携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『マグナカルタ2』最新作がXbox 360で登場

2009/4/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●愛と憎しみのRPG、再び

 韓国の人気絵師、キム・ヒョンテ氏が描く魅力的な登場人物。そして、リズムアクションの要素を取り入れた戦闘システムが好評を博したRPG、『マグナカルタ』。その続編にあたる作品が、グラフィックやシステムを一新してXbox 360で登場する。まずは、そんな最新作の世界設定と主要登場人物を紹介しよう。

ゲームシステムと世界設定を一新

プレイステーション2、そしてPSPで発売された前作から映像表現が格段に進化。美しさと緻密さを増している。キャラクターデザインは前作と同じくキム・ヒョンテ氏が担当。個性豊かな登場人物たちが壮大な物語を紡いでいく。

090417magna01
090417magna02
 

世界と舞台背景

かつての大戦によって一度は焦土と化したランツハイム大陸。大戦から1000年の時を経て、多様な種族が繁栄を謳歌するこの地に、再び戦乱の影が忍び寄る。争いは、宰相シュエンザイトの女王イブリン暗殺から始まった。シュエンザイトは、さらに王女ルゼフィルダを幽閉して王位を奪い、抗う者をつぎつぎと葬っていく。辛くも脱出に成功したルゼフィルダは南部の都市アバジェットへ逃れ、抵抗勢力の南部軍に合流。シュエンザイトの北部軍に反旗を翻した。時はランツハイム暦1150年。ランツハイムは、再び内戦状態へと突入する……。

090417magna03
 

記憶を失くした主人公
ジュト
(声:福山 潤)

本作の主人公。記憶を失ったまま風見島で平凡な生活を送っていたが、北部軍が島を襲撃したことで内戦に巻き込まれる。南部軍に入隊後、自身に眠る強大な力に目覚めていくのだが……。

090417magna_a
 

追放された王女
ルゼフィルダ・グレナ・ベルリネット(ゼフィ)
(声:平野 綾)

物語のヒロイン。南部軍の特殊部隊“対センティネル部隊”を率いて、王位の奪還を目指す王女。内戦を終わらせ、平和な王国を築きたいと願っている。作中では、おもに“ゼフィ”と呼ばれる。

090417magna_b
 

ジュトを助けた美貌の剣士
メリッサ・ティス
(声:本田貴子)

風見島の守備隊長を務める女性剣士。修練のために島を離れた際、記憶を失くしてさまようジュトと出会う。ジュトにとっては、姉のような存在。

090417magna_c
 

巨漢の戦士
アルゴ・キンドゥー
(声:置鮎龍太郎)

ゼフィの部隊に所属している“トレワ族”の戦士。強靭な体躯を誇り、戦闘能力もずば抜けているが、もともとは争うことをよしとしていない性格。

090417magna_d
 

前女王を暗殺した宰相
シュエンザイト・バーレン
(声:中田譲治)

女王を暗殺して王位を奪った宰相。策謀に長けており、目的のためには手段を選ばない。手練れの錬換術師と噂されるが、彼の力を見た者はいない。

090417magna_e
 

残酷を極める殺人の道具
エルガー
(声:???)

北部軍の中でもトップクラスの戦闘能力を有している、シュエンザイトの忠実な配下。

090417magna_f





●一新されたゲームシステム

 戦闘は、操作するキャラクターをリアルタイムで切り替えながら戦う方式。アクション要素と、仲間たちをまとめる“統率感”を出すのに適したターン制を融合させたシステムとなっている。AIに従って行動する仲間を統率して、彼らとうまく連繋することで、奥深く爽快なバトルが楽しめる。
 

フィールド画面からシームレスに戦闘に突入

フィールド上に目に見える形で存在する敵に気づかれるか、こちらから戦いを挑むと戦闘に突入する。画面が切り替わることなく、その場で即座に戦闘へと移行する。周囲のフィールドの状況が戦いの駆け引きに直接影響する、戦術性の高いバトルが楽しめる。

090417magna04
090417magna05
 

環境カンの要素がパワーアップ

“環境カン”とは、フィールドが持つ多様な属性の力が敵味方の行動に影響を及ぼす要素のこと。本作のバトルでは、この“環境カン”の仕組みを利用した駆け引きが、前作以上に重要となる模様。

