携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『クイズマジックアカデミーDS』アーケードの人気クイズゲームが登場

2008/6/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 

 

●全国の友だちとクイズバトル

 

 ネットワークを介して複数人での通信対戦が可能なクイズゲーム『クイズマジックアカデミー』。そんなアーケードの人気作品がニンテンド−DSで発売決定。本作では、アーケード版と同じく全国の友だちと通信対戦が行える。通信対戦には、最大8人のプレイヤーが参加することが可能。また、家庭用だけの新モードが追加されるほか、詳細は不明だがアーケード版との連動機能も搭載予定だ。

 

 

 

多彩なモードでクイズを楽しもう

 

 『クイズマジックアカデミーDS』には、家庭用オリジナルの”アカデミーモード”を始め、5つのゲームモードが搭載されている。アカデミーモードでは、魔法学校”マジックアカデミー”の生徒となり、クイズ形式の授業を受けながら階級を上げていく。このモードでは、プレイヤーキャラクターを操作して学校内を歩き回ったり、クエストに挑んだりして、学校生活が満喫できる。また、そのほかのモードとしては、手軽にクイズが楽しめるモードやアーケードと連動するモードがあるぞ。

 

 

ゲームモード一覧

アカデミーモード

魔法学校の生徒として学校生活が楽しめるモード。クイズ形式の授業を受け、プレイヤーの階級を上げることが目的。校内を歩き回り、仲間を増やしてクエストに参加することもできる

クイックマッチ

気軽にクイズバトルにチャレンジすることができるモード

アミューズメントリンク

アーケード版『クイズマジックアカデミー5』と連動するモード

クイズ問題ダウンロード

ネットワークを介して、クイズデータをダウンロードできる

ランキング

オンライン対戦の成績に応じたランキングが見られるモード

 

 

●DSならではのクイズ形式も搭載

 

 ○×クイズや4択クイズ、連想クイズなど、アーケード版の『4』までの11種類のクイズ形式を収録。それら既存のクイズ形式に加えて、ニンテンドーDS版だけの新たなクイズ形式”書き取り”が追加されている。これは、タッチペンを使って、クイズの答えを下画面に書き込むというもの。ここでは、代表的なクイズ形式を紹介しよう。

 

NEW 書き取りクイズ

タッチペンで正解の文字を書き込もう。

 

○×クイズ

四択クイズ

設問に対して○×で答える。

設問に対して4つの選択肢から正しい答えをひとつ選択。

 

連想クイズ

並べ替えクイズ

4つのキーワードに対して選択肢から正しい答えをひとつ選ぶ。

設問に対してバラバラに並んだ答えを、正しい順番に並べ替える。

 

四文字言葉クイズ

タイピングクイズ

設問に対して複数の文字から4つの文字を選択する。

設問に対して文字を入力して答える。

 

キューブクイズ

エフェクトクイズ

多面体に貼られた文字と設問をヒントに文字を入力。

画像処理された文字と設問をヒントに、文字を入力する。

 

一問多答クイズ

順番当てクイズ

設問に対して複数の正解選択肢を選ぶ。

設問に対して4つの選択肢を正しい順番を選ぶ。

 

線結びクイズ

ふたつのグループに分かれている複数の選択肢から、関連しているものをどうしを選択する。

 

 

 

魅力的な”マジックアカデミー”の生徒たち

 

ニンテンドーDS版オリジナルキャラクターも登場

本作には、アーケード版にはいなかった新キャラクターが登場する予定。その設定線画を入手したので公開しよう。

 

 

クイズマジックアカデミーDS

KONAMI
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2008年9月発売予定
価格 価格未定
ジャンル クイズ / ファンタジー
備考 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応、DSワイヤレスプレイ対応

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ペルソナ5』ユーザーの質問や想いなどをまとめたファンアイテム“『ペルソナ5』みんなで作る調査報告書 Vol.1”の予約受付が本日(12月10日)より開始

KADOKAWAは、『ペルソナ5』のファンアイテム“『ペルソナ5』みんなで作る調査報告書 Vol.1”を、本日(2018年12月10日)より、公式通販サイト“アトラスDショップ”など、全国のホビーショップにて予約受付を開始した。

11月より配信が開始されたSwitch版『Warframe』のダウンロード数が100万回突破!

Digital Extremesは、配信中のNintendo Switch版『Warframe』について、ダウンロード数が100万回を突破したことを発表。

著作権の有効活用はゲーム音楽業界を明るくする、坂本英城がノイジークロークを作るまで【CEDEC+KYUSHU 2018】

2018年12月1日、福岡市・九州産業大学にて、CEDEC+KYUSHU 2018が開催。その中で、ゲーム音楽ビジネスに関するセッション“ゲーム音楽が作り出すゲームビジネスの新たな可能性”が行われた。登壇したのは、ゲーム音楽専門会社として知られるノイジークロークの坂本英城氏だ。

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の世界をサウンドで構築。ハッキングやボイスチェンジャーの制作秘話も【CEDEC+KYUSHU 2018】

2018年12月1日、福岡市・九州産業大学にて、CEDEC+KYUSHU 2018が開催された。その中で行われたセッション『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』に関するセッション、“世界観を演出するゲームオーディオ制作- NieR:Automata における事例 -”をリポート。

『Fate/Grand Order Arcade』期間限定“クリスマス限定召喚2018”が12月13日より実施。コラボカフェも2019年1月下旬に開催決定

FGO ARCADE PROJECTは、稼働中のアーケード用ゲーム『Fate/Grand Order Arcade』について、“クリスマス限定召喚2018”を開催することを発表した。

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光” & “誓い” - VR』に収録される『キングダム ハーツ』テーマソング『光』がPS Plus限定で12月25日より先行配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2019年1月配信予定のプレイステーション VR用ソフト『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光” & “誓い” - VR』について、PS Plus加入中を対象に、同作に収録される『光』を、12月25日より先行配信することを発表した。

『ドラゴンクエスト』の世界をVR体験させるには? 堀井雄二氏も没頭した『ドラゴンクエストVR』制作秘話【CEDEC+KYUSYU 2018】

 2018年12月1日、福岡・九州産業大学にて、CEDEC+KYUSHU 2018が行われた。その中で行われた、セッション“ドラゴンクエストVRで実現した、新しい冒険の形!”の模様をお届け。

レベルファイブの梁井信之氏と長野拓造氏が秘蔵資料をふんだんに交え語る、ゼロからヒット作を生み出すアイディアの秘訣【CEDEC+KYUSHU 2018】

CEDEC+KYUSHU 2018で行われた、レベルファイブの屋台骨を支えるふたり、梁井信之氏と長野拓造氏によるセッション“レベルファイブ アート制作術〜ゼロからイチのアイディアを生み出す秘訣〜”をお届けしよう。

『Anthem』VIP体験版が2019年1月25日より配信、全プレイヤー向け体験版は2月1日からスタート

エレクトロニック・アーツは、2019年2月22日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『Anthem(アンセム)』について、体験版の配信スケジュールを公開した。

『バイオハザード RE:2』&『デビル メイ クライ 5』合同オリジナルステッカーがもらえるキャンペーンがスタート

カプコンは、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード RE:2』と2019年3月8日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『デビル メイ クライ 5』について、Coming Soonキャンペーンを実施。