携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

落ちゲーではなく打ち上げゲー『メテオスウォーズ』

2008/9/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 ●ブロックをそろえて大気圏外へ打ち上げよう

 

 2005年にニンテンドーDSで発売されたパズルゲーム『メテオス』がXbox 360で配信決定。このパズルのルールは、画面内に降ってくるブロックを3つ以上そろえて点火させ、打ち上げていくというもの。打ち上げたブロックは、相手のフィールドに飛ばして攻撃することができる。しかし、大量のブロックを打ち上げようとすると失速して落ちてきてしまう。再点火をくり返して、ブロックを上手に相手のフィールドに飛ばそう。

 

 

 

ストーリー

宇宙の星たちが、たったひとつの惑星によって危機におちた。

暴走する悲劇の惑星。その名は“惑星メテオス”。

メテオスから無限に放出される変幻自在の物質群“メテオ”。

メテオは星たちに降り注ぎ、大地を飲み込み、圧殺する。


失われていく、宇宙の輝き。

そしてまた、新たな惑星が打ち砕かれようとしていた。

そのとき、偶然が起こった。

メテオは同じ種類で連結すると、核融合して打ち上がっていく。

その運動エネルギーで、ほかのメテオを宇宙に吹き飛ばす。


防衛作戦が始まった。

各惑星で独自に展開される、メテオに対するカウンター攻撃。

さまざまな文明がいろいろな方法で、メテオを融合、打ち上げ続けた。

そして惑星メテオスに対する空前絶後の反撃が始まる。


メテオと同じ成分の鉱石で建造された戦艦“メタモアーク”。

惑星メテオス自身に化けて、対等の戦力を持ちうる希望の星。

銀河の片隅の小さな文明が、宇宙最大の災厄に挑む……。

 

 

 

●新たに追加された要素を紹介

 

 Xbox 360版では新たに通信対戦や必殺技、キャラクターのデコレーションなどの新要素が加わっている。ここでは、追加要素の必殺技とデコレーション機能を紹介しよう。

 

 

必殺技は全部で4種類

ブロックを点火させたり、相手からの攻撃を受けるとゲージが増加。いっぱいまで溜まったら惑星ごとに異なる必殺技を打つことができる。

 

アルマゲドン

非常に重い第3の物質“ダークマター”の塊を相手に落とし、メテオを押し下げてしまう。着地後は動かすことができるが、そろえても打ち上がらないブロックとなる。大気圏外へ放出する以外に取り除く方法はないので、相手の打ち上げテンポを弱めるのに有効。相手フィールドがカラのときにダークマターを降らせると絶大な効果がある。

ガンビット

星から強力な磁場を発し、攻撃力と防御力を一定時間アップさせる。星によっては、一方がダウンすることもある。攻撃力が上がれば相手に送るメテオが多く、防御力が上がれば相手から受けるメテオが少なくなる。効果時間は惑星によって異なる。防御力アップは初心者にはうれしく、攻撃力アップは上級者には魅力的。

センチネル

一定時間、メテオを弾頭ミサイルのようにして相手惑星へ飛ばす。相手に送られたメテオは、本来その星で振らない種類のメテオとなる。さらに一定個数のメテオを確実に降らせることができるため、相手を混乱に陥れることができる。相手が全上げしていない状況であれば、効果は期待できる。

テンペスト

幾本もの光のレーザーを相手の星に撃ち込んで、メテオを破壊する。タテ1列を消滅させるレーザーが断続的に襲来するため、メテオの塊の分断や相手の全上げを阻止することに適している。相手フィールドに、たくさんのメテオがある状態のときに有効。

 

 

 

宇宙人くんをデコレーション

本作では、はじめに5個の惑星を使って戦っていき、プレイ結果によって最終的に20個以上の惑星を使って戦うことになる。それぞれの星には、“宇宙人くん”と呼ばれる生命体が存在する。プレイ中に一定条件を満たすと獲得できるアクセサリーで、宇宙人くんをデコレーションすることが可能。お気に入りの宇宙人くんを飾ってみよう。

 

メテオスウォーズ

キューエンタテインメント
対応機種 Xbox 360
発売日 2008年10月配信予定
価格 800マイクロソフトポイント
ジャンル アクション / パズル
備考 Xbox LIVE対応

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“25周年記念 るろうに剣心展”開催を記念して神谷薫役の武井咲さんと大友啓史監督が展覧会を観覧。劇場公開を控える完結作について語る

漫画『るろうに剣心−明治剣客浪漫譚−』の25周年企画として“25周年記念 るろうに剣心展”が、2021年1月22日(金)より開催中。それを記念して、映画『るろうに剣心 最終章』を手掛けた大友啓史監督と神谷薫役で出演する武井咲さんが展覧会を観覧。これまでのシリーズを振り返り、それぞれの思いを語った。

“Nintendo Switch マリオレッド×ブルー セット”予約が順次開始。本体カラーが赤になった新色モデル

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の新色“Nintendo Switch マリオレッド×ブルー セット”が、本日2021年1月25日から順次予約開始となる。発売日は2021年2月12日で、価格は29980円[税抜](32978円[税込])。

GeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載したゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”がMSIより2月4日発売。持運びやすい薄型・軽量デザイン

エムエスアイコンピュータージャパンは、GeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載したゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”を2021年2月4日(木)に発売する。

『機動警察パトレイバー』から“篠原重工”と“特車二課整備班”の防災ヘルメットが発売。特典としてオリジナル収納袋が付属

ジェンコは、『機動警察パトレイバー』に登場する篠原重工と特車二課整備班仕様の防災ヘルメットを1月上旬よりAmazonのHEADGEAR公式SHOP発売した。

初音ミク×冨田勲×宮沢賢治、異色のコラボライブのアナログレコードが発売決定。刺繍アートでジャケットを仕上げた豪華盤も

日本コロムビアは、世界的シンセサイザーアーティスト、作曲家の冨田勲の作曲による、バーチャル・シンガー初音ミクをソリストに迎えた“イーハトーヴ交響曲”初演のライヴを、ヴァイナル=アナログレコードとして2021年3月31日に発売する。

アニメ『シャドーハウス』キャラクタービジュアルが解禁。ルイーズ/ルウ役は佐倉綾音に決定! キャストコメントも到着

週刊ヤングジャンプ(集英社)で連載中のマンガ『シャドーハウス』(作:ソウマトウ)について、ルイーズ/ルウのキャラクター別ビジュアルが解禁された。また、ルイーズ/ルウの二役を佐倉綾音が演じることが決定し、キャストコメントも公開された。

【加藤純一×もこう】『仁王2』クリアーするまで帰らない放送が1月29日に配信決定。サイン入りポスターなどのゼントキャンペーンも実施

コーエーテクモゲームスは、ゲーム実況者の加藤純一さん、もこうさんによる特別番組『『仁王2』クリアするまで帰らないマルチプレイ』を2021年1月29日に配信すると決定した。

全高160cm(槍含む)“エヴァンゲリオン第13号機”が立体化。腕パーツを追加したDX版も登場

プライム1スタジオは、アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より“アルティメットジオラママスターライン エヴァンゲリオン第13号機”と“同商品DX版”の予約受付を開始した。商品の発売は2022年4月〜7月を予定。

『ログ・ホライズン』ドラマCD同梱のイラストブックが2月10日発売。描き下ろしラバーマット付きのDX版も同時発売

アニメ『ログ・ホライズン』の画集“ログ・ホライズン ハラカズヒロ画集【ドラマCD付特装版】”が2021年02月10日に発売される。