携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

アーケードに先駆けて、新規モビルスーツが登場!!『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』

2008/9/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●歴代シリーズの主要モビルスーツが集結!! 最強は誰だ!?

 

 アーケードで絶賛稼動中の『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』がPSPに移植! このゲームは、2001年にアーケードで登場した『機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン』の流れを汲む、『VS.』シリーズの最新作となる。本作には、初代『機動戦士ガンダム』から『機動戦士ガンダム00』まで、全16作品の代表的なモビルスーツを収録。新旧入り乱れての熱いバトルがくり広げられる! 今回は、基本システムの解説とともにいくつかの機体を紹介しよう。

 

ガンダム試作1号機
フルバーニアン
機体コスト:2000

地球連邦軍の試作汎用機。最大の特徴は、出撃時はガンダム試作1号機で、一度撃墜されると以降はフルバーニアンで出撃する点。2機分の性能を覚える必要がある。

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

まずは、ガンダム試作1号機で出撃。シンプルな武装が多いので、扱いやすそうだ。

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

撃墜後は、フルバーニアンで再出撃。フルバーニアンと言えば、機動性の高さがウリのひとつ。本作でも、ブーストやステップ時に、その機動性を発揮してくれるはず!

 

デスティニーガンダム
機体コスト:3000

劇中の終盤で、シン・アスカが乗り込んだ機体。遠距離から近距離まで、どんな局面でも高い能力を発揮する。

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

射撃、格闘ともに高いレベルでこなせる高性能機。なお、特殊射撃のコマンドを入れると、残像を発生させながら高速で移動できる。相手の懐に潜り込むべし!!

 

ケンプファー
機体コスト:1000

ジオン軍が開発した、試作型強襲用モビルスーツ。全身に数々の実弾兵器を装備し、高い火力を持つ。

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ショットガン、バズーカ、チェーン・マインなど、多数の実弾兵器を装備している。

 

ガンキャノン
機体コスト:1000

ガンダム、ガンタンクとともに戦った、一年戦争の名機。パンチなどの格闘もできるが、やはり中距離での射撃戦が真骨頂。

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

ガンダムVS

肩のキャノンでの砲撃などのほか、特殊格闘のコマンドでは、巨大な岩を投げつける攻撃を行う。

 
 ※詳しくは週刊ファミ通2008年月10月3日号(2008年9月19日発売)をチェック!! 

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム

バンダイナムコゲームス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2008年11月20日発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル アクション / アニメ・ロボット
備考 プレイステーション・ポータブル同梱版は24840円[税込]、開発:カプコン

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

「本気で100万本売る気だった」シシララ安藤氏と『ストライダー飛竜』の四井氏が『鈴木爆発』を語る【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ゲームディレクターの四井浩一氏とゲームプロデューサーの安藤武博氏が登壇。“『鈴木爆発』『ストライダー飛竜』通好みのゲームはどのようにつくられるのか?”というテーマで対談した。

吟遊詩人と機工士のキャスト動作が撤廃に! 『FFXIV』第36回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の最新情報が発表されるプロデューサーレターLIVEが、2017年5月23日にオン・エア。この日に公開された、次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』におけるバトルシステム調整の中身をお伝えする。

『ディシディアFF』公式全国オンライン大会の詳細が続々と明らかに! “『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”速報

2017年5月23日より、ニコニコ生放送とYouTubeで配信された“『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”。この夏をさらにアツくさせる“公式全国オンライン大会2017”の詳細が、こちらの放送にて発表された。本記事では、放送で発表された情報をひとまとめにしてお届け。

『PixelJunk』シリーズ初のスマホゲーム『Eden Obscura』、カメラ機能を使った独創的なビジュアルを紹介【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、Q-Gamesのクリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏が登場し、『PixelJunk』シリーズ最新作の『Eden Obscura』を紹介した。

『バイオハザード』&『ストリートファイター』&『ロックマン』のデフォルメフィギュア“POP!”に親しみやすい日本版パッケージが登場

アメリカの玩具メーカー、ファンコ社が展開するデフォルメフィギュア“POP!”。その『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ロックマン』各シリーズにおいて、日本オリジナル仕様のパッケージが発売されることが公表された。ロゴやキャラクター名が日本仕様に変更されており、より親しみやすいデザインとなっている。なお『ストリートファイター』シリーズでは店舗限定のレアバージョンも登場予定だ。

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感する共感覚スーツがさらに進化! “シナスタジアスーツ2.0”プレス体験会リポート

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感できる“シナスタジアスーツ2.0”のプレス体験会のリポートをお届けする。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が2017年秋にPS4、Xbox One、PCで発売決定 公式リリースが到着

カプコンは、オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』生誕5周年を迎えるアニバーサリーイヤーの2017年に、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』をプレイステーション4、Xbox One、PCにて発売することを発表した。

RazerとBungieがパートナーシップを結託、『Destiny 2』仕様のChromaキーボードやDeathAdder Eliteマウスが発売決定

Razerは、Bungieとのパートナシップ結託を発表。Bungie開発によるアクティビジョンのFPS『Destiny 2』をテーマとした製品シリーズを発売することを発表した。

園子温監督と『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏とのスペシャル対談が“セガなま”で公開

セガゲームスは、2017年5月30日20時55分より、バラエティー番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の2017年5月放送回を、ニコニコ生放送、FRESH!、Youtube Liveにて配信する。

『Destiny 2』クルーシブル(PvP)の新ルール“Cowntdown”の実機プレイ動画をお届け。4v4の爆破系マッチ

アクティビジョンが先週ロサンゼルス近郊で行った『Destiny 2』のイベントから、対人戦モード“クルーシブル”の新ルールのプレイ動画をお届けする。