携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『インフィニット アンディスカバリー』スクウェア・エニックスとトライエースが放つ完全オリジナルRPG

2008/6/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく



RPGというジャンルを新たなステージに導く作品


 本作はトライエースとスクウェア・エニックスのタッグによって開発が進められている完全新作RPG。過去のトライエース作品のエッセンスを受け継ぎつつも、まったく新しいゲームシステムが搭載されている。本作の特徴と言えるゲームシステムは、“感覚センサー”、“リアルタイムバトル”、“シチュエーションバトル”など、さまざま。こうしたシステム群や世界設定、魅力的なキャラクター陣を紹介していこう。



STORY

大空に浮かぶ“月”。
月は古来より神の玉座とされ、
人々は月の力を自らの力に換えることで反映を謳歌していた。
或る時、何者かによって
神の玉座たる月が、鎖で大地に縛りつけられるという事件が起きる。
鎖のある地域は荒廃の一途をたどり、人々は不安の中で生きることを余儀なくされた。
月を縛った者は“封印軍(シール)”と名乗り、人々は畏怖を混めてその首謀者を“闇公子”と呼んだ。

そして、深き森の奥にある封印軍の監獄。
この物語は、ここから始まる。

監獄に捕われていたのは、カペルという少年。
何故か“英雄”と呼ばれていた彼だったが、全く身に覚えがなく困惑していた。
投獄されて3日目。突如表れた少女に救われ、彼は外に連れ出されることとなる。
彼を助けたのは、アーヤと名乗る少女。
彼女は鎖を解放するために戦う“英雄”シグムントの仲間であった。

英雄シグムントとの出会い、全く同じ容姿を持つ二人。
カペルの運命は世界を巻き込み、今大きく動き出そうとしていた。


月印(ルナグラム)

本作の世界に生まれた人は、誕生の際に儀式を受け、“月印(ルナグラム)”を授かる。月印は“治療”、“攻撃”などのさまざまな力や技術を持つ、神から与えられる特別な力。一般的に、生まれた日の月の満ち欠けによって月印の強さは決まる。



 

キャラクター

 

カペル
(声:立花 慎之介)

本作における主人公であり、プレイヤーの分身。“フルート吹きの癒しのカペル”という別名を持つ。争いを望まない、やさしい性格。だが、その本質は世の中を突き放した視線で眺めており、何事にも正面から向き合おうとしない。英雄と間違われ封印軍に捕まってしまったが、同じく英雄と間違えたアーヤによって救出され、行動をともにすることになる。剣術の覚えがないのに剣の腕は立ち、光の英雄シグムントとそっくりな外見を持つなど、飄々とした性格からはつかみきれない秘密があるようだが……。

性別:男
年齢:17歳
身長179センチ
ジョブ:フルート吹き

月印

UNKNOWN


アーヤ
(声:生天目 仁美)

一見おしとやかに見えるが、じつは活動的な少女。解放軍の一員であり、英雄シグムントとともに旅をしている。責任感が強く、がんばらなくちゃいけないと思い込んでいる節があるが、その内面には弱さも見え隠れする。シグムントを捕まえたという誤報に踊らされ、勘違いで捕まっていたカペルを牢獄から助け出す。以来、本人ですら気づいていないカペルの本質的なやさしさや強さに触れ、彼に惹かれていく……。

性別:女
年齢:16歳
身長161センチ
ジョブ:弓兵

月印


シグムント
(声:杉田 智和)

月につながれた鎖を壊すことができる唯一の者として、月の解放に立ち上がる。そのため人々からは尊敬の意を込め、“光の英雄”と呼ばれている。カペルと瓜二つの風貌だが、威厳のある立ち振る舞いとカリスマ性を持つ。言葉少なく、独断的な性格で、月を開放するためなら、みずからの存在や命すらも道具とみなすこともある。

性別:男
年齢:17歳
身長:180センチ
ジョブ:騎士

月印


エドアルド
(声:三木 眞一郎)

