携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

ニンテンドーDSでシリーズ最新作が登場!!『スーパーロボット大戦K』

2009/1/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●人気シリーズ最新作が始動!!

 

 古今東西の人気ロボットが集う『スパロボ』シリーズ最新作がついに始動! ニンテンドーDSでは、2007年3月1日に発売された『スパロボW』以来、2作目となる。なお、本作のシナリオは、ほかの『スパロボ』シリーズとはリンクしない完全新作なのだ。今回は本作に参戦する作品を一挙に紹介!
 

スパロボK

 

破邪大星ダンガイオー

オリジナルビデオアニメ(1987年〜1989年発売)

科学者ターサンは最強のロボットダンガイオーの開発に成功。4人の少年たちとともにダンガイオーを宇宙海賊バンカーに売ろうとする。だが、少年らが裏切って……。


オーバーマン キングゲイナー

テレビアニメ(2002年9月〜2003年3月放映)

環境が悪化した、未来の地球が舞台。シベリアのドームに住む少年ゲイナーはある日、ゲインという男と出会う。これをきっかけに、彼は戦いに身を投じることになる。


new!

蒼穹のファフナー

テレビアニメ(2004年7月〜12月放映)

日本の片隅に浮かぶ竜宮島が舞台。島に住む真壁一騎ら少年少女たちは、ある日「あなたはそこにいますか……」という謎のメッセージを受け取る。その後、未知の生命体"フェストゥム"の地球侵略が始まった。

 

電脳戦機バーチャロン マーズ

ゲーム(2003年5月発売)

セガが制作した対戦アクションゲームから登場。『マーズ』は、2003年5月29日に発売されたプレイステーション2用ソフトだ。


機動戦士ガンダムSEED

テレビアニメ(2002年10月〜2003年9月放映)

架空の年代コズミック・イラ70年。人類は、通常の人間"ナチュラル"と遺伝子操作をした"コーディネイター"とのあいだで争いをくり広げていた。同じ人類どうしでありながら戦う、両者の行く末は……!?


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

テレビアニメ(2004年10月〜2005年10月放映)

『機動戦士ガンダムSEED』の戦いから3年後、コズミック・イラ73年が舞台となる。戦いは終わり、平和な生活を送る人類。だが、ナチュラルとコーディネイターとの確執はいまだに消えていなかった……。

 

new!

機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-

オリジナルビデオアニメ(2006年11月発売)

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と同じ時代が舞台。ナチュラルのスウェン、コーディネイターのセレーネを中心に物語が展開する。

 

マジンガーZ

コミック(1972年10月〜1974年9月掲載)

悪の科学者Dr.ヘルが、機械獣軍団を率いて日本を侵略しに来た。これを予見していた兜十蔵は、自分の息子にマジンガーZを託すのだ。

 

new!

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU

テレビアニメ(2005年11月〜2006年9月放映)

ツワブキ・ダイヤは、幼いころに巨大な怪獣に襲われ、機械の竜に命を救ってもらったのだ。それから5年、巨大な怪獣が再び出現。そこで彼は、機械の竜との再会を果たす。

 

new!

鋼鉄神ジーグ

テレビアニメ(2007年4月〜7月放映)

コミック版の設定をベースにして作られた、『鋼鉄ジーグ』の続編。かつて日本を支配した"邪魔大王国"と鋼鉄ジーグとの戦いから50年後、邪悪な"邪魔大王国"が復活した。彼らを討つべく"鋼鉄ジーグ"が発進!!

 

new!

機獣創世記ゾイドジェネシス

テレビアニメ(2005年4月〜2006年3月放映)

大変動によって文明が壊滅した惑星Zi。少年ルージは、メカ生体ゾイドの発掘および探求を生業としていた。しかし、彼の住む村がディガルド武国の襲撃を受けたことで戦いに巻き込まれてしまう。

  

神魂合体ゴーダンナー!!

テレビアニメ(2003年10月〜2003年12月放映)

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON

テレビアニメ(2004年4月〜2004年6月放映)

人類と謎の巨大生物"擬態獣"との戦いを描いた作品だ。1作目は西暦2047年が舞台となっているぞ。2作目は、1作目最終話の3ヵ月後から、物語が展開する。

 

new!

ガン×ソード

テレビアニメ(2005年7月〜12月放映)

物語の舞台は、荒野に夢、街に暴力が溢れる惑星"エンドレス・イリュージョン"。主人公のヴァンは、恋人の敵である"カギ爪の男"を捜していた。

 
 

※詳しくは週刊ファミ通2009年1月30日号(2009年1月16日発売)をチェック!

スーパーロボット大戦K

バンダイナムコゲームス
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2009年4月2日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル シミュレーション・RPG / アニメ・ロボット
備考 プロデューサー:寺田貴信

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

かわいいだけじゃない骨太なインディーゲーム5選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の2回目は、ゲーム実況女子が独自の視点で魅力を探った5タイトル。

海外出展エリアで出会ったハイセンスなインディーゲーム6選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の1回目は、海外デベロッパー製の6タイトル。

ベストヒット町内会4月分公開!

本誌ファミ通町内会に掲載されたネタの中から選りすぐりの傑作を紹介するベストヒット町内会! 生町内会の視聴者投票で決定した月間最優秀作品を含む、名作の数々を凝視せよ! さらにWebだけのオリジナルコーナー、ピンク報告書&デジタル街レポも更新。最新投稿者ランキングもあります。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。

1988年のKONAMI作STG『サンダークロス』がPS4で6月8日に配信決定、欧州版と北米版も同時収録!

ハムスターは、同社が運営するプレイステーション4“アーケードアーカイブス”において、KONAMIのシューティングゲーム『サンダークロス』を2017年6月8日に配信開始する。

大人気ゲーム対戦番組『いいすぽ!』がeスポーツの祭典を11月にお台場で開催!

フジテレビ系列で好評放送・配信中のオリジナルゲーム対戦番組『いーすぽ!』が、2017年11月18日・19日にフジテレビ社屋を使用し、“Tokyo E-sports Festival”を開催すると発表した。

美しくも儚い世界観が魅力のPS4向け2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』が発売開始

国内外のインディーゲームのローカライズ・パブリッシングを手掛けるPLAYISMは、アメリカのインディーゲーム開発チーム“Heart Machine”が開発したプレイステーション4用2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』の発売を2017年5月25日より開始した。

“黒川塾(四十七)”はeスポーツの現状と課題をテーマに関係者が熱く語る eスポーツの明日はどこにあるのか?

2017年5月24日、黒川文雄氏が主催するトークイベント“エンタテインメントの未来を考える会”(黒川塾)の第47回が開催された。その模様を大ボリュームでリポートする。

『ペルソナ5』の怪盗団をイメージしたTシャツ、キャンバスアートなどが受注開始

オリジナルグッズを展開する通販サイト“AMNIBUS”にて、アトラスの人気RPG『ペルソナ5』のアイテムの受注が開始された。

『スプラトゥーン2』ギアブランド“シグレニ”の情報が公開、どんな過酷な環境下でも抜群の機能性を発揮

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ギアブランド“シグレニ”の情報を公開した。

『スカッとゴルフ パンヤ』×『わグルま!』コラボイベントと衣装が登場

2017年5月25日、GMOゲームポットはPC用オンラインゴルフゲーム『スカッとゴルフ パンヤ』においてアップデートを行い、『わグルま!』コラボイベント“ドキドキ魔界のおにぎりパニック”をスタートさせた。