携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

機体別攻略 Zガンダム『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』

2008/11/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●機体別攻略スタート!

 

2008年11月20日に発売されたプレイステーション・ポータブル用ソフト『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』。本作には、新旧さまざまな『ガンダム』シリーズから、主役級のモビルスーツが登場し、熱い戦いをくり広げるのだ。登場する機体数は、隠しユニットを含めて全37機。ファミ通.comは、全37機の基本性能、立ち回りなどをシリーズを始めてプレイする人にもわかるように丁寧に解説! これでキミもエースパイロットだ!

 

Zガンダム(機体コスト:2000、耐久力:600)

●基本的な立ち回り

変形が可能で機動力が高いので、中距離からの援護役として戦うのが基本。ハイメガモードは一撃のダメージが高いものの、弾数が少ないため、相手がZガンダムに対する警戒心を薄めやすい。そこで役立つのがビーム・ライフルモード。手動リロードで、ほぼ無限に連射できるビーム・ライフルに加え、サブ射撃のグレネードも織り交ぜれば、射撃攻撃によるけん制力はかなりのものだ。接近された場合は、攻撃の発生が早くダウンを奪えるステップ格闘を使うといい。ダウンを奪ったら変形して相手との距離を離し、中距離戦へと持ち込もう。


 

武器データ(ハイメガモード時)

コマンド

ダメージ

弾数

リロード

ヒット時

キャンセル可能な攻撃

メイン射撃

140

2

単発

ダウン

-

チャージ射撃

160

-

-

ダウン

-

サブ射撃

10

50

全弾

-

-

特殊射撃

-

-

-

-

-

変形中メイン射撃

140

2

単発

ダウン

-

変形中チャージ射撃

80

-

-

ダウン

-

変形中サブ射撃

95

6

単発

よろけ

-

変形中特殊射撃

95

6

単発

よろけ

-

格闘

130

-

-

ダウン

特殊射撃、特殊格闘

空中格闘

100

-

-

ダウン

特殊射撃、特殊格闘

ステップ格闘

130

-

-

ダウン

特殊射撃、特殊格闘

空中ステップ格闘

130

-

-

ダウン

特殊射撃、特殊格闘

ダッシュ格闘

120

-

-

ダウン

特殊射撃、特殊格闘

特殊格闘

-

-

-

-

-

変形中特殊格闘

100

-

 

スタン

サブ射撃

体を通して出る力中の格闘

359

-

 -

ダウン

-

体を通して出る力中の変形格闘

400

-

 -

ダウン

-

 

武器データ(ライフルモード時)

コマンド

ダメージ

弾数

リロード

ヒット時

キャンセル可能な攻撃

メイン射撃

60

3

任意

よろけ

サブ射撃

チャージ射撃

120

-

-

スタン

-

サブ射撃

138

6

全弾

ダウン

-

特殊射撃

-

-

-

-

-

変形中メイン射撃

60

6

任意

よろけ

-

変形中チャージ射撃

60

-

-

スタン

-

変形中サブ射撃

95

6

単発

-

-

変形中特殊射撃

95

6

単発

-

-

格闘

120

-

-

よろけ

特殊射撃、特殊格闘

空中格闘

120

-

-

よろけ

特殊射撃、特殊格闘

ステップ格闘

100

-

-

ダウン

特殊射撃、特殊格闘

ダッシュ格闘

120

-

-

ダウン

特殊射撃、特殊格闘

特殊格闘

-

-

-

-

-

変形中特殊格闘

100

-

 

スタン

サブ射撃

体を通して出る力中の格闘

359

-

 

ダウン

-

体を通して出る力中の変形格闘

400

-

 

ダウン

-

 ※表の見かた(データはすべて編集部調べ)
 ・"ダメージは"、一度のコマンド入力で与えられるダメージです。弾を複数発射する攻撃は、当たりかたによってダメージが変化します。
 ・"リロード"の"単発"は1発ずつリロードするタイプ、"全弾"は全弾撃ちつくしてからリロード、"任意"はプレイヤーがリロードするタイプです。
 ・"ヒット時"は、攻撃が当たったときの敵機がどうなるかを示しており、"ダウン"なら1発当たればダウン、"よろけ"なら1発当たったときは敵機がよろけるのみ、"スタン"はヒット時に敵機が一定時間動けなくなります。
 ・"キャンセル"は、攻撃の直後にキャンセルして出せる攻撃を示しています。


●メイン射撃(ハイメガモード時)
ハイパーメガランチャーを撃つ。当たれば必ずダウンを奪えるうえダメージも高く弾速も速い優秀な射撃攻撃だ。ただし、撃ったあとの隙が大きめなので近距離戦では控えること。中距離以上で使っていこう。

Zガンダム

 
●チャージ射撃(ハイメガモード時)
ビーム・サーベルを相手に投げつけてる。弾速が早く誘導性能も高いので、メイン射撃の合間に織り交ぜてリロード時間を稼ぐといい。なお、ヒット時は相手を吹き飛ばすが、背後に障害物があった場合は相手を突き刺してしばらく拘束状態にできる。追撃が可能なので、忘れずに攻撃しよう。