解放軍の一員であり、巨大な剣を振るう。シグムントに憧れ、彼に信頼されるべく振る舞っている。一見クールだが、かっとなると自分を止められない。理想像を追いかけることに終始し過ぎて、まわりが見えなくなることも。そのため、シグムントから信頼されているカペルとは、たびたび衝突してしまう。

性別:男
年齢:17歳
身長:180センチ
ジョブ:剣士

月印


ルカ
(声:小林 由美子)

モンタナ村に住む二卵性双生児のひとりで、天才としても有名。実態はかなりのいたずら好きで、ロカとほぼいっしょに行動している。かなり頭がよく、子供ゆえの遠慮のなさもあり、その発言は世間への痛烈な皮肉に聞こえることも。

性別:男
年齢:10歳
身長:121センチ
ジョブ:獣使い

月印


ロカ
(声:植田 佳奈)

モンタナ村に住む二卵性双生児のひとりで、天才としても有名。ルカと同じく、かなりのいたずら好き。現在のところわかっているルカとの違いは、性別とジョブ。とくにジョブに関しては獣使いと召還士と大きく異なる。仲間になった際のふたりの連携などが気になるところ。

性別:女
年齢:10歳
身長:119センチ
ジョブ:召喚師

月印


ユージン
(声:古澤 徹)

大商人の跡取りであり、シグムントとは旧知の仲。つねに微笑みを絶やさず、誰にでもやさしく接する。しかし八方美人の裏では、けっこうあくどいことも考えているらしい。いつも大きなバックパックを背負っているが、中に何が入っているかはわからない。

性別:男
年齢:26歳
身長:190センチ
ジョブ:僧侶

月印


ミルシェ
(声:新谷 良子)

セクシーな年上のお姉さん。癒しの魔術の使い手で、その力を役に立てたいと考えている。まわりとワンテンポずれており、つねにマイペース(スローペース)を貫く天然な人。紅茶には妙なこだわりがあり、旅のあいだでもマイティーカップ&ポットは欠かせない。

性別:女
年齢:21歳
身長:165センチ
ジョブ:治癒術士

月印





●革新的なシステム

 広大な世界の中でキャラクターを演じて、悩んだり迷ったりする過程を楽しむ。こうしたRPGが持っている本来の魅力を十二分に引き出すべく、『インフィニット アンディスカバリー』は制作されている。本作において、その魅力を引き出す重要なキーワードは“発見”。何かを見つけ、プレイヤーから能動的にアクションを起こすことで、大きな変化が発生する。その変化は、敵を発見して奇襲を仕掛けるといった小さな出来事から、津波の発生を察知して回避するといった大掛かりなものまで、じつにさまざま。従来のハードでは表現できなかった映像とサウンドのクオリティーと、圧倒的物量で構築された世界だからこそなしえた新世代のインパクトが体験できるだろう。

 

シームレスなゲーム展開

ダンジョンなどの移動フィールドが、そのまま戦闘フィールドとなる。ダンジョン内での謎解きやモンスターとのバトルが、すべて同じフィールドで行われるのだ。場合によっては、敵を利用することで謎解きが成功する、なんて状況もあるかもしれない。刻々と変化していく状況や、その変化がもたらす緊張感。その中で、プレイヤーは状況判断や行動選択をリアルタイムで行っていくことになる。


リアルタイムバトル

トライエースが得意とするシステムであるリアルタイムバトルが、大きくパワーアップ。ド派手な剣や技のぶつかり合いを、つねに状況が変化する中で楽しめる。また、自分が戦っている周囲ではパーティーメンバー以外の仲間たちが戦いをくり広げていることも。状況によっては援護したり、逆に助けられる、なんてこともある?


