携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

追加要素が満載『魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE』

2009/1/19

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく



●追加シナリオを収録

 2006年にプレイステーション2で発売された人気シミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア2』がPSPで帰ってきた。本作では、新たに新シナリオ“アクターレ編”を追加収録。そのほかにも、職業や魔法、キャラクターなど数多くの追加要素が含まれている。





●物語の舞台はプレイステーション2からPSPへ

 プレイステーション2からPSPへ移植するにあたり、携帯機でプレイしやすいように一部のシステムを改良している。ここでは、変更したシステムとその改良点をまとめて紹介。

システムの改良

戦闘マップ上でのキャラクター移動速度が変更可能に

キャラクターの移動速度が数段階から選択可能に。あらかじめ、速く設定しておけば、味方・敵キャラクターの移動速度がアップし、す速く戦闘を進めることができる。さらに、戦闘演出のオン/オフ機能と組み合わせれば、プレイ時間を大幅に短縮させることが可能だ。

出撃するキャラクターの選択時に、キャラクターの並べ替えが可能に

戦闘中、キャラクターのいるパネルから、味方キャラクターを出撃させる際に、出撃可能なキャラクターの一覧が画面内に表示される。この状態で“△”ボタンを押すことで、キャラクターの並び替えが可能になった。拠点で使用できる並び替えと同様に、“レベル順”や“HP順”などで並び替えができる。

攻撃実行時のカメラ移動を調整

最大限カメラが引いた状態からでも攻撃の実行が可能になった。

アイテム界屋”のコマンドが倉庫アイテムにも使用可能に

“携帯袋”に入っているアイテムだけではなく、倉庫に入っているアイテムにもアイテム界屋のコマンドが使用可能に。また、イノセント(住人)の移住や合体も倉庫に入れたまま行うことができる。

魔法の並び替えが可能に

習得した魔法の並びを、プレイヤーの好みにカスタマイズできるようになった。使う頻度の高い魔法の並びを調整することで、必要な魔法を捜す手間が省ける?




●新シナリオ“アクターレ編”を追加

 プレイステーション2版で登場したキャラクター、アクターレ。PSP版では、彼を主人公にした新シナリオ“アクターレ編”を追加収録。シリーズ屈指の勘違いキャラクターが主人公のストーリーは、いったいどんなものになるのであろうか……?



 

アクターレ
声:檜山修之

元・人気ダークヒーロー。かつては、テレビに映画に大活躍だったが、いまは人気も下火でローカルの旅番組のレポーターの仕事をしている。本人は、まだまだ人気者だと思い込んでいるので、勘違いした行動をとって周囲に迷惑をかけることもしばしば。




●汎用キャラクター&追加キャラクター

 ストーリー本編には関わらないものの、戦闘で重要な役割を担う汎用キャラクター。本作では、プレイステーション2版のキャラクターたちに加えて、新たに複数の職業が追加されている。

侍(女)

剣の扱いに特化した人間型キャラクター



デスサーベル

最大の武器は見た目や動作のかわいらしさ?




 さらに、新加入のキャラクターも紹介しよう。プレイステーション2版では、“エキストラステージ”に登場し、個性的な活躍を見せてきたキャラクターたちが、PSP版ではイベント戦闘に勝利することで仲間にすることができる。使用可能なキャラクターは、ゼタや魔王プリエ、中ボスなど多くのキャラクターが追加されるようだ。

ゼタ


 

魔王プリエ



中ボス



●特殊技+α

 PSPへの移植にともない、新たに武器固有技や新魔法も追加。各武器ごとに固有技が追加されたほか、魔法には過去シリーズでの最上級魔法“テラ魔法”を超える新魔法が新たに組み込まれている。

弓の新技“弩炎竜


槍の新技“ブリュンヒルデ”



水属性の最上級魔法“ペタクール”

 

魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE

日本一ソフトウェア
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2009年3月26日発売予定
価格 5229円[税込]
ジャンル シミュレーション・RPG / ファンタジー
備考 初回限定版は7329円[税込]、“復刻版サウンドトラックCD2枚”、“新BGMとボーカル曲を収録したマキシシングルCD”同梱

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『World of Tanks Console』架空戦記が楽しめる!? ストーリー形式コンテンツ“WAR STORIES”が8月22日に実装

オンラインタンクバトル『World of Tanks Console』に、2017年8月22日に新コンテンツ“WAR STORIES”が実装される。その概要が明らかとなった。

『プチコン3号 Smile BASIC』が欧州やオーストラリア、ニュージーランドなど33地域に向けて配信開始

スマイルブームは、ニンテンドー3DSシリーズ専用ソフト『プチコン3号 Smile BASIC』を、2017年8月17日に欧州およびオーストラリア、ニュージーランドを含む33の地域に向けてNintendo eShopでのオンライン販売を開始した。

『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できるコンテンツが“なぞともカフェ”に登場! 先行体験リポートをお届け

一人称スリラーアドベンチャーゲーム『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できる謎ときコンテンツが、謎とき体験施設“なぞともカフェ”、“スペースクリエイト 自遊空間”で、2017年8月18日よりスタートする。一般公開に先駆けて体験したリポートをお届け。

『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』8月23日開催の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”の詳細が判明 スペシャルゲストは小島よしお

ワーナー ブラザース ジャパンは発売中のプレイステーション4用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”において、決勝大会への進出チームと8月23日に行われる決勝大会の詳細を発表した。

プレイステーション4、システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”が配信決定

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション4の次回の大型システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”を、日本国内向けにて提供することを発表した。

ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー&イケメンさん 2017年版【ChinaJoy 2017】

ChinaJoyにおけるファミ通.comの恒例企画、“ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー”をお届け。今年はプラスアルファもあります!

記憶を消してもう1回遊びたい衝撃作『UNDERTALE』プレイインプレッション

2017年8月16日に配信を開始した話題のインディーゲーム『UNDERTALE』のプレイインプレッションをお届けする。

『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”リポート “3+1”が生み出した新たな対戦セオリー

2017年8月6日、東京、バンダイナムコ未来研究所にて、バンダイのデータカードダス、『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”が開催された。ここではその大会結果とイベントの模様をお届けする。

第36回浅草サンバカーニバルにガンホー・アミーゴスが参戦! ダンスも音楽もパワーアップして浅草の街に降臨!

2017年8月17日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、8月26日に開催される“第36回浅草サンバカーニバル”に出場することを発表した。