携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『ファイナルファンタジーXIII』ツインテールの少女の名は“ヴァニラ”

2009/1/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

第三の“ルシ”、重荷を背負う少女の名は“ヴァニラ”


 『ファイナルファンタジーXIII』(以下、『FFXIII』)は、“コクーン”と“パルス”というふたつの世界を舞台に、“クリスタルが導く未来の世界”が描かれる作品だ。今回明らかになったのは、コクーン内部の様子を描いたシーン。そこには主人公ライトニングのほか、ツインテールの少女の姿もある。少女は、金髪の男スノウと同じくライトニングの仲間となる人物で、フルネームは“ヲルヴァ=ダイア・ヴァニラ”。パルスに追放されるところを、スノウが率いる反聖府組織に救い出されたようだ。



コクーンを統治している聖府は、パルスに影響を受けたと思われる者を選別し、パルスへ追放している。なぜヴァニラが追放者に選ばれたのか、その経緯は定かではない。つねに明るく振舞ってはいるが、その裏には、彼女が背負う過酷な運命が見え隠れしている……。


ライトニングが列車に潜入したシーンを描くムービーからのカット。彼女は聖府軍の兵士を華麗なアクションで倒し、パルスへ移送されようとしている人々を解放する。単独ではなく、男性と行動をともにしているようだ。


牽引される謎の物体を前に佇むライトニング。彼女は、この異物、正確に言うならば、その中にある“何か”を捜してここにだどり着いたようだ。また、傍らにはライトニングに同行している男性の姿が。


ライトニングがかつて所属していた聖府軍は、一般兵のほか、強力な兵器やモンスターをも配下に従えている。ライトニングに呼び掛けるのは、“特殊戦術師”と呼ばれる士官クラスの兵士。その威圧感は、一般兵とは比較にならない力を感じさせる。





●躍動感溢れる革命的バトルシステム

 待望のバトル画面が到着! 『FF』シリーズならではの革新的ゲーム性の片鱗がついに明かされる。いまにも動き出しそうなほどの迫力に満ちたバトル画面の数々を、存分に堪能してほしい。

 

本作では、フィールド上で敵の姿を視認可能で、敵に接触するとバトル開始となるシンボルエンカウント方式を採用している。さらに、接触してからバトル突入までは、シームレスに移行するシステムとなっているようだ。状況によっては、エンカウントを避けながら進むこともできそう。


本作のバトルは、選択したコマンドをストックし、それを一気に実行するシステムのようだ。コマンド実行時のアクションは、ストックする種類や順番に応じて変化。たとえば、“たたかう、たたかう、ファイア”と“たたかう、ファイア、たたかう”では、実行時のアクションは異なるものになる。“うちあげ”を絡めれば、華麗な空中コンボをくり出せるのだ。


ライトニングの武器は、コマンドの選択次第で、剣から銃、銃から剣と姿を変える。また、武器による攻撃のほか、魔法も自在に使いこなすのだ。各コマンドの右に表示されている数字は、ストックする際に必要なコストを表している模様。たとえば最大ストック数が3とすると、コスト1の“たたかう”や“ファイア”などは1ターンで任意に3つまでストックして実行できるが、コスト3の“ファイガ”はひとつだけで1ターン分となるわけだ。

 

巨大な敵にも、ひるむことなく挑むライトニング。画面右上には、1本のゲージとともに、“CHAIN”と“BONUS”の表示が見られる。チェインは、文字どおり攻撃の連続ヒット数を表しているものと見て間違いなさそうだ。一方、ボーナスとゲージの意味については現時点では定かではない。まだまだ謎の多いバトルシステム。続報に期待したい。





 

ファイナルファンタジーXIII

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2009年発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:鳥山求、キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:上国料勇、ムービーディレクター:藤井栄治、メインプログラマー:粕谷佳樹、テーマソング作曲:植松伸夫((有)スマイルプリーズ)、コンポーザー:浜渦正志、プロデューサー:北瀬佳範

