携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

新キャラクターは謎の美少女『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』
【期待の新作特捜隊】

2008/6/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

新キャラクターがついに判明

 

 ニンテンドーDS版『ドラゴンクエストV』でオリジナルキャラクターとして登場する、謎の美少女デボラ。彼女は過酷な冒険に似つかわしくない派手な衣装に身を包み、主人公の前に現れる。性格もかなり高飛車らしく、これまでにないタイプのキャラクターのようだ。いったい何者なのか、彼女と主人公はどういういきさつで出会うのか、そしてどうやって仲間になるのかなど、まだまだ謎だらけ。だが、彼女が絡んだ新しい冒険が待っているのは間違いなさそうだ。もしかしたら、主人公の人生に大きな影響を与える存在かもしれない?


セクシー&ゴージャスな美少女
デボラ

露出の多い衣装に長い爪、さらに真っ赤なハイヒールと、冒険とは無縁そうな姿の女の子。エラそうな口調でしゃべり、誰に対しても上から目線だ。高貴な出身のようでもあるが、詳しい素性は不明。思ったことをハッキリ口にする強気な性格だけに、彼女が原因でトラブルに巻き込まれてしまうこともありそう?

 



●過酷な旅も“仲間会話”で楽しく冒険

 町やダンジョン、フィールドなどの移動中にBボタンを押すと、パーティーメンバーと会話ができ、仲間たちの個性豊かなセリフがいつでもどこでも楽しめる。セリフの内容は、にぎやかな町や険しいダンジョンなどシチュエーションに合わせて変化する。いろいろな場所で何度も話しかけて、仲間たちとのコミュニケーションをとりながら冒険していこう。


パパス

主人公を見守るやさしい父パパス。そのセリフひとつひとつに愛情を感じることができる。

 

ビアンカ(幼少期)

ちょっぴりお姉さん気取りのビアンカ。でも、話してみると主人公のことを信頼しているみたい。


ビアンカ(青年期)

大人になっても元気いっぱいのビアンカだが、話してみると少年期の意外な思いを語ってくれることも。


フローラ

生粋のお嬢様として育てられてきたフローラ。だが、主人公の旅に同行し、少しずつたくましくなっていく。ときには毒舌発言も?


男の子

戦闘に長けた少年。でも、話してみると、中身はまだまだ子供だ。


女の子

モンスターを“魔物さん”と呼ぶ少女。敵味方関係なく仲よくしたいと願う、心のやさしい子だ。


サンチョ

主人公を幼少のころから見守るサンチョ。旅の合間も、考えているのは主人公のお世話のことばかり。まさに従者の鏡?


ピピン

主人公を慕い、冒険をともにする兵士のピピン。だが、カジノを前に旅の目的を忘れてしまう?


ヘンリー

成長した主人公を支える仲間のひとり、ヘンリー。友情を第一に考える、男気溢れる青年だ。


マリア

世界の平和を願い、日々祈りを捧げている女性マリア。彼女も主人公の冒険に一役買ってくれる、大切な仲間となる。





きびしい旅には息抜きも大事

 いろんなゲームでたっぷり遊べる、シリーズおなじみの要素。冒険の息抜きとして遊べるのはもちろん、カジノではコインを稼いで役立つアイテムと交換することもできる。自分の運を信じて、多彩なゲームにチャレンジしよう。なお、カジノでは大儲けできることもあれば、反対にのめり込み過ぎて大損してしまうこともあるので要注意だ。また、今回のミニゲームには新ゲームの“スライムタッチ”が登場。タッチペンを使って遊ぶ、ニンテンドーDS版ならではのオリジナルゲームだぞ。

 
 

新ゲーム
スライムタッチ

画面上に表示されるパネルと同じ色のスライムをタッチするゲーム。このゲームは冒険の途中で立ち寄るある場所に置いてあるらしい。失敗すると、ばくだんいわが!?



カジノ

 

すごろく場

自分自身がコマとなり、サイコロで出た目の数だけ進んでいく巨大すごろく。各マス目では、多彩なイベントが発生する。ゴールすると、珍しいアイテムがもらえるぞ!


スライムレース

スライムたちが行うレースの1位と2位を予想するゲーム。仲間にスライムがいれば、このレースに参加させられる。


スロット

横に3つ以上の絵柄が並べばコインがもらえる。これで大当たりが出れば、一生コインには困らないかも?


