携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

機体別攻略 ガンダム試作3号機『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』

2008/12/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●機体別攻略スタート!

2008年11月20日に発売されたプレイステーション・ポータブル用ソフト『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』。本作には、新旧さまざまな『ガンダム』シリーズから、主役級のモビルスーツが登場し、熱い戦いをくり広げるのだ。登場する機体数は、隠しユニットを含めて全37機。ファミ通.comは、全37機の基本性能、立ち回りなどをシリーズを始めてプレイする人にもわかるように丁寧に解説! これでキミもエースパイロットだ!

 

ガンダム試作3号機(機体コスト:2000、耐久力:600)

●基本的な立ち回り

メイン射撃を始め、サブ射撃、特殊射撃と使いやすい援護攻撃が揃っている。確実に当たる場合はメイン射撃を、けん制として敵機にプレッシャーを与えたい場合はサブ射撃か特殊射撃を使っていくといい。メイン射撃や地上ステップ格闘を当てて、近距離でダウンを奪ったら特殊射撃を相手の起き上がりに重ねるのも有効。特殊格闘は、一定の距離を+ボタンを入力した方向に移動しながら、通過した場所を爆破する攻撃。ブーストゲージがあれば使用することができ、ほとんどの攻撃から特殊格闘へとつなげることができる。着地の隙を分かりにくくするなど、さまざまな用途で使用可能なので、敵機に追い詰められたときも諦めずに戦おう。
 

武器データ

コマンド

ダメージ

弾数

リロード

ヒット時

キャンセル可能な攻撃

メイン射撃

120

16

全弾

ダウン

サブ射撃、特殊射撃、特殊格闘

サブ射撃

80

2

全弾

ダウン

特殊格闘

特殊射撃

70

2

全弾

ダウン

特殊格闘

格闘

90

-

-

よろけ

特殊格闘

空中格闘

90

-

-

よろけ

特殊格闘

ステップ格闘

90

-

-

よろけ

特殊格闘

空中ステップ格闘

90

-

-

よろけ

特殊格闘

ダッシュ格闘

100

-

-

よろけ

特殊格闘

特殊格闘

115

-

-

ダウン

-

 ※表の見かた(データはすべて編集部調べ)
 ・"ダメージは"、一度のコマンド入力で与えられるダメージです。弾を複数発射する攻撃は、当たりかたによってダメージが変化します。
 ・"リロード"の"単発"は1発ずつリロードするタイプ、"全弾"は全弾撃ちつくしてからリロード、"任意"はプレイヤーがリロードするタイプです。
 ・"ヒット時"は、攻撃が当たったときの敵機がどうなるかを示しており、"ダウン"なら1発当たればダウン、"よろけ"なら1発当たったときは敵機がよろけるのみ、"スタン"はヒット時に敵機が一定時間動けなくなります。"捕縛"は相手を一定時間捕らえることができます。
 ・"キャンセル"は、攻撃の直後にキャンセルして出せる攻撃を示しています。


●メイン射撃
2発のバズーカ攻撃を放つ。表示されている弾数は16発だが、2発ずつ使用するので実際に弾切れまでに撃てる回数は8回。リロードのスピードは速いのであまり気にする必要はないが、ここぞというときに弾切れを起こすような事態は避けよう。

ガンダム試作3号機

 


●サブ射撃
自機の左前方にコンテナを呼び出し、ミサイルを数発放つ。動きを止めずに使用できるので、メイン射撃が弾切れになったときなどの牽制として使おう。

ガンダム試作3号機

 

 

●特殊射撃
自機の右前方にコンテナを呼び出し、一定距離を進むと破裂して敵機に攻撃するミサイルを放つ。弾数はサブ射撃、特殊射撃と共用。サブ射撃とは違い時間差で攻撃できるので、僚機との連携やダウンした敵機へと撃つことでプレッシャーを与えられる。

ガンダム試作3号機

 

●格闘
格闘ボタンの入力で3回攻撃になる。また、攻撃の2段目を+ボタン上と同時に入力すると派生格闘になる。通常の3段格闘のほうが使い勝手がいいので、基本的には派生ではない格闘を狙っていこう。

ガンダム試作3号機

 


●空中格闘
格闘ボタンの入力で3回攻撃になる。こちらも、攻撃の2段目を+ボタン上と同時に入力すると派生格闘になる。地上ニュートラル格闘と同じ感覚で使っていけるので、当てる機会は多い。

