携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『デススマイルズ』ケイブのシューティングゲームがXbox 360で登場

2008/9/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

異世界の王国で少女たちの戦いが始まる


 アーケードの横スクロールシューティングゲーム、『デススマイルズ』。本作は幻想的なの世界設定と戦略性の高さが魅力の作品だ。2007年10月の稼動開始以来高い人気を維持し続けている同作品が、多数の新要素を加えてXbox 360に登場する。



初心者から上級者まで腕に合わせて楽しめる

ステージごとに難度を選択可。誰もが自身の腕に応じた楽しさを見出せる。また、自機の左右にショットを撃ち分けられる独特のシステムを採用。敵の配置にも、同システムの特徴を活かした工夫が見られる。


オンラインで協力プレイが可能

Xbox LIVEを利用した協力プレイやオンラインランキング、リプレイ保存&再生機能など、本作には、アーケード版にはない多数の追加要素が搭載されている。なかでも、とくに凝っているのは協力プレイ。両プレイヤーが選んだ自機の組み合わせによって、異なる掛け合い演出が楽しめる。



プレイヤーキャラクター1
風使い ウィンディア

ロンドンの中流家庭で育った13歳の女の子。恥ずかしがり屋の泣き虫で、ずっと子供のままでいたいと思っている。ジルバラードに迷い込んだことで、”風使い”としての力に覚醒。エンジェルとしては未熟であるにも関わらず、魔物との戦いに借り出されることになる。


プレイヤーキャラクター2
死霊使い キャスパー

6歳のときにベルリンからジルバラードにやってきた少女。ロストチルドレンになった理由は不明。エンジェルの中でも最上級の力を持つ”死霊使い”として目覚めている。わがままで他者と打ち解けるのが苦手な性格だが、じつは4人の中でもっとも愛情に飢えている。


プレイヤーキャラクター3
炎使い フォレット

10歳のころ増水した川に流され、パリからジルバラードにやってきた少女。もとの世界で寒い思いをしたせいか、すぐに”炎使い”としての力に目覚めている。部屋にこもって本を読むのが好きな引きこもりで、魔法を極めたいまでもつねに魔導書を参考にする癖がある。


プレイヤーキャラクター4
精霊使い ローザ

8歳のときに交通事故に巻き込まれ、瀕死の状態でジルバラードを訪れたシカゴ出身の少女。ディオールの魔法によって一命を取り止め、”精霊使い”としての覚醒を果たす。エンジェルの中でもっとも長い時間をジルバラードで過ごしている、みんなのリーダー的存在。



仕掛けと敵に満ちたステージ群

ゲームは3つの章で構成されており、各章は1幕と2幕の2部構成になっている。1幕、2幕には、それぞれA〜Cの3種類のステージが用意されており、プレイヤーは各幕ごとにA〜Cのうちひとつを選んで攻略していくことになる。そして、第1〜3章の計6ステージをクリアーすると、最終章に挑戦可能。最終ステージの最深部でボスを倒すと、ゲームクリアーとなる。


ステージの最後にボスが登場

各ステージのラストで待ちかまえているボスキャラクターも、個性派揃いだ。なかでも注目は、”底なし沼の魔女”ステージのボス、サキュラ。彼女はウィンディアの幼なじみ。病床の母のために、やむなく魔女として戦っている。





※詳しくは週刊ファミ通2008年9月12日号(2008年8月29日発売)をチェック!!

 

 

デススマイルズ

ケイブ
対応機種 Xbox 360
発売日 2009年春発売予定
価格 価格未定
ジャンル シューティング / アクション
備考 Xbox LIVE対応

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Bloodstained: Ritual of the Night』の進捗状況は20〜30%! 五十嵐孝司氏作品初の日本人キャラが登場【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ArtPlay代表取締役のIGAこと五十嵐孝司氏が登場し、『Bloodstained: Ritual of the Night』のキャラクターを紹介した。講演後のインタビューの模様もお届けする。

『青木瑠璃子のI have Controller』、2017年6月5日回は三宅麻理恵さんと『PUBG』、2017年6月19日回は福原綾香さんがゲスト!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

『ドウクツジマ』懐かしくてやさしいアクションゲームだぜ!! インタビュー完全版も掲載【とっておきインディーVol.121】

古今東西のキラリと光るインデ ィーゲームを紹介。今週は、『プ チコン3号 SmileBASIC 』で 制作された注目作をお届け。

北米人気アーケード専用ゲーム『killer Queen』開発者が直面した、インディーゲーム開発者の金銭的問題や社会的問題【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”が開催。同イベントにて、アーケード専用ゲーム『killer Queen』を手掛ける、BumbleBear Games CEO/ゲームデザイナーのNikita Mikros氏によるセッションが行われた。その内容をお届けする。

【E3 2017】各社カンファレンススケジュールまとめ

毎年6月に開催されている、世界最大級のゲームの見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)。本稿では、各ゲームメーカーのプレスカンファレンスのスケジュールをまとめてお伝えする。

『スプラトゥーン2』ヒーローモードの敵キャラクター“オクタリアン”の情報が公開

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ひとり用モード“ヒーローモード”の敵キャラクターとして登場するタコ軍団“オクタリアン”の情報を公開した。

『マリシアス フォールン』のアルヴィオン乃一文香氏が語る「オリジナルゲームに挑戦し続けている理由」【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、アルヴィオンのジェネラルマネージャー乃一文香氏が登場し、“オリジナルゲームに挑戦し続けている理由”というテーマで講演を行なった。

『エースコンバット インフィニティ』3周年記念キャンペーン開催、イベント情報やプレゼントなど

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション3向けオンライン専用タイトル『エースコンバット インフィニティ』について、3周年記念キャンペーンの情報を公開した。

『リーグ・オブ・レジェンド』“LJL Challenger Series”2017年夏季シーズンの参加チーム募集がスタート

2017年5月22日、ライアットゲームズはPC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』において、“LJL Challenger Series 2017 Summer Split”のチーム募集を開始した。

“アトリエ20周年記念”等身大タペストリーキャラクター人気投票第1弾の結果発表!

コーエーテクモゲームスは、『アトリエ』シリーズが20周年を迎えることを記念した“等身大タペストリー”キャラクター人気投票第1弾を開催し、その結果を発表。人気投票で選ばれた上位3名のキャラクターのタペストリーの受注を開始した。