携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

SNKの人気タイトル4ジャンル16タイトルを収録『SNK ARCADE CLASSICS Vol.1(SNKアーケードクラシックス Vol.1)』

2009/2/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●いまなお人気の高い16タイトルを収録

 格闘、アクション、シューティング、スポーツゲームの4ジャンルから集めたSNKの人気16タイトルが収録されたソフトが発売。SNKの格闘ゲームの原点とも言える『餓狼伝説』を始め、いまなお人気の高いアクションシューティングゲーム『メタルスラッグ』など、バラエティーに富んだタイトルを収録しているのだ。通信機能を利用した通信プレイや、チャレンジモードも収録されている。

 

●対戦格闘ゲーム

『餓狼伝説』

ふたりのプレイヤーが力を合わせてCPUと闘う2P協力プレイや奥行きのある2ラインバトルなどの斬新なシステムを盛り込んだSNK対戦格闘ゲームの原点。システム自体はシンプルだが、主人公たちのドラマチックなストーリーや個性的なCPUキャラクターの存在が魅力の一作。


 

『ワールドヒーローズ』

服部半蔵やジャンヌ、ラスプーチンなど歴史上の著名人を模した8人のキャラクターが格闘の頂点を目指す格闘アクションゲーム。従来の格闘ゲームとは異なり、ステージ上にオイルや地雷、電流といったさまざまなトラップが仕掛けられているデスマッチモードを搭載。


 

『龍虎の拳』

“気力”を消費して必殺技を放つというシステムを始め、ストーリー性を重視したCPU戦、舞台俳優を起用したボイスなど、数々の斬新な試みが導入された格闘ゲーム。現在では格闘ゲームにおいて不可欠となった必殺技を超えた“超必殺技”を生み出したタイトルでもある。

 
 

『サムライスピリッツ』

キャラクターが武器を使って闘うということで注目を集めた格闘ゲーム。一撃の破壊力を重視したゲームバランスと武士や忍者などが闘いをくり広げるファンタジックな世界観が魅力となった。試合中では、ダメージを受けると“怒ゲージ”が蓄積され、ゲージが満タンになると一定時間のあいだ、攻撃力が上昇するといったシステムが搭載されている。

 
 

『ザ・キング・オブ・ファイターズ'94』

いまなお高い人気を誇る『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズの記念すべき第1作目。『餓狼伝説』や『龍虎の拳』といった対戦格闘ゲームのキャラクターだけではなく、アクションゲーム『怒(いかり)』やシューティング『サイコソルジャー』に登場したキャラクターたちが入り乱れて闘うさまは、まさに夢の共演と呼ぶにふさわしい。

 


●シューティングゲーム&アクションシューティングゲーム
 

『ラストリゾート』

ドット絵で描かれる美しいグラフィックが魅力のシューティングゲーム。攻撃の種類は通常攻撃、レーザー、ホーミング弾、グレネード弾のほか、異なる動きをする2種類のオプション。オプションは敵の弾を消す効果があるため、これらふたつうちどちらのオプションを選択するかも攻略のカギとなる。

 
 

『メタルスラッグ』

宿敵、モーデン軍の撃破を目指すアクションシューティングゲーム。ショットとジャンプというシンプルな操作でありながら、多彩なアクションと絶妙なゲームバランスで、多くのファンを魅了してきた。また極限まで綿密に描かれたドットグラフィックは職人芸とまで言われ、ゲームファン以外からも高い評価を得ている。

 
 

『ショックトルーパーズ』

個性豊かな8人のキャラクターが選択可能な、アクションシューティングゲーム。移動速度やノーマルショットの攻撃力、特殊武器の攻撃範囲・攻撃力など各キャラクターに異なる特性を持っている。




●アクションゲーム
 

『マジシャンロード』

剣と魔法の世界を舞台としたアクションRPG。主人公で魔法使いのエルタとなり、世界を救う冒険の旅に出ることになる。特徴はプレイ中に出現する“エレメンタル”を特定の順番で獲得することで“ウォーターマン”や“サムライ”などに変身でき、攻撃力やジャンプ力を強化できるところ。


 

『戦国伝承』

現代人の主人公を操り、戦国時代の武将たちと闘っていくアクションゲーム。目的は、過去の亡霊が現代へと復活を遂げようとしている野望を阻止することだ。また、ふたり同時プレイが可能となっている。


 

『キング・オブ・ザ・モンスターズ』

モンスターの中の頂点を目指すアクションゲーム。闘いの舞台は京都や大阪など日本の有名な場所。戦闘中に“Pアイテム”を拾いうことによって“Pゲージ”を溜めることができる。Pゲージが満タンまで溜まるとモンスターがパワーアップするぞ。また、敵を倒すだけではなく、建物などを壊すことによってもポイントを得ることができるのだ。綿密に表現されたグラフィックで熱い戦いをくり広げよう。


 

『バーニングファイト』

大阪を舞台とした横スクロールアクションゲーム。商店街の中で闘ったり、走っている電車の屋根の上で闘うなど奇想天外なシチュエーションを楽しめる。各ステージの最後には、個性的でユニークなボスたちが待ち構えているぞ。また、ふたり同時プレイも可能となっている。ただし、お互いに攻撃判定が存在するため、仲間との距離にも注意を払う必要がある。


 

『トップハンター』

デフォルメされたキャラクターがコミカルな横スクロールアクションゲーム。本作の特徴は、格闘ゲームではおなじみの必殺技をコマンド入力により放つシステム。パワーアップアイテムを続けて3つ取得することで、さらに強力な必殺技を使用することが可能となっている。




●スポーツゲーム

『ベースボールスターズ2』

'94年に発売された野球ゲーム『ベースボールスターズ プロフェッショナル』の続編。架空の2リーグ12チームの頂点を目指そう。長打が期待できる“パワーバット”を選手に持たせたり、信じられないほどの剛速球を投げるピッチャーが登場するなど、パワフルな試合を楽しむことができる。また、死球を受けた際には、確率で乱闘シーンが発生するといったイベントも用意されている。


 

『得点王3』

世界64チームから好みのチームを選択し、優勝を目指すサッカーゲーム。登場する選手のステータスは国別に異なっており、自分の好みの応じたチームを選択することができる。トーナメントでは、世界一を競うワールドトーナメントモードと、5つのエリアトーナメントモードを用意。


 

『ビッグトーナメントゴルフ』

ゲーム初心者から上級者まで幅広く楽しめるゴルフゲーム。プレイヤーのパワーやコントロール、テクニックといった能力の異なる6人の選手の中からひとり選んで、日本、アメリカ、オーストラリア、ドイツといった世界各国のコースを回っていく。ゲームモードは18ホールを回ってトータルスコアで競うストロークプレイとホールごとの勝ち星数で勝敗を決するマッチプレイを用意。


 

SNK ARCADE CLASSICS Vol.1(SNKアーケードクラシックス Vol.1)

SNKプレイモア
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2009年春
価格 価格未定
ジャンル アクション / バラエティー
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。