クリード』で使われたシステム“ソーシャルステルス”の進化版。群集の中に身を隠して進むというスタイルの潜入活動を実現するために導入された新要素だ。この要素のポイントは、サムの行動が周囲の人々に影響を及ぼすこと。たとえば、銃を所持していることを気づかれると人々が騒ぎ出し、結果的に敵に潜入を察知されてしまう。人混みに紛れる際は、人々の視線を意識する必要があるのだ

090605scc04
 

KEY WORD
ビジュアルメッセージを駆使した新演出

ゲーム進行に関する重要情報の表現手法にも、これまでにない新しいアイデアが採り入れられている。なんと本作では、つぎの行動目標や物語の推移などを知らせる情報が、主人公の周囲の壁などに映し出される文章や映像をとおして、プレイヤーにもたらされていく。

090605scc05
 

KEY WORD
L.K.P.(LAST KNOWN POSITION)

ステルスアクションを革新させる目玉要素のひとつとして導入されたのが、“L.K.P.(ラスト・ノウン・ポジション)”という新システムだ。これは、敵が最後にサムを認識した場所にサムの幻影を表示するシステムで、敵に発見されたことを知るのに役立つだけではなく、戦闘での駆け引きにも大きな影響を及ぼす要素となっている。と言うのも、この幻影が表示されているあいだは、敵はその場所にサムがいるものとして行動を取るからだ。本作では、こうした敵の行動を利用した戦術が重要。たとえば、敵にわざとこちらの位置を認識させたのちに移動して、敵の意表を突くなど、さまざまな戦術が取れそうだ。

090605scc06
090605scc07
090605scc08

柱の影に身を隠すサムを、敵が目ざとく察知。す速く移動を行わなければ、敵の激しい銃撃にさらされることになりそう。そこで、敵の視界を避けるように柱の影から移動するサムに対し、画面左奥の敵は、まだサムが幻影の場所にいると認識している。そして、障害物を縫うように移動したサムが敵を急襲。サムが幻影の位置にいると認識していた敵は、不意を突かれて崩れ落ちていく。

 

KEY WORD
一新されたコンセプト

遊びやすさを重視した難度調整が施されているのも、本作の特徴だ。尋問を行って情報を得る要素が盛り込まれていたり、攻略ルートを自由に選べるなど、潜入活動の内容がより幅の広いものになり、プレイのしかたによって難度が柔軟に変化。また、アクション性が高まり、プレイのテンポは向上している。

090605scc09
090605scc10
090605scc11




※詳しくは週刊ファミ通2009年6月19日号(2009年6月5日発売)をチェック!
 クリエイティブディレクター、マキシム・ビラ氏への独占インタビューも収録!!

 

スプリンターセル コンヴィクション

ユービーアイソフト
対応機種 Xbox 360
発売日 2009年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 潜入
備考 Xbox LIVE対応、開発:UBISOFT Montreal Studio

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『World of Tanks Console』架空戦記が楽しめる!? ストーリー形式コンテンツ“WAR STORIES”が8月22日に実装

オンラインタンクバトル『World of Tanks Console』に、2017年8月22日に新コンテンツ“WAR STORIES”が実装される。その概要が明らかとなった。

『プチコン3号 Smile BASIC』が欧州やオーストラリア、ニュージーランドなど33地域に向けて配信開始

スマイルブームは、ニンテンドー3DSシリーズ専用ソフト『プチコン3号 Smile BASIC』を、2017年8月17日に欧州およびオーストラリア、ニュージーランドを含む33の地域に向けてNintendo eShopでのオンライン販売を開始した。

『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できるコンテンツが“なぞともカフェ”に登場! 先行体験リポートをお届け

一人称スリラーアドベンチャーゲーム『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できる謎ときコンテンツが、謎とき体験施設“なぞともカフェ”、“スペースクリエイト 自遊空間”で、2017年8月18日よりスタートする。一般公開に先駆けて体験したリポートをお届け。

『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』8月23日開催の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”の詳細が判明 スペシャルゲストは小島よしお

ワーナー ブラザース ジャパンは発売中のプレイステーション4用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”において、決勝大会への進出チームと8月23日に行われる決勝大会の詳細を発表した。

プレイステーション4、システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”が配信決定

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション4の次回の大型システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”を、日本国内向けにて提供することを発表した。

ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー&イケメンさん 2017年版【ChinaJoy 2017】

ChinaJoyにおけるファミ通.comの恒例企画、“ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー”をお届け。今年はプラスアルファもあります!

記憶を消してもう1回遊びたい衝撃作『UNDERTALE』プレイインプレッション

2017年8月16日に配信を開始した話題のインディーゲーム『UNDERTALE』のプレイインプレッションをお届けする。

『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”リポート “3+1”が生み出した新たな対戦セオリー

2017年8月6日、東京、バンダイナムコ未来研究所にて、バンダイのデータカードダス、『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”が開催された。ここではその大会結果とイベントの模様をお届けする。

第36回浅草サンバカーニバルにガンホー・アミーゴスが参戦! ダンスも音楽もパワーアップして浅草の街に降臨!

2017年8月17日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、8月26日に開催される“第36回浅草サンバカーニバル”に出場することを発表した。