携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『サモンナイトX 〜Tears Crown〜』最新作はRPGで登場

2008/11/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

ついにRPG化実現『サモンナイト』の新章始動


 シミュレーションRPGとして定評のある『サモンナイト』シリーズが、本格RPGになって登場する。かわいらしいキャラクターと奥深いストーリー、ファンタジー感覚が盛りだくさんの細かな設定などで、これまで多くのファンを魅了してきた本シリーズ。それだけに、待望の改革と言えそうだ。また、人気の高いゲームシステムをジャンルに合わせて再構築することで、さらなるおもしろさを追求しているという。そんな最新作の概要を紹介しよう。

 

これまでのシリーズの歴史を取り入れた完全オリジナル作品に

『サモンナイト』シリーズは、外伝を含めると過去9作品(移植作は含まず)が発売されている。作品によって登場人物や訪れる地域は異なるが、リィンバウムという統一された世界が舞台だった。本作では、それとは異なる別次元の世界で物語が展開される。これまでシリーズを手掛けたフライト・プランに加え、『ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウィング』などを手掛けたシンク・アンド・フィールが制作を担当。シリーズでおなじみのシステムも登場するのでファンはもちろん注目だ。


物語の舞台となる地“ルーンハイム”は、巨大な大陸を大気が包み込む不思議な世界だ。





●新たなアイデアやシリーズでの人気システムなどが盛りだくさん

 本格RPGになったらシステム面はどうなるのか。ゲーム画面で目を惹くのが、ニンテンドーDSの上下画面を活かした戦闘画面だ。ふたつの画面はつながって表示され、空中と地上の概念がある。また、フィールド上の物や地形を利用して戦うという新要素にも注目しよう。さらに、シリーズを踏襲した召喚獣のシステムや、“夜会話”のシステムも搭載されている。戦闘のかけ声や物語中の特定のキャラクターのセリフは、パートボイス使用。豪華声優陣の声が入る。

 

主人公は男女から選べる

主人公は男のディランと女のファラから選べる。ふたりは行動をともにすることになるので、“ヒーローとヒロインのどちらの視点で物語を楽しむか?”ということになる。


男主人公
ディラン(ディラン・ウィル・デルティアナ)
声:福山 潤

デルティアナ帝国の皇子。休戦協定の人質交換で、帝国を離れ王国へやって来る。10年間を王国で過ごすうちに、人間と異なる種族のランカスタを迫害する帝国に疑問を覚える。穏やかだが、自分の正義を貫く意志を持つ。


女主人公
ファラ(ファラ・ミール・セレスティア)
声:茅原実里

セレスティア王国の王女。ランカスタ族と共存する王国で生まれ育ったため、彼らへの偏見はない。心やさしく、人質として王国へ来たディランの心を癒す。召喚獣ムームーの言葉を理解する特技を持つ。



バトルの基本
戦闘は上下画面同時表示で展開

戦闘画面は、上下2画面の両方を使って表示される。空を飛べるキャラクターは空のある上画面で、飛べないキャラクターは地上の下画面で戦うことになる。ターンが回ってきたキャラクターから攻撃や防御などを始めとした各種行動ができる。召喚獣を呼び出す召喚魔法も使える。


ギミックシステム
フィールド上の地形を活用して戦う

戦闘画面のフィールド上にある特別な地形や物をギミックと呼び、これらを利用して戦えるシステムを搭載。ギミックは川などの地形や、草などの物のほか、多種存在する。たとえばフィールド上に“爆弾草”が置かれていたら、それを攻撃すると、破裂して周囲にダメージを与えられるといった具合だ。


夜会話システム
仲間と会話して絆を深めると
いいことが

シリーズで好評な“夜会話”システム。ゲームを進行させているうちに夜になると、仲間のうちの誰かを選んで会話ができる。会話の内容や回数などによって絆が深まり、信頼度が高まる。それによってゲーム中にいい影響が……。サブイベントの役割も兼ねているので必見だ。





●物語

 10年まえ、召喚戦争と呼ばれる戦いを続けていたセレスティア王国とデルティアナ帝国。疲弊した両国は、ハーディン砦の橋で王子を人質交換をし、休戦協定を結んだ。ノイン王子とディラン皇子は、人質として敵国で10年を過ごす。人質交換から10年が経ち、帰国の日が迫る。帝国の皇子ディランは、セレスティア王国になじんでいたが、母国へ帰還。だが、父の王国侵攻作戦を知り、危機が迫る王国へと走るのだった。


10年ぶりに両国のあいだのハーディン砦を通り、王子たちは帰還。


帝国へ戻ったディランは、王国へ侵攻せんとする父の野望に反抗。





※詳しくは週刊ファミ通2008年12月12日増刊号(2008年11月28日発売)をチェック!!