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

Switch『デス・ギャンビット:アフターライフ』が発売。ソウルライクxメトロイドヴァニアなハードコア2Dアクションゲーム

2022年5月19日(木)、Beep JapanとSerenity Forgeは『Death's Gambit: Afterlife(デス・ギャンビット:アフターライフ)』をNintendo Switch向けに発売した。ソウルライクxメトロイドヴァニアなハードコア2Dアクションゲームとなっている。

『My Lovely Wife』がSwitch/PCで6月8日に発売。最愛の妻を蘇らせるためにサキュバスを生贄に捧げる狂気の物語を描くシミュレーション

Neon DoctrineとGameChanger Studioは、恋愛x経営シミュレーション『My Lovely Wife』(マイ・ラブリー・ワイフ)を2022年6月8日にNintendo SwitchとPCで発売することを発表した。

アニメ『がっこうぐらし!』OP曲『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』は“フレンド死体”!? 意味深な歌詞に思わず注目……

YouTubeに配信されているアニソン動画は数知れず。本稿ではその中から1曲をピックアップし、楽曲やアーティストにまつわるちょっとした情報をお届けします。今回は、アニメ『がっこうぐらし!』のオープニングテーマ『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』に注目してみました。

『仮面ライダーリバイス』悪魔ラブコフのPC用クッションが登場。アームレストは取り外し可能。ラブコフに癒されながら楽な姿勢でパソコン作業を

バンダイ ライフ事業部は、『仮面ライダーリバイス』に登場する五十嵐さくらの悪魔“ラブコフ”のぬいぐるみとアームレストをセットにした、“仮面ライダーリバイス PCクッション ラブコフ”の予約をプレミアムバンダイにて受付中。

『刀剣乱舞-花丸-』全5巻、ジャンプ+、LINEマンガほかで7/7まで無料公開中。特『刀剣乱舞-花丸-』〜雪ノ巻〜公開を記念して

橋野サルが描くコミカライズ版『刀剣乱舞-花丸-』(集英社)全5巻が電子書籍取り扱いサイトにて2022年7月7日まで無料公開中。

【シャドバ】ゲーム大会をオフライン開催する必要性はあるのか? 2年ぶりのオフ復活について参加者の生の声を取材した“RAGE Shadowverse 2022 SUMMER”

2022年5月14日〜5月15日、『シャドウバース』大会が2年振りにオフライン開催された。オンラインでも開催可能な大会をオフラインで開催する意義はどこにあるのか。是非を考察する。

タイトーのAC新作『ミュージックダイバー(MUSIC DIVER)』先行体験レビュー。液晶画面をスティックで叩いていいの!? 新感覚音ゲーを初体験

2022年冬に稼働を予定しているアミューズメント施設向けの音楽体感演奏ゲーム『MUSIC DIVER』(ミュージック ダイバー)。2022年5月27日〜29日にロケテストも予定されている本作を先んじて体験することができたので、その感触をリポートする。

『パックマン』の歴史を辿る海外本『PAC-MAN: Birth of an Icon』著者インタビュー。シリーズの歴史を日本と米国の両面から追った、その制作秘話を語る

ビデオゲームの金字塔『パックマン』シリーズの40周年を記念した書籍『PAC-MAN: Birth of an Icon』が、海外限定で2021年11月9日に発売された。本記事では、その著者であるTim Lapetino氏と、Arjan Terpstra氏にインタビューをおこなった。

TVアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』1期が30分でわかる動画が公開中。7月放送開始の2期までに入門&復習したい人は必見

動画“30分でわかる!TVアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』1期”が公開中。30分で1期の各シーン、挿入歌を振り返っていく。

『クローズ×WORST - XROSS OVER -』6月末リリース予定。パズルを制して“最高の男”を目指せ。事前登録受付中

ソニックパワードは?橋ヒロシが描く人気不良漫画2作品を題材にしたスマホゲーム『クローズ×WORST - XROSS OVER -』を6月末にリリースすることを発表した。