ポーカー

カジノでおなじみのトランプゲーム。当たり役は上の画面でいつでも確認できる。


格闘場

コインを賭けて、そのモンスターが勝てば倍率に応じたコインをもらうことができる。勝てると見込んだモンスターにコインを賭け、戦闘を見守ろう。





“ちいさなメダル”でレアアイテムをゲット

 “ちいさなメダル”は、世界中に散らばっている不思議なアイテム。このメダルをどこかにある“メダル王の城”に持っていくと、メダル王が枚数に応じて貴重なアイテムと交換してくれる。ちいさなメダルは民家のタンスやダンジョン奥深くの宝箱など、さまざまな場所で見つけられる。あらゆる場所を捜し、たくさんメダルを見つけよう。


メダル王の城

スライム型の屋根に、大きなメダルのエンブレムが目印。南国のリゾート地といった雰囲気の美しい城だ。


メダルを集めよう

ちいさなメダルは、ツボやタンスの中など、さまざまな場所で見つけることができる。メダル王の城でもらえるアイテムには、冒険に役立つものがたくさん!





※詳しくは週刊ファミ通2008年7月11日号(2008年6月27日発売)をチェック!!

 

 

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

スクウェア・エニックス
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2008年7月17日発売予定
価格 5490円[税込]
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 DSワイヤレスプレイ(すれちがい通信)対応、シナリオ&ゲームデザイン:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、アートディレクション:眞島真太郎、企画・開発:アルテピアッツァ

【期待の新作特捜隊】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ディシディアFF』参戦のゼノスは専用EXスキルが決め手! 『FFXIV』ファンフェスでディレクター兼光の戦士・鯨岡氏による実機プレイも

“『FFXIV』ファンフェスティバル 2019 in 東京”。2日目に実施された“直樹の部屋 part2”に、アーケードゲーム『ディシディアFF』及びプレイステーション4・PC用ソフト『ディシディアFF NT』のプロデューサー・間一朗氏と、ディレクター・鯨岡武生が登壇した。

アニメ『キルラキル』テレビ未放映の第25話も完全収録したBlu-ray Disc BOXが発売決定、地上波再放送も

アニプレックスは、テレビアニメ『キルラキル』のBlu-ray Disc BOXを2019年6月26日に発売することを決定。2019年4月6日よりTOKYO MXにて再放送も実施する。

『Fate/Grand Order』×リアル脱出ゲーム“謎特異点II ピラミッドからの脱出”東京、大阪、岡山など7会場で開催決定

『Fate/Grand Order』を題材としたリアル脱出ゲームの新作が、2019年4月より開催決定!

テレビアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』キービジュアルとPVが公開

テレビアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』のキービジュアル、最新映像が公開!

アニメ『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』前編は2020年公開。コンセプトビジュアル、スタッフ&キャスト情報も公開

アニメ『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』の公開時期など新情報が公開!

『FFXIV 光のお父さん』が劇場版に。6月21日より公開決定! 特報映像&ポスタービジュアルも解禁

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が2019年6月21日より全国公開。息子・坂口健太郎さん&父・吉田鋼太郎さんの劇中姿も初解禁!

“NPB スプラトゥーン2”キャンプ初日&12球団入団発表リポート。選手は心構えとともにSNSでの発信方法も学ぶことに

“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”のキャンプ初日、入団発表などの模様をリポート。

『光のお父さん』が映画に! 「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」発表!

“『FFXIV』ファンフェスティバル 2019 in 東京”の第50回プロデューサーレターLIVEにて、テレビドラマにもなった『光のお父さん』が映画化されることを発表。

【速報】『ディシディアFF』に『FFXIV』よりゼノス(CV:鳥海浩輔)が参戦! AC版は3月26日、『NT』は4月11日実装

“『FFXIV』ファンフェスティバル 2019 in 東京”にて、アーケードゲーム『ディシディアFF』と、プレイステーション4・PC用ソフト『ディシディアFF NT』に『FFFXIV』のゼノスが参戦することが明かされた。

踊り子の主要パラメータは? 第一世界にはテレポできる? ロスガルとヴィエラの頭装備は? ファンフェス1日目終了後の吉田P/Dインタビューをお届け

『ファイナルファンタジーXIV』の大規模ファンイベント“ファンフェスティバル 2019 in Tokyo”の初日公演終了後に行われた、吉田直樹プロデューサー兼ディレクターとのメディア合同インタビューの模様をお伝えする。