携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

葛葉ライドウ、再び見参『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』

2008/8/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

浪漫色めく帝都に再び不穏な気配が迫る


 悪魔を召喚し、その力で帝都に仇なす敵を倒していくRPG『デビルサマナー 葛葉ライドウ』シリーズの続編が登場。主人公は前作と同じく、十四代目葛葉ライドウ。今回も、帝都守護の任を任された彼が、“仲魔”とともに奇妙な事件を調査し、影に隠れた魔を打ち払う。最新作では戦闘や調査など、あらゆる面がパワーアップし、物語のメインは帝都から山間部の寒村へと移動。前作以上にオカルトめいた雰囲気の中で、悪魔と人間の陰謀が絡み合う戦いが始まる。



葛葉ライドウ

ライドウの武器は退魔の刀と、みずからに従わせた悪魔である“仲魔”。奇妙な事件に秘められた謎と陰謀を解き明かせ。





帝都を離れ、舞台は謎に満ちたとある”寒村”へ

 今回ライドウが挑む事件の舞台は、帝都から遠く離れた場所にある寒村。“大正二十年”という新時代に突入した日本の中で、時代遅れの因習に縛られた人々が住むような村だ。ライドウがこの村を訪れるきっかけは、鳴海探偵社に舞い込んできた失踪者の行方調査依頼だった。ライドウは調査を進めるうちに、この奇妙な村へとたどり着く。探偵社所長の鳴海、知り合いの新聞記者朝倉タヱ、相棒の黒猫・業斗童子(ゴウトドウジ)とともに村へやってきたライドウ。彼は捜査が進んでいくに従い、帝都に大きな危機が迫りつつあるということを知る。


古き因習に縛られたような閉鎖的な村

民家の軒先に飾られている奇妙なお面。村の住人たちは、こんな謎の因習を守り、ひっそりと生活し続けているのだろうか。また、大量の煙を吐く日本家屋には似つかわしくない煙突も見える。この家々でいったい何が行われているのか?





ライドウに襲いかかる謎の集団

 謎の寒村の調査をしているライドウに、突然襲いかかってきた謎の仮面の男たち。彼らの素性や目的などは一切不明だが、ライドウに敵対する組織のようだ。彼らの正体は何者なのか、この村と関わりがあるのかなど、現時点ではすべてが謎。


黒い仮面の男

ライドウに対して敵対心を見せる謎の集団。その行動の目的は一切が不明だ。奇妙な仮面で顔を隠し、統率された動きでライドウを攻撃する。まるで忍者のような姿だが、その正体とは?

 

仮面の男(赤)

黒い仮面の男たちを率いる、頭目と思われる人物。目的や正体、ライドウを襲う理由などは一切不明だ。しかし、奇妙な虫を操れることから、ただ者ではなさそう。





●仲魔を2体同時召還可能に

 戦闘は、アクション要素を採り入れたリアルタイムバトル。さらに、本作より新システム“MAGスケジューリングバトル”が登場。敵の弱点を突き、“MAG”を奪う。そして仲魔に特技で攻撃させたり、回復を役割分担するなど、戦略性の高いバトルが楽しめる。新たにライドウ自身が使える大技も追加されているので、仲魔との連繋を考えつつ戦おう。また、このほかにも新システムとして、“悪魔会話”が追加されている。どちらも仲魔を活用するためには欠かせない重要なシステムなので、しっかり把握しておきたい。仲魔の力を十分に発揮させてこそ、最強のデビルサマナーだ。


2体の強力な仲魔がライドウの手足となり戦う

左のメズキと右のゴズキは、今回が初登場の悪魔。力強そうな彼らがライドウの前に立ち、迫る敵を打ち払う。ライドウも、彼らに負けない攻撃を見舞っていく。


ライドウ専用の大技登場

ライドウ専用の大技を発動すると、特殊でド派手なカメラ演出が。強烈な一撃で、敵に致命的なダメージを与えることも。


仲魔2体と協力バトル

ライドウがおとりになりつつ、仲魔2体が攻撃。前作以上に自分と仲魔の連繋を考えた戦法が重要だ。効率よくダメージを与えていこう。


“悪魔会話”で敵を説得

『デビルサマナー』シリーズでおなじみの悪魔会話が復活。これは前作の“封魔術”に変わる、悪魔と直接会話し、説得して仲魔に加えるというシステム。話術を駆使して、気持ちよく仲魔になってもらうのだ。悪魔にはさまざまな性格があるので、機嫌を取ったり、こちらに興味を持たせるなど、さまざまな駆け引きで説得しよう。なお、今回は仲魔を悪魔との交渉に介入させるようだ。仲魔による説得が、交渉にどんな影響を与えるのかは不明だが、彼らの会話を聞くのもおもしろそう。





※詳しくは週刊ファミ通2008年8月15日号(2008年8月1日発売)をチェック!!