Zガンダム

 
●サブ射撃(ハイメガモード時)
頭部からバルカンを撃つ。メイン射撃だけでは立ち回れないので、こちらも織り交ぜて戦っていこう。

Zガンダム


●変形中メイン射撃(ハイメガモード時)
ハイメガランチャーを正面に撃つ。ロックした相手を狙わずに正面しか撃てないので注意。

Zガンダム


●変形中チャージ射撃(ハイメガモード時)
正面にハイメガランチャーを飛ばす。こちらもメイン射撃同様、正面にしか飛ばせない。

Zガンダム


●変形中サブ射撃、特殊射撃(ハイメガモード時)
正面に2本のビームを撃つ。ボタンを押し続ければ3連射まで可能だ。特殊射撃では、サブ射撃と同じビームを自機の後方へと撃つ。

Zガンダム


●格闘(ハイメガモード時)
ハイメガランチャーで殴りかかる。追加入力しても追撃は出ず、単発技だ。移動距離が長く使いやすいが、ダメージは高くはない。

Zガンダム


●空中格闘(ハイメガモード時)

大きく前進してから、斬り上げを行う。再度格闘ボタンを押せば、相手を叩きつけるぞ。また、慣れが必要だが斬り上げを当てた瞬間に特殊射撃でライフルモードに切り替え、そのままビーム・ライフル時のニュートラル格闘に繋げられる。カッコイイうえにダメージも高いので、練習して使いこなそう。

Zガンダム



●ステップ格闘(ハイメガモード時、地上、空中)
大きく前進してハイメガランチャーで相手を斬りつける。攻撃を当てるまでの動作が速くリーチも長いので、非常に使いやすい。単発技で、後方に吹き飛ばしてダウンを奪えるので、相手の格闘を避けたときなどの反撃技として使うといい。

Zガンダム


●ダッシュ格闘(ハイメガモード時、地上、空中)
大きく前進して蹴りを当てる。単発技でダメージも低く、相手を大きく蹴り上げるので受身も取られてしまう。これを使える状況ならば、ステップ格闘を使っていくほうがいい。

Zガンダム

 


●特殊格闘(ハイメガモード、ライフルモード時)

瞬時に飛行形態へと変形。自機が向いている方向へ変形して移動する。

Zガンダム


●変形中特殊格闘(ハイメガモード、ライフルモード時)
変形したまま相手に突き刺さる。その後は、格闘や射撃で追撃が可能だ。ただし、射撃で追撃する場合は、ハイメガモード時のみにすること。ビーム・ライフルモード状態で射撃で追撃すると、低いダメージで相手をよろけさせるだけ。逆にピンチに陥ってしまうぞ。

Zガンダム


●体を通して出る力(ハイメガモード、ライフルモード時)
僚機が倒されると、Zガンダムが一定時間光りだし、スーパーアーマー状態になる。このときに格闘と変形中格闘を入力すると、専用の攻撃が出せる。

【格闘】

ビーム・サーベルを右から左に薙ぎ払い、当たった相手をスタン状態にする。そこから、大きく上に振りかぶって、ビーム・サーベルで相手を一刀両断。攻撃範囲が広いうえダメージもかなり高いので、チャンスがあれば狙っていきたい。ただし、避けられた場合は隙だらけでなので要注意。スーパーアーマー状態なので、ダウンすることなく相手の攻撃を食らい続けることになり危険だ。 

Zガンダム


【変形中特殊格闘】

通常時の変形中特殊格闘と同じく、相手に向かって突進して突き刺さる。こちらのほうが突進するスピードは速い。また、突き刺さったあとは、自機の耐久値を1にする代わりに、自機の減った耐久値分のダメージを相手に与える。相手の残り耐久値が少なかった場合は、減らした分だけ自機の耐久値が減少する。

Zガンダム



●メイン射撃(ライフルモード時)
ボタンを連打すると3連射が可能。また、リロードは手動で行えるので、弾切れを心配せずに撃てるのが強みだ。とはいえ、ダメージが低いので主力としては使いにくい。

Zガンダム

 
●チャージ射撃(ライフルモード時)
ロングビーム・サーベルを投げつける。当たった相手はスタンするので追撃が可能だ。また、近距離で当たった場合は射撃ボタンを追加入力することで相手を自機に引き寄せることができる。そこから格闘攻撃などで追撃が可能。

Zガンダム

 
●サブ射撃(ライフルモード時)
グレネードランチャーを撃つ。ホーミング性能が高く当てればダウンを奪えるので、単発でも便利な攻撃だ。

Zガンダム


●変形中メイン射撃(ライフルモード時)
正面にビーム・ライフルを撃つ。こちらは、ボタンを押し続けることで3連射ができるぞ。そのままボタンを押し続ければ、3連射後にチャージ射撃を撃つことも可能。

Zガンダム


●変形中サブ射撃、特殊射撃(ライフルモード時)
正面に2本のビームを撃つ。ボタンを押し続ければ3連射まで可能だ。特殊射撃では、サブ射撃と同じビームを自機の後方へと撃つ。

Zガンダム


 

