携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『ファイナルファンタジーXIII』バトルシステムに迫る

2009/3/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●バトルシステムの基本を解説

 宙空に浮かぶ未来都市“コクーン”と、未開の大地“パルス”のふたつの世界を舞台にした物語が展開するRPG、『FFXIII』。本作では、重い使命を背負った女性主人公ライトニングと、その仲間たちの壮絶な戦いが描かれていく。今回はムービーシーンのほか、バトルシステムの情報を公開。これまでの情報と合わせ、各種ゲージの詳細などを徹底的に解析していこう。また、本作の主要キャラクター4人の声優が公開された。主役であるライトニングは坂本真綾さん、スノウは小野大輔氏、ヴァニラは福井裕佳梨さん、サッズは江原正士氏とのことだ。

01

ライトニングたちが乗る列車を空から襲撃する聖府軍。巨大な敵を前に、ライトニングが手にしたのは身の丈ほどもありそうなバズーカ砲だ。彼女は元軍人というだけあり、こういった兵器の扱いには慣れている様子。

 
02
03

激しさを増す、コクーン市民と聖府軍の銃撃戦。軍の兵士が見守る中、稲妻のようなものを発する円形の物体から飛び出したのは、四つ足のモンスターだった。聖府軍は戦力としてモンスターを使役しているのだ。





●“時間”が勝敗を分けるリアルタイムバトル

 ついに『FFXIII』のバトルシステムの全容が露わになってきた。バトル画面のレイアウトは洗練され、新鮮な印象を受けるが、“たたかう”などのコマンドやタイムゲージは、まさに『FF』。シリーズのファンは違和感なくプレイできそうだ。なお、バトル終了時にはリザルト画面が表示され、その戦闘における評価を教えてくれる。


1】タイムゲージを軸としたバトル 

04

本作のバトルは、基本的にリアルタイムで進行する。時間の経過とともにタイムゲージ(上の写真では、3つに区切られている一番長いゲージ)が溜まっていき、必要な量まで溜まるとコマンドを実行可能になる仕組みだ。なお、従来の“アクティブタイムバトル”と異なり、タイムゲージが最大まで溜まっていなくても、必要量が溜まっていればコマンドを実行できるのが特徴。



【2】コマンドには“コスト”が存在する 
05

すべてのコマンドにはコストが設定されている。コマンドの実行時には、コストに応じた量のタイムゲージが消費されるシステムだ。たとえば上の画面写真の場合、タイムゲージの最大はコスト3に相当するため、コスト1のコマンドなら3つまで実行できる。コスト3のコマンドなら、それひとつでタイムゲージが空になってしまうわけだ。


06

ストックしたコマンドは、タイムゲージの上部に表示される。タイムゲージを最大まで溜めれば、ストックした複数のコマンドを、一気にまとめて実行することも可能だ。また、最大まで溜めたあとコスト1のコマンドをふたつだけ実行し、タイムゲージを温存するということも可能。


07

バトル画面内にはMPを示す表示が見られない。本作では魔法もMPではなく、すべてがコストで管理される可能性もありそうだ。その代わり、たとえば単体魔法のファイアはコスト1だが、全体魔法のファイアはコスト3となっているとおり、強力な魔法ほどより多くのコストが必要となり、連発できない仕組みになっている。



【3】HPとタイムゲージを一覧表示 
08

画面右下には、パーティーメンバー全員のHPとタイムゲージが表示されている。以前に公開されたトレーラーでは、ライトニングとスノウが連携して攻撃しているように見える場面が確認できた。本作では、タイムゲージを確認しつつ、仲間とタイミングを合わせて行動することが重要になってくる可能性もある!?



【4】“チェーン”をつないで“ブレイク”! 
09

敵を連続で攻撃すると、画面右上に表示されたチェーン数とゲージが上昇していき、それとともに敵へのダメージ量も増加していく。さらに、ある程度連続でダメージを与えることで敵が赤く点滅し、“ブレイク”状態に突入する。ブレイクすると、より大きなダメージを与えられるようになるのだ。なお、ゲージ下にある“BONUS”についての詳細は不明。ブレイクを狙う際に重要な数値のようだが?