感覚センサー

視覚、聴覚などによる感覚を再現した“感覚センサー”をゲームシステムに導入。津波の予兆を“聴覚”で判断する、敵の死角をつく攻撃を“視覚”を駆使して行うなど、五感を研ぎ澄ませることがプレイの重要な要素となる。また、この感覚による状況認識は、プレイヤーだけではなく敵にもあてはまる。これにより、いままでに感じたことのない緊張感溢れるプレイが実現されている。

▲暗い場所では“視覚”の影響によりミニマップ、ロックオンともに表示されない。そのため、現在地がわかりづらい、攻撃が当たりにくいといった影響が出る。明るい場所に移動すれば、ミニマップが表示されるほか、攻撃も当たりやすくなる。


仲間との協力

本作では、数多くの仲間たちとパーティーを組んで冒険できる。バトルが発生した際、カペル(=プレイヤー)は仲間に大まかな指示を出すことは可能だが、詳細かつ複雑な指示を出すのではなく、仲間たちがそれぞれ独自のAI思考をもとに行動することになる。たとえば、回復を促す指示を出した際は、仲間は誰がどれだけ傷つき、どれだけ危険な状況にあるかを判断し、回復行動に移る。蛇が苦手なため、蛇系統の敵には攻撃せず、ほかの敵から撃破していく。こうしたさまざまな思考による仲間の判断が、もどかしいながらも気持ちいリアルさを表現し、実際にいっしょに冒険しているかのような感覚が味わえる。

▲カペル(=プレイヤー)と同じように、仲間たちも個性に応じた思考を持つ。その思考により、カペルとの連携コンボ、回復などの適切な協力がバトルを有利に進める。


基本攻撃とバトルスキル

本作のバトルで、プレイヤーが直接操作するのはカペルのみ。バトル時にカペルのおもな攻撃手段となるのは、2種類の基本攻撃とMPを消費して強力な技を放つ“バトルスキル”だ。仲間たちには大まかな指示を出すことができ、彼らはその指示をもとに独自の判断で行動する。基本攻撃は、威力が低く攻撃速度の速い“小攻撃”と、威力が高く攻撃速度の遅い“大攻撃”の2種類がある。“小攻撃×3→大攻撃”など、この2種類をテンポよくつなげることで、多彩なコンボ技を発動させることができる。そして、基本攻撃と同様にバトルスキルにも“小”と“大”があり、“小→大”という具合につなげて技を出すことが可能。また、基本攻撃のモーションをキャンセルして技が出せるのもバトルスキルの特徴だ。

▲大小の基本攻撃。そして、大小のバトルスキル。これらの組み合わせによって、さまざまなオリジナルコンボを作り出すことが可能だ。


シチュエーションバトル

フィールド画面からシームレスに戦闘シーンへと移行する本作のバトル。周囲のフィールドの状況が、敵味方の行動や戦いの駆け引きに大きな影響を与える要因となる。この特徴をさらに際立たせるのが、周囲の状況が劇的に変化していく中で戦闘が進行する“シチュエーションバトル”という要素だ。さまざまな状況下での戦いが、プレイヤーに“冒険”を実感させてくれることだろう。そんなシチュエーションバトルのうち、これまでに判明している一例を紹介しよう。

▲シチェーション“逃亡”。迫りくるオーガ、そして行く手を阻む兵士たち。巨大なオーガの番人は圧倒的な力を持ち、カペルたちでは太刀打ちできない? しかし、オーガから逃げることも容易ではない。

▲シチェーション“砲撃”。傷ついたアーヤを治療するため、村へと急ぐカペル。そこに、突如ドラゴンが現れる。ドラゴンの砲撃が、容赦なくカペルを襲う。アーヤを抱えながら砲撃をかいくぐり、駆け抜けろ。

▲シチェーション“津波”。海岸でのバトル。水平線上に見える波が徐々に近づいてくる。そして、巨大な津波となってカペルたちに迫る。津波を防げる遮蔽物もあるが、徐々に崩れていくので短時間で敵を殲滅しなければならない。

▲シチェーション“落石”。山岳地帯でのバトル。敵に気を取られていると、落石に巻き込まれてしまう。敵も突然の落石により、パニック状態に陥っているようだ。巨大な岩に当たったら、大ダメージは必死?



