携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『ディシディア ファイナルファンタジー』あの魔導士も参戦

2008/12/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

破壊的魔道士が『FFXI』から参戦!!

 

 歴代『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)のキャラクターが結集する対戦アクションゲーム、『ディシディア FF』。発売直前の本作の情報を、たっぷりとお届しよう。まずは、『FFXI』からの参戦が発表されたシャントットの情報から公開。シャントットと言えば、キュートな外見からは想像もつかないような強大な魔力と、周囲を振り回す強引な性格とで、『FFXI』プレイヤーから愛されつつも恐れられている存在。本作では、どうやらコスモス側の戦士として戦うようだが、はたしてその経緯は……?


 

Shantotto
シャントット
(声:林原めぐみ)

その気位は“ユタンガ火山”より高く、気性は“グスタベルグ山脈”よりも荒削りと言われる魔道士。バトル監修の高橋光則氏いわく、「開発コンセプトは“レベルアップマジック”。ブレイブの大きさに応じて、出る魔法が変化します。使いこなすためにはブレイブの仕組みを理解している必要があり、熟練者向けと言えますね。なお、全キャラ中で唯一、HP攻撃を連続で出すコンボが使えます。ただし、HP攻撃はかなり当てづらいですよ」とのこと。




シャントットは、大幅にパワーアップする“EXモード”を発動すると“魔力の泉”を実行。HP攻撃を当ててもブレイブが減らないという凶悪仕様になる。さらに、必殺技である“EXバースト”では、上級魔法を連続詠唱。呪文を詠唱する順番によって、与えるダメージが変化するようだ。そしてもちろん、最後は高笑い!


激しくぶつかり合うバトルの幕間にあって見逃せないのが“クロスイベント”だ。『FF』シリーズの登場人物たちの想いが交錯し、人間模様が織りなされ、やがて『ディシディア FF』オリジナルの大きなドラマへと集約されていくぞ。


バトルは通常のアクションバトルだけでなく、“コマンドバトル”で遊ぶこともできる。この方式なら、アクションが苦手な人でも、リストからコマンドを選ぶだけで、キャラクターを思いのままに操れるのだ。コマンドバトルだけでストーリーをクリアーすることも可能!


『ディシディア FF』には、メモリースティックにゲームデータをインストールするだけでなく、バトル内容を保存する“リプレイ保存”という機能がついている。バトルを再生するだけでなく、かなり細かな編集まで可能だ。avi形式でファイルを書き出せるぞ。


通信対戦をしていると、まれに“アーティファクト”と呼ばれるアイテムを入手できる。アーティファクトはリネームする(名前をつける)ことが可能で、リネーム時に特殊効果が付加されるのだ。多くのプレイヤーの手を渡ったアーティファクトほど、リネームしたときに優秀な特殊効果を備えやすくなるぞ。なお、通常の通信対戦でも、プレイステーション3を介した“アドホック・パーティー”での対戦でも、アーティファクト入手が可能だ。


ミュージアムには、キャラクターの詳しいプロフィールなどを確認できる図鑑や、ゲーム中のムービーを閲覧できるシアターなど、多彩な情報が詰め込まれている。フレンドカードに設定するアイコンの一覧も確認可能。なかにはかなりマニアックなアイコンもあり、ディープな『FF』ファンにはたまらない!




 

ディシディア ファイナルファンタジー

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2008年12月18日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アクション / ファンタジー
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応、ディシディア ファイナルファンタジー -ファイナルファンタジー 20thアニバーサリー リミテッド-は25890円[税込]、プレイステーション・ポータブル同梱、シニアディレクター:荒川 健、プランニングディレクター:高橋光則、クリエイティブプロデューサー/キャラクターデザイン:野村哲也、シネマティクスムービープロデューサー:野末武志、コンポーザー:石元丈晴、プロデューサー:北瀬佳範

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15〜4/21】

今週(2024/4/15〜4/21)に発売される注目のタイトルをピックアップして紹介。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版やPS5『ARK: Survival Ascended』パッケージ版、スマホ向けRPG『ビックリマン・ワンダーコレクション』などがリリースされる。

加隈亜衣、阿座上洋平が出演の短編ADV『つばめの世代』制作クラウドファンディングが5月1日より開始。アンドロイドの少女と人間による笑いと感動の物語

同人ノベルゲーム制作サークル・PECOLIENによるPC(Steam)用ビジュアルノベルゲーム『つばめの世代』の制作支援クラウドファンディングが、2024年5月1日から6月30日にかけて開催となる。

『星のカービィ 鏡の大迷宮』20周年。探索型アクションのような自由な冒険が4人で楽しめた、異色の名作【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2004年(平成16年)4月15日は、ゲームボーイアドバンス用『星のカービィ 鏡の大迷宮』が発売された日。

『VALORANT』有観客イベント“RAGE VALORANT 2024 feat.VSPO!”にうぉっかが出演。来場者特典や会場内コンテンツなど追加情報も公開

RAGEは、2024年4月29日(月・祝)開催の『VALORANT』の大型有観客イベント“RAGE VALORANT 2024 feat.VSPO!”について、来場者特典や出演者、会場内コンテンツなどの追加情報を公開した。

ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい

2024年4月15日にネコ型配膳ロボット“BellaBot(ベラボット)”の公式ファンブックが発売。付録はビッグサイズのペーパークラフト。

【ホロライブ】holoXの極楽湯コラボが4月25日より開催。浴衣&風呂上がり姿のグッズ販売、博衣こよりのマヨオムライスなどコラボメニューも

2024年4月25日(木)より、極楽湯と女性VTuberグループ“ホロライブ”の秘密結社holoX(6期生)とのコラボキャンペーン“フロライフ”が開催。

『南国少年パプワくん』タンノくんのポーチがカプセルトイ自販機で発売。カラーは鯛色、すもも色、たいやき色など6種を展開

フュージーは、『南国少年パプワくん』に登場するタンノくんをポーチにした“愛おしいタンノくんのめでたいポーチ”を、2024年4月上旬より全国のカプセルトイ自販機で発売する。価格は1回400円[税込]。

『恋にはあまえが必要です』『HOOKSOFT 5作品セット』3Dクリスタルセットが予約開始。クリスタルは藍城満留のデザイン。エビテン限定でアクリルキーホルダーも

エビテンにて、Nintendo Switch向け『恋にはあまえが必要です』、『HOOKSOFT 5作品セット』3Dクリスタルセットの予約受付がスタート。

Shure、配信などに便利なマイク『MV7+ポッドキャストマイクロホン』を発売。強化されたオートレベルモードや破裂音の除去など、5つの新機能を搭載

SHUREは、2020年11月2日に発売された“MV7ポッドキャストマイクロホン”の進化版『MV7+ポッドキャストマイクロホン』を2024年4月10日に発売した。

Switch/PS4『ライブラリー・オブ・ルイナ』家庭用版限定の日本語ボイスが聴ける最新映像が公開。長谷川育美、武内駿輔、高森奈津美らが出演

アークシステムワークスは、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4(PS4)版『Library Of Ruina』(ライブラリー・オブ・ルイナ)のプロモーショントレーラーを公開した。