 

 

デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王

アトラス
対応機種 プレイステーション2
発売日 2008年10月23日発売予定
価格 7329円[税込]
ジャンル RPG / ドラマ
備考 プロデューサー/キャラクターデザイン:金子一馬、ディレクター:山井一千、サウンド:目黒将司、初回生産版はサウンドトラックCD同梱、『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王 Plus』は10479円[税込]、『真・女神転生III ノクターンマニアクス クロニクルエディション』同梱

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

チンピラアクション『ラスラー 〜中世のならず者〜』OPムービー公開。治安が悪い中世オープンワールドで、お尋ね者となり好き勝手に大暴れ!

オーイズミ・アミュージオは、2022年8月25日(木)発売のプレイステーション4、プレイステーション5、Nintendo Switchソフト『ラスラー 〜中世のならず者〜』について、実写オープニングムービーを公開した。

『ニンジャラ』×『東京リベンジャーズ』コラボ開催中。8月20日より記念生放送が配信

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、発売中のNintendo Switchソフト『ニンジャラ』について、テレビアニメ『東京リベンジャーズ』とのコラボを記念した“ニンジャラTV夏休みスペシャル”を2022年8月20日(土)12時より放送することを発表した。

『ローラードローム』スタイリッシュかつアクロバティックに撃ちまくるTPS! ムズいけど燃える!【BRZRKのうるせー洋ゲーこれをやれ】

ローラースケートとTPSが融合したアクションシューティング『ローラードローム』を紹介。

『アズールレーン』フォーミダブルのキャストドールが全長約58センチで登場。ゴスロリ調のドレスや魅力的な胸部装甲をしっかり再現

ドールを企画・販売しているDOLKは、シューティングRPG『アズールレーン』より、“フォーミダブル”のキャストドールを発表した。

田嶌紗蘭さんが『今井麻美のニコニコSSG』第167回にゲスト出演。2022年8月30日(火)20時より配信

2022年8月30日(火)20時より配信される『今井麻美のニコニコSSG』第167回は、ゲストに田嶌紗蘭さんをお迎えしてお届けします。

『NEEDY GIRL OVERDOSE』メンヘラ配信者の彼女と過ごす夏。配信者大好き筆者にはあらゆるものが刺さりすぎた【おすすめゲームレビュー】

ファミ通.comの編集者&ライターが夏休みのおすすめゲームをひたすら紹介する連載企画。ちょっぴり心の弱い女性配信者と暮らすアドベンチャー『NEEDY GIRL OVERDOSE』を紹介!

『C-SO(シーソー)MSX版』がプロジェクトEGGにて配信開始。操作はジャンプのみ。シーソーやトランポリンを使いワルガキを撃退していくアクションゲーム

2022年8月16日、D4エンタープライズは、レトロゲーム配信サービス“プロジェクト EGG”にて『C-SO(MSX版)』のリリースを開始した。

『ポケモンユナイト』バランス型のポケモン・バンギラスが本日(8/16)より参戦。怒りを爆発させ暴れまくるユナイトわざ“リーサルランページ”で敵をKO!

2022年8月16日、ダウンロード専用ソフト『ポケモンユナイト』に、新たなポケモン・バンギラスが追加された。

【FGO攻略】水着イベント2022フリクエ“アークティックタワーの謎”3ターン周回パーティ例【エルキドゥ】

『FGO』水着イベント2022最高難度のフリークエスト“キャスト体験! 潜入!アークティック・タワーの謎!”の3ターン周回パーティを紹介する。

『鬼滅の刃』蛇柱・伊黒小芭内が“てのひらシリーズ”に登場。白蛇・鏑丸や伊黒独特のテイストを忠実に再現。

2022年8月16日、大網はあみあみにて、2023年1月下旬に発売予定の『鬼滅の刃』“てのひら伊黒さん”の予約受付を開始した。価格は7700円[税込]。