※『インフィニット アンディスカバリー』公式サイトはこちら

※関連記事はこちら

 

インフィニット アンディスカバリー

スクウェア・エニックス
対応機種 Xbox 360
発売日 2008年9月11日発売予定
価格 8190円[税込]
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ディレクター:小川浩(トライエース)、プロデューサー:小島創(スクウェア・エニックス)、R&Dリードプログラマー:五反田義治(トライエース)、シナリオ:株式会社ORG/水野良/賀東招ニ、音楽:桜庭統、キャラクターデザイン:梶本幸宏(トライエース)

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケモンGO』レイドバトルの参加可能レベルが早くも31以上に緩和! さらなる緩和はいつ!?

2017年6月24日、『ポケモンGO』公式Twitterアカウントを通じて、『ポケモンGO』ジム戦の新機能“レイドバトル”の参加可能がレベル31以上のトレーナーまで緩和されたことが発表された。

早見沙織さんや田中美海さんが出演したテレビアニメ『賭ケグルイ』プレミア上映会オフィシャルリポートが到着!

2017年6月23日(金)、東京・新宿の新宿バルト9にて、テレビアニメ『賭ケグルイ』のプレミア上映会が行われた。同イベントには、早見沙織さん(蛇喰夢子役)、田中美海さん(早乙女芽亜里役)、徳武竜也さん(鈴井涼太役)、若井友希さん(皇 伊月役)が出演。

『ブレイドアンドソウル』過激な美少女ボスと新防具・手甲が登場! 西落アップデートのここに注目!

2017年6月21日に、最新アップデート“西落”が実装された『ブレイドアンドソウル』。要注目のコンテンツについて、体験リポートを交えて紹介していく。

日本一ソフトウェアの新作ゲームに登場できるかも!? ゲームメーカーならではの“ふるさと納税”返礼品を発表

日本一ソフトウェアは、岐阜県各務原市の“ふるさと納税”の返礼品に、同社関連品が追加されたことを発表した。ゲームに登場する権利、発売前のタイトルを体験する権利、自分自身のドット絵キャラクターを描いてもらえる権利など、5種類の返礼品が用意されている。

『GUNDAM VERSUS』“ガンダムバーサスまつりin秋葉原”に3mに及ぶ巨大黒板アートや“1分の1サイズの“ガンダムヘッド”が登場

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年6月25日に東京・ベルサール秋葉原にて開催予定の『GUNDAM VERSUS』のイベント“ガンダムバーサスまつりin秋葉原”について、最新情報を公開した。

『Invisigun Heroes』が本日より正式日本語対応 キャラ全員がステルスの、シューティングバトルアリーナ

アメリカ・ロサンゼルスのデベロッパー、Sombr Studioが提供するSteam用オンラインマルチ対応のステルスバトルアリーナ『Invisigun Heroes』が本日(2017年6月23日)アップデート。これに伴い正式に日本語対応したことが明らかにされた。

【ゲームジャンル別総選挙】大激戦! RPG総選挙の中間発表をお届け! 投票は6月28日まで

現在、週刊ファミ通では、ファンにもっとも愛されているゲームを、ジャンルごとに選んじゃおうという大型企画“ゲームジャンル別総選挙”を実施中です。最終回となる第11回は、RPG総選挙!

『GOD WARS(ゴッドウォーズ) 〜時をこえて〜』 発売記念動画“ヤマタノオロチを飴細工で作ってみた”を公開! 精巧な飴細工は浅草で展示中

角川ゲームスは、プレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『GOD WARS(ゴッドウォーズ) 〜時をこえて〜』が、2017年6月23日に発売されたことを記念した動画を公開した。