090417magna06
 

リーダーチェンジで操作キャラクターを変更

プレイヤーが操るキャラクターがパーティーのリーダーとして戦いを主導する役目を負うのに対し、仲間たちはおもにリーダーの支援を目的に行動する。もちろん、この役割分担は操作キャラクターの変更にともなって随時切り替わっていく。

090417magna07
090417magna08
 

戦いの駆け引きを熱くする“チェーンシステム”

チェーンシステムは、リーダーチェンジの積極的な使用を促すべく導入された新要素だ。リーダーチェンジ使用時に、強力な連繋攻撃が発動するシステムのようだが……?

090417magna09
090417magna10




※詳しくは週刊ファミ通2009年5月1日号(2009年4月17日発売)をチェック!

 

マグナカルタ2

バンダイナムコゲームス
対応機種 Xbox 360
発売日 2009年発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 Xbox LIVE対応、開発:ソフトマックス、プロデューサー:金坂吉久/チョ・ヨンギ、ディレクター:チェ・ヨンギュ、キャラクターデザイン:キム・ヒョンテ/ソフトマックスデザインチーム

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【グランブルーファンタジー プレイ漫画 本日は青天なり! 第55話/渡まかな】

プレイ漫画で『グラブル』の世界を追体験! 年に一度のお祭り、ハロウィンでのキャラクターたちを振り返る!!

VR ZONEと“異色肌ギャル”のコラボPVが公開、ド派手な色彩のフードメニューやフォトスポットを用意

バンダイナムコエンターテインメントは、エンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”について、2017年11月24日より“異色肌ギャル”とのコラボを開始した。

東京ジョイポリスで開催中のコラボイベント“初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX”が、2018年1月8日まで開催延長!

東京・台場の東京ジョイポリスで開催中の“『初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX』”が、好評につき、2018年1月8日まで会期が延長されることが決定した。

『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』 ニンテンドー3DS用ソフトとして2018年春発売決定

システムソフト・アルファーは、ニンテンドー3DS用ソフト『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』を2018年春に発売することを明らかにした。

『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント“極限感謝祭2017”詳細リポート まさにお祭りのコンセプトマッチが展開

2017年11月24日、東京・浅草橋ヒューリックスホールにてバンダイナムコエンターテインメントのアーケードゲーム、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント、“極限感謝祭2017”が開催された。ここではその模様をお届けする。

『ディシディア ファイナルファンタジー』野村哲也氏直筆ゴルベーザのイラスト入りフリッププレゼント

『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#13 新キャラSP』で使用された、鯨岡武生ディレクター直筆のキーワードと、野村哲也氏によるゴルベーザのイラスト、そしておふたりのサインが入ったフリップを、抽選で1名様にプレゼント! 

『メタルマックス Xeno(ゼノ)』序盤のエリア“東京砂漠”やキャラクターの情報を公開、楽曲担当アーティストも発表

角川ゲームスは、2018年春発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『メタルマックス Xeno(ゼノ)』について、最新情報を公開した。

“エムツー ショット トリガーズ”第3弾『魔法大作戦』発売記念ロングインタビュー(エイティング編) 振り向けば仲間がいた。原作開発時の熱き情熱を当時のスタッフに聞く

2017年11月2日に配信されたエムツー ショット トリガーズ第3弾『魔法大作戦』。先日掲載したエムツーへのインタビューに続き、原作開発を手掛けたエイティング/ライジングの横尾憲一氏、そして外山雄一氏にご登場いただき、当時の開発エピソードや心意気を存分に語っていただいた。

『三國志12 対戦版』 11月22日より“ご愛顧感謝キャンペーン”を開催!

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『三國志12 対戦版』について、2017年11月22日より、“ご愛顧感謝キャンペーン”を開催中。

『信長の野望・大志』新要素“志”システムによる各大名の違いを紹介 真田幸村、井伊直虎、今川義元のプレイ感の違いとは

コーエーテクモゲームスは、2017年11月30日(木)発売予定の歴史シミュレーション『信長の野望・大志』について、新要素“志”システムの詳細情報を公開した。