サモンナイトX 〜Tears Crown〜

バンダイナムコゲームス
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2009年2月12日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 企画:フライト・プラン、開発:シンク・アンド・フィール

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

フィギュアとゲームが融合した新種のエンターテイメント! 『スターリンク バトル・フォー・アトラス』プレイ&ステージリポート【UBIDAY2018】

2018年10月14日に東京・ベルサール秋葉原にて開催された”UBIDAY2018”。ステージイベントでは発売日も公開され、ひときわ注目を集めていた『スターリンクバトル・フォー・アトラス』について、会場でのプレイレビューとステージイベントの模様をリポートする。

【技動画あり】クラウドのリフレッシュや、観戦機能の拡充など新情報満載! “【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”速報

2018年10月15日の20時よりYouTubeにて配信された“【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”。この放送で公開された、AC版『ディシディア ファイナルファンタジー』と、PS4版『ディシディア ファイナルファンタジー NT』のアップデートの情報を総括。

トレーナーたちを巻き込んだ演出で会場が熱狂の渦に! 『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”リポート

2018年10月14日、千葉県・幕張メッセにて、『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”が開催された。

【ストV AE】「SEAM2018」アジア地域決勝大会はガチくんが優勝!【CPT】

2018年10月13日、14日にシンガポールで開催された格闘ゲーム大会“South East Asia Major 2018(SEAM2018)”。13日に地域オープン大会が、14日にはアジア地域決勝大会が実施された。

ブラック・ジャック、アトム、火の鳥が萌えキャラに。手塚治虫キャラ美少女化プロジェクトのスマホ向け新作ゲーム『絵師神の絆』ティザーサイトオープン

コンパイルハートが制作し、フォワードワークスが配信する、iOS/Android用ソフト『絵師神の絆』のティザーサイトがオープンした。

ガストカレンダー2019年版が登場。『アトリエ』シリーズなどの描き下ろしイラスト満載!

コーエーテクモゲームスは、“ガストカレンダー2019”の予約受付を、ガストショップにて開始した。

『金色のコルダ オクターヴ』攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルやイベントスチル、リズムアクションの詳細などの最新情報が公開

コーエーテクモゲームスは、2019年2月14日発売予定のプレイステーション Vita、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『金色のコルダ オクターヴ』について、攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルなどを公開した。

『ドラゴンクエストビルダーズ2』“ビルダー体験ツアー”で新たな冒険の舞台などの新情報が明らかに!

千葉県・イオンモール幕張新都心で行われた、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の先行試遊イベント“ビルダー体験ツアー2018”。ここで判明した新情報などをまとめてお届け!

クッパのイメージはスッポン。任天堂のキャラクタービジュアルの礎を作った、小田部羊一氏がみずからの仕事をふり返る

2018年10月13日(土)、京都国際マンガミュージアムにて“小田部羊一氏トークショー 〜ハイジからチエ、そしてマリオへ〜”が開催された。数々の名作アニメーションを手掛けたのち、任天堂に活動の場を移し、『マリオ』を始めとしたキャラクターを監修した小田部氏の創作活動をふり返る、この貴重なイベントをリポートする。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙 2018 夏”人気ナンバー1アニメは『はたらく細胞』、キャラクターは“血小板”に決定!

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス“niconico”で、2018年夏アニメ作品の中から、人気ナンバー1 アニメ作品と人気ナンバー1 アニメキャラを選ぶニコニコアンケートを2018年10月13日18時〜22時まで実施。13万7073人の回答があった本アンケートにおいて、もっともおもしろかった夏アニメは『はたらく細胞』、好きなアニメキャラクターは“血小板(『はたらく細胞』)”となった。