ガンダム試作3号機



●ステップ格闘
格闘ボタンの入力で2回攻撃になる。確実にダウンが奪える格闘なので、ヒットさせたら特殊射撃で起き上がりを攻めるのが有効。

ガンダム試作3号機



●空中ステップ格闘
格闘ボタンの入力で2回攻撃になる。ブーストゲージに余裕がある場合は特殊格闘を続けて出せば、敵の僚機に着地の隙を取られにくくなるのだ。

ガンダム試作3号機



●ダッシュ格闘
格闘ボタンの入力で2回攻撃になる。こちらも空中ステップ格闘と同様に、特殊格闘を出して着地の隙を取られないようにすること。

ガンダム試作3号機

 


●特殊格闘
+ボタンを入力した方向に飛んで移動しつつ、通過した場所を爆破する。地上、空中のどちらでも使用でき、爆破のダメージも高いので混戦状態ならばいきなり特殊格闘を使用するのもあり。また、メイン射撃をキャンセルして特殊格闘を出すことでトリッキーな動きが可能。相手を翻弄しよう。

ガンダム試作3号機

  

 
●モビルアシスト(弾数2)
2機のMSを呼び出し、移動しながら3回マシンガンで攻撃する。使用回数が少ないが、試作3号機自体の牽制能力が高いので出し惜しみせず使っていくといい。

ガンダム試作3号機

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム

バンダイナムコゲームス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2008年11月20日発売
価格 5040円[税込]
ジャンル アクション / アニメ・ロボット
備考 「ガンダムVS.ガンダム」プレミアムパックは24840円[税込]、プレイステーション・ポータブル、特製クロス同梱、開発:カプコン

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『すみっコぐらし 農園つくるんです』先行レビュー。のんびりまったりの農園生活で、かわいいが大豊作!

スマートフォン用農園ゲーム『すみっコぐらし 農園つくるんです』をひと足お先にプレイ! この秋は、すみっコたちが水やりしたり、パンを焼いたりする姿にほんわかしてみませんか。

“Amazonプライムビデオ”11月は『GANTZ PERFECT ANSWER』や『ボヘミアン・ラプソディ』などが配信。アニメの配信ラインアップも公開

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)は、2020年11月より追加される映画やアニメ作品を公開した。映画では、『GANTZ PERFECT ANSWER』や『ボヘミアン・ラプソディ』など話題作が続々。テレビアニメでは、『進撃の巨人』Season1〜Season3、『僕のヒーローアカデミア』第1期〜第4期などが配信される。

『Destruction AllStars』レースとアクションが融合したPS5タイトルが2021年2月発売に延期。ローンチから2ヶ月はPS Plus加入者に無料で配布へ

プレイステーション5のローンチタイトルとして発表されていた『Destruction AllStars』の発売延期が発表。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』と『ビックリマンチョコ』がコラボした“ダイの大冒険マンチョコ”が11月3日より発売

ロッテは、アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』と『ビックリマン』がコラボした新製品“ドラゴンクエスト ダイの大冒険マンチョコ”を2020年11月3日(火)より発売する。価格は100円[税抜]。

『ゴッド・オブ・ウォー』PS5ではPS4からのセーブデータ移行に対応。設定によっては最大60FPS(秒間60フレーム)動作も可能

PS4用アクションアドベンチャーゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』のPS5対応の内容が判明。

『FF零式』がPSPで発売された日。濃い仲間と奥深いアクション、そして死が隣り合わせのハードな戦争ドラマが魅力【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2011年(平成23年)10月27日は、プレイステーション・ポータブル用ソフト『ファイナルファンタジー零式』が、スクウェア・エニックスから発売された日です。

Facebookがクラウドゲーム進出を発表。家庭用ゲーム機やゲーミングPCを置き換えるのではない「すぐに遊べる」事に特化した内容

Facebookが新たなゲーム提供手段としてクラウドゲームを発表。まずは米国内の一部州を対象にAndroidとPC向けにベータ提供を行う。

『ワンダと巨像』PS2版が発売15周年。「最後の一撃は、せつない」のフレーズが有名な不朽の名作。知恵を絞って挑む巨像とのバトルが熱い【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2005年(平成17年)10月27日は、プレイステーション2用ソフト『ワンダと巨像』が発売された日。本日で発売から15周年を迎えた。

『ウォッチドッグス レギオン』開発者の発言から紐解くその魅力――“誰にでもなれる”というのはどんなゲームとも違い、想像以上に感情に訴える

オープンワールドアクション『ウォッチドッグス レギオン』発売に先駆けて開催されたオンラインイベントより、開発者たちの発言をピックアップしてお届け。