携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

追加要素が満載『魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE』

2009/1/19

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく



●追加シナリオを収録

 2006年にプレイステーション2で発売された人気シミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア2』がPSPで帰ってきた。本作では、新たに新シナリオ“アクターレ編”を追加収録。そのほかにも、職業や魔法、キャラクターなど数多くの追加要素が含まれている。





●物語の舞台はプレイステーション2からPSPへ

 プレイステーション2からPSPへ移植するにあたり、携帯機でプレイしやすいように一部のシステムを改良している。ここでは、変更したシステムとその改良点をまとめて紹介。

システムの改良

戦闘マップ上でのキャラクター移動速度が変更可能に

キャラクターの移動速度が数段階から選択可能に。あらかじめ、速く設定しておけば、味方・敵キャラクターの移動速度がアップし、す速く戦闘を進めることができる。さらに、戦闘演出のオン/オフ機能と組み合わせれば、プレイ時間を大幅に短縮させることが可能だ。

出撃するキャラクターの選択時に、キャラクターの並べ替えが可能に

戦闘中、キャラクターのいるパネルから、味方キャラクターを出撃させる際に、出撃可能なキャラクターの一覧が画面内に表示される。この状態で“△”ボタンを押すことで、キャラクターの並び替えが可能になった。拠点で使用できる並び替えと同様に、“レベル順”や“HP順”などで並び替えができる。

攻撃実行時のカメラ移動を調整

最大限カメラが引いた状態からでも攻撃の実行が可能になった。

アイテム界屋”のコマンドが倉庫アイテムにも使用可能に

“携帯袋”に入っているアイテムだけではなく、倉庫に入っているアイテムにもアイテム界屋のコマンドが使用可能に。また、イノセント(住人)の移住や合体も倉庫に入れたまま行うことができる。

魔法の並び替えが可能に

習得した魔法の並びを、プレイヤーの好みにカスタマイズできるようになった。使う頻度の高い魔法の並びを調整することで、必要な魔法を捜す手間が省ける?




●新シナリオ“アクターレ編”を追加

 プレイステーション2版で登場したキャラクター、アクターレ。PSP版では、彼を主人公にした新シナリオ“アクターレ編”を追加収録。シリーズ屈指の勘違いキャラクターが主人公のストーリーは、いったいどんなものになるのであろうか……?



 

アクターレ
声:檜山修之

元・人気ダークヒーロー。かつては、テレビに映画に大活躍だったが、いまは人気も下火でローカルの旅番組のレポーターの仕事をしている。本人は、まだまだ人気者だと思い込んでいるので、勘違いした行動をとって周囲に迷惑をかけることもしばしば。




●汎用キャラクター&追加キャラクター

 ストーリー本編には関わらないものの、戦闘で重要な役割を担う汎用キャラクター。本作では、プレイステーション2版のキャラクターたちに加えて、新たに複数の職業が追加されている。

侍(女)

剣の扱いに特化した人間型キャラクター



デスサーベル

最大の武器は見た目や動作のかわいらしさ?




 さらに、新加入のキャラクターも紹介しよう。プレイステーション2版では、“エキストラステージ”に登場し、個性的な活躍を見せてきたキャラクターたちが、PSP版ではイベント戦闘に勝利することで仲間にすることができる。使用可能なキャラクターは、ゼタや魔王プリエ、中ボスなど多くのキャラクターが追加されるようだ。

ゼタ


 

魔王プリエ



中ボス



●特殊技+α

 PSPへの移植にともない、新たに武器固有技や新魔法も追加。各武器ごとに固有技が追加されたほか、魔法には過去シリーズでの最上級魔法“テラ魔法”を超える新魔法が新たに組み込まれている。

弓の新技“弩炎竜


槍の新技“ブリュンヒルデ”



水属性の最上級魔法“ペタクール”

 

魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE

日本一ソフトウェア
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2009年3月26日発売予定
価格 5229円[税込]
ジャンル シミュレーション・RPG / ファンタジー
備考 初回限定版は7329円[税込]、“復刻版サウンドトラックCD2枚”、“新BGMとボーカル曲を収録したマキシシングルCD”同梱

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

かわいいだけじゃない骨太なインディーゲーム5選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の2回目は、ゲーム実況女子が独自の視点で魅力を探った5タイトル。

海外出展エリアで出会ったハイセンスなインディーゲーム6選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の1回目は、海外デベロッパー製の6タイトル。

ベストヒット町内会4月分公開!

本誌ファミ通町内会に掲載されたネタの中から選りすぐりの傑作を紹介するベストヒット町内会! 生町内会の視聴者投票で決定した月間最優秀作品を含む、名作の数々を凝視せよ! さらにWebだけのオリジナルコーナー、ピンク報告書&デジタル街レポも更新。最新投稿者ランキングもあります。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。

1988年のKONAMI作STG『サンダークロス』がPS4で6月8日に配信決定、欧州版と北米版も同時収録!

ハムスターは、同社が運営するプレイステーション4“アーケードアーカイブス”において、KONAMIのシューティングゲーム『サンダークロス』を2017年6月8日に配信開始する。

大人気ゲーム対戦番組『いいすぽ!』がeスポーツの祭典を11月にお台場で開催!

フジテレビ系列で好評放送・配信中のオリジナルゲーム対戦番組『いーすぽ!』が、2017年11月18日・19日にフジテレビ社屋を使用し、“Tokyo E-sports Festival”を開催すると発表した。

美しくも儚い世界観が魅力のPS4向け2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』が発売開始

国内外のインディーゲームのローカライズ・パブリッシングを手掛けるPLAYISMは、アメリカのインディーゲーム開発チーム“Heart Machine”が開発したプレイステーション4用2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』の発売を2017年5月25日より開始した。

“黒川塾(四十七)”はeスポーツの現状と課題をテーマに関係者が熱く語る eスポーツの明日はどこにあるのか?

2017年5月24日、黒川文雄氏が主催するトークイベント“エンタテインメントの未来を考える会”(黒川塾)の第47回が開催された。その模様を大ボリュームでリポートする。

『ペルソナ5』の怪盗団をイメージしたTシャツ、キャンバスアートなどが受注開始

オリジナルグッズを展開する通販サイト“AMNIBUS”にて、アトラスの人気RPG『ペルソナ5』のアイテムの受注が開始された。

『スプラトゥーン2』ギアブランド“シグレニ”の情報が公開、どんな過酷な環境下でも抜群の機能性を発揮

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ギアブランド“シグレニ”の情報を公開した。

『スカッとゴルフ パンヤ』×『わグルま!』コラボイベントと衣装が登場

2017年5月25日、GMOゲームポットはPC用オンラインゴルフゲーム『スカッとゴルフ パンヤ』においてアップデートを行い、『わグルま!』コラボイベント“ドキドキ魔界のおにぎりパニック”をスタートさせた。