【5】ブレイクした敵は“うちあげ”が可能 
10
11

ブレイク状態になった敵は、“うちあげ”コマンドで宙高く浮かせることができる。浮かせた敵にはより大きなダメージを与えられるので、ほかのコマンドとうまく組み合わて使えば効果絶大だ。“うちあげ”からの連続攻撃は、ダメージアップが見込めるだけではなく、見た目にも華麗で爽快感バツグン! ただし、大型モンスターなど、“うちあげ”が効かない敵も存在するという。

 
12

こちらはリザルト画面。評価は5段階で、星の数で表現されるようだ。画面右下には“TP BONUS”の表示があることから、バトルで高評価を得るほど、より多くの“TP”を入手できるシステムと推測できるが……? また、TPの詳細は不明だが、過去の『FF』では、アビリティ修得に関連して“AP”や“LP”などがあった。本作の“TP”もそういった数値なのだろうか?



 

ファイナルファンタジーXIII

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2009年発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:鳥山求、キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:上国料勇、ムービーディレクター:藤井栄治、メインプログラマー:柏谷佳樹、テーマソング作曲:植松伸夫((有)スマイルプリーズ)、コンポーザー:浜渦正志、プロデューサー:北瀬佳範

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

テレビアニメは2018年4月に放送決定――『ウマ娘 プリティーダービー』“有明記念”イベントリポート

2017年12月16日(土)、東京のディファ有明にて『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、『ウマ娘』)のイベント“ウマ娘 プリティーダービー 2017年ファイナルイベント&アニメ新情報発表会 有明記念”が行われた。

『ドラゴンボール ファイターズ』最新映像公開、名曲「僕たちは天使だった」とともに名場面の数々が見られる

2018年2月1日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『ドラゴンボール ファイターズ』の最新PVが公開された。

オイシイ! 『パシャ★モン』とスイパラのコラボカフェがオープン、たくぽん&日比美思が限定メニューに舌鼓

2017年12月15日より、スイーツパラダイス丸井錦糸町店にて、セガゲームスのスマートフォン用ゲーム『パシャ★モン』とのコラボレーション企画がスタート。

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年12月9日〜2017年12月15日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『ドラゴンクエストビルダーズ』Nintendo Switch版の発売日が2018年3月1日に決定! 体験版の配信も決定

Nintendo Switch版『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の発売日が2018年3月1日(木)に決定。価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに4800円[税抜]。

『モンスターハンター:ワールド』 第2回ベータテストが12月23日2時より実施決定!

カプコンは、2018年1月26日発売予定のプレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、第2回となるベータテストを、2017月12月23日2時より実施することを明らかにした。

新キャラクター・ノクティスが早くも活躍! 『DFF』公式イベント“DISSIDIA FINAL FANTASY ヴァリアントストライク4”リポート

2017年12月9日、池袋のシアターカフェ&ダイニング“STORIA”にて、公式イベント“DISSIDIA FINAL FANTASY ヴァリアントストライク4”が開催された。本記事では、夕方の部の模様をリポートしていく!

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第176回 提督と、奄美群島沖対空戦闘

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」に水本提督と艦娘たちが参戦!!

『アイドルマスター ステラステージ』DLCカタログ創刊号が12月21日より配信決定、新曲『Vertex Meister』を含む楽曲や衣装などを配信

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年12月21日発売予定のプレイステーション4用ソフト『アイドルマスター ステラステージ』について、ダウンロードコンテンツ情報を公開した。

『ウイニングハンド』のインプレッションをお届け! 役を揃えて召喚獣を召喚する、ポーカーと融合した高い戦略性が味わえるオンラインTCG

2017年12月15日よりサービスが開始されたDMM.com POWERCHORD STUDIOのオンラインTCGタイトル『ウイニングハンド』。本作はTCGの要素に、同じカードゲームであるポーカーの要素が盛り込まれており、カードの役を揃えることで大逆転勝利が可能になっているなど、斬新なシステムが注目の作品だ。ここでは、そんな本作のプレイインプレッションをお届け。クエストの序盤と対戦を体験できたので、その内容を踏まえながら本作の魅力を余すことなく紹介したいと思う。