●格闘(ライフルモード時、地上、空中)
ビーム・サーベルで斬りつけたあと、再度格闘ボタンを押すことで横になぎ払い相手を吹き飛ばす。攻撃を当てるまでの時間が短いので、相手のわずかな隙にも狙っていける。また、1段目を特殊射撃でキャンセルできるので、慣れればニュートラル格闘→特殊射撃でハイメガモード→ハイメガランチャーといったコンボもできるぞ。ただし、攻撃を外したときの隙は大きめ。とくに、地上のニュートラル格闘のほうが隙が大きいので、避けられた場合は反撃を覚悟すること。

Zガンダム



●ステップ格闘(ライフルモード時、地上、空中)
大きく前進して左手のシールドで相手を打ち上げる。再度格闘ボタンを押すと、右手のビーム・サーベルで突き刺して後方へ吹き飛ばす。攻撃を当てるまでの動作が非常に早く、頼りになる攻撃だ。ビーム・サーベルなどの攻撃に比べるとリーチは短めだが、シールドがない場合はシールドの代わりにビーム・サーベルを左手に持って攻撃するのでリーチが長くなる。

Zガンダム


●ダッシュ格闘(ライフルモード時、地上、空中)
ビーム・サーベルで相手を斬り払う。攻撃が当たるまでの時間は短いものの、ダメージは低め。狙う場合は、攻撃後にキャンセルして特殊射撃でハイメガモードに移行して格闘攻撃で追撃しよう。

Zガンダム

 



●モビルアシスト(弾数2)
発動時にビーム・ガンを発射し、以降は自機とともに行動。自機の射撃に合わせてビーム・ガンを撃ってくれる。モビルアシストとの波状攻撃はできないが、相手のモビルアシストを優先して攻撃してくれるので、攻撃よりも、相手のモビルアシスト潰しとして使っていくといい。

Zガンダム

 

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム

バンダイナムコゲームス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2008年11月20日発売
価格 5040円[税込]
ジャンル アクション / アニメ・ロボット
備考 「ガンダムVS.ガンダム」プレミアムパックは24840円[税込]、プレイステーション・ポータブル、特製クロス同梱、開発:カプコン

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“Amazonプライムビデオ”11月は『GANTZ PERFECT ANSWER』や『ボヘミアン・ラプソディ』などが配信。アニメの配信ラインアップも公開

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)は、2020年11月より追加される映画やアニメ作品を公開した。映画では、『GANTZ PERFECT ANSWER』や『ボヘミアン・ラプソディ』など話題作が続々。テレビアニメでは、『進撃の巨人』Season1〜Season3、『僕のヒーローアカデミア』第1期〜第4期などが配信される。

『Destruction AllStars』レースとアクションが融合したPS5タイトルが2021年2月発売に延期。ローンチから2ヶ月はPS Plus加入者に無料で配布へ

プレイステーション5のローンチタイトルとして発表されていた『Destruction AllStars』の発売延期が発表。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』と『ビックリマンチョコ』がコラボした“ダイの大冒険マンチョコ”が11月3日より発売

ロッテは、アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』と『ビックリマン』がコラボした新製品“ドラゴンクエスト ダイの大冒険マンチョコ”を2020年11月3日(火)より発売する。価格は100円[税抜]。

『ゴッド・オブ・ウォー』PS5ではPS4からのセーブデータ移行に対応。設定によっては最大60FPS(秒間60フレーム)動作も可能

PS4用アクションアドベンチャーゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』のPS5対応の内容が判明。

『FF零式』がPSPで発売された日。濃い仲間と奥深いアクション、そして死が隣り合わせのハードな戦争ドラマが魅力【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2011年(平成23年)10月27日は、プレイステーション・ポータブル用ソフト『ファイナルファンタジー零式』が、スクウェア・エニックスから発売された日です。

Facebookがクラウドゲーム進出を発表。家庭用ゲーム機やゲーミングPCを置き換えるのではない「すぐに遊べる」事に特化した内容

Facebookが新たなゲーム提供手段としてクラウドゲームを発表。まずは米国内の一部州を対象にAndroidとPC向けにベータ提供を行う。

『ワンダと巨像』PS2版が発売15周年。「最後の一撃は、せつない」のフレーズが有名な不朽の名作。知恵を絞って挑む巨像とのバトルが熱い【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2005年(平成17年)10月27日は、プレイステーション2用ソフト『ワンダと巨像』が発売された日。本日で発売から15周年を迎えた。

『ウォッチドッグス レギオン』開発者の発言から紐解くその魅力――“誰にでもなれる”というのはどんなゲームとも違い、想像以上に感情に訴える

オープンワールドアクション『ウォッチドッグス レギオン』発売に先駆けて開催されたオンラインイベントより、開発者たちの発言をピックアップしてお届け。

『ウォッチドッグス レギオン』開発者インタビュー。「チームの誰もが物語のヒーローに。追加キャラクター“エイデン・ピアース”では専用のセリフやスクリプトで物語を楽しめる」

2020年10月29日発売予定のオープンワールドアクション『ウォッチドッグス レギオン』。同作クリエイティブディレクターへのインタビューをお届けします!