携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『鉄騎』のスタッフが再集結して送るSF大河RPG『無限航路(仮題)』

2008/5/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●自分だけの戦艦を造り、広大な宇宙へと旅立つ

 宇宙戦艦を建造して艦隊を組み、見果てぬ大宇宙を冒険する。『無限航路(仮題)』は、男の子なら誰もが一度は見たことのあるそんな夢に、真正面から取り組んだSF大河RPGだ。制作を担当するのは『鉄騎』のディレクターを務めた河野一二三氏が率いるゲーム制作会社ヌードメーカー。『鉄騎』でも見られた河野氏の独創性と、ディティールに対するこだわりが、ぎっしりと詰め込まれた作品になっている。

 

無限航路(仮題)

無限航路(仮題)

艦隊どうしの大規模な戦いが楽しめる。戦術以上に艦隊をどんな艦で構成するか、また、そ各艦にどのような改造を施すかが重要となる。

種類ごとに形の違うモジュールを、ブロックを組み合わせる要領で設置していく。

 

無限航路(仮題)

無限航路(仮題)

無限航路(仮題)

自分の手で、さまざまな戦艦を造っていくことになる。用意された戦艦の数は150種類以上あるのだとか。


※週刊ファミ通2008年5月30日号(2008年5月16日発売)では、ディレクター・河野一二三氏のインタビューも掲載!
 

無限航路(仮題)

セガ
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2009年発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / 宇宙・戦艦
備考 開発:プラチナゲームズ、ヌードメーカー

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』にて“ガールズコレクションセール”を開催

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4版『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』について、2017年9月26日より“ガールズコレクションセール”を開始した。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』のSteam版が配信開始

コーエーテクモゲームスは、2017年9月26日よりSteam版『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』の配信を開始した。

『モンスターハンターダブルクロス』と“ぐでたま”がコラボ

『モンスターハンターダブルクロス』に登場した“鏖魔ディアブロス(狂暴走状態)”と“ぐでたま”とのコラボぬいぐるみが登場。

『ドラゴンボール ファイターズ』フリーザ、ヤムチャ、天津飯のキャラクターPVを公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年初頭発売予定の『ドラゴンボール ファイターズ』について、新たなPVを公開した。

『モンスターハンター』怒り状態モンスターフィギュア第2弾“バルファルク”などが登場

カプコンの『モンスターハンター』シリーズに登場する怒り状態のモンスターを収録したフィギュア“カプコンフィギュアビルダー モンスターハンター スタンダードモデル Plus 怒りVer. 2”が発売開始された。

『リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜』12月21日発売決定! PV第1弾も公開

『リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜』の発売日が、2017年12月21日(木)に決定した。

『真・三國無双8』曹操の一族から曹休が新たに参戦! 朱然らの新衣装も【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年10月12日号(2017年9月28日発売)では、コーエーテクモゲームスのタクティカルアクションゲーム『真・三國無双8』の最新情報をお届け。

『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』がゲーム化、“ミラクルちゅーんず!”とアイドル活動を行おう【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年10月12日号(2017年9月28日発売)では、フリューから発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『ミラクルちゅーんず! ゲームでチューンアップ! だプン!』の魅力をお届け。

『ギア・クラブ アンリミテッド』など、新たにパブリッシング事業に参入した3gooの新作特集をお届け【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年10月12日号(9月28日発売)では、3goo新作特集をお届け。参入第一弾となる2タイトルを紹介する。

『サマーレッスン:新城ちさと』収録イベントの一部を公開!!【先出し週刊ファミ通】

2017年9月28日発売の週刊ファミ通2017年10月12日号では、『サマーレッスン:新城ちさと』で体験できるイベントを、プロデューサー/ディレクターを務める玉置氏(バンダイナムコエンターテインメント)からコメントとともにお届け!