携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『ドラゴンボールZ インフィニットワールド』あの名シーンを追体験せよ

2008/10/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●サイヤ人篇〜魔人ブウ篇、『ドラゴンボールGT』のストーリーを網羅した”ドラゴンミッション”モード

 

 世代を越えた人気を誇るアニメ『ドラゴンボールZ』を題材にした対戦格闘ゲーム最新作。本作のメインモード”ドラゴンミッション”は、原作の数々の名シーンを再現したモードだ。ミッションは、強敵とのバトルを始め、広大なフィールドを駆け回るアクションなど、豊富なバリエーションを用意。原作のエピソードを追体験しよう。

 

 

 

原作どおりの3Dフィールドを自由に駆け回れ

探索タイプのミッションでは、蛇の道やナメック星など、原作をもとに再現した広大なフィールドが登場。アイテム捜しや目的地の到達など、原作にあった内容のタイムトライアルに挑める。

 

あの名シーンを追体験できるなりきりアクション

原作の印象的なエピソードを、なりきりアクションで再現! 天津飯やフリーザなどになりきり、原作のシチュエーションを自分で楽しめる。

 

 

 ※詳しくは週刊ファミ通2008年月10月17日号(2008年10月3日発売)をチェック!!

ドラゴンボールZ インフィニットワールド

バンダイナムコゲームス
対応機種 プレイステーション2
発売日 2008年12月4日発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / アニメ・格闘
備考 プロデューサー:三戸 亮、開発:ディンプス

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第170回 提督と、地中海の風と雨

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』編も後半戦に突入、あの海外艦の故郷を目指せ!!

学園ファンタジーものアクションRPG『Ar:pieL』の日本サービスが決定

2017年10月20日、WeMade OnlineとNHN ハンゲームは、学園生活が楽しめるPC用ファンタジーアクションRPG『Ar:pieL』(アルピエル)の日本サービスについて発表した。