携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『インフィニットループ 〜古城が見せた夢〜』主人公は幽霊!?

2008/5/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●さまざまな人物に憑依しよう

 

 死神と遭遇し、幽霊になった王子が主人公のアドベンチャーゲームだ。ゲームの目的は、王子となり、古城に発生する数々の悲劇を回避すること。登場人物につぎつぎと憑依しながら、彼らの行動に干渉していくことになる。さまざまな人物の視点で物語を進めていこう。

 

 

あらすじ

これは中世ヨーロッパを彷彿させる、とある小さな王国での物語。王宮に流行り病が蔓延。原因不明でつぎつぎと人が突然死していく病に恐怖し、王宮に近づく者は減っていた。城下からも人の姿が消え、国からの人の流出は国力の衰退を助長。国王の亡きあと、王位継承を控えていた若き王子である主人公は、その原因調査に乗り出すものの、突如出くわした死神の目を見てしまい、死亡してしまう。 気がつくと幽霊のような状態になってしまっていた王子。彼は自分の遺体を見つけたメイドの背後につき、自分の死後の状況を見て回ることになる。王子はメイドの背後についたまま、占い師に会う。占い師はメイドに対して意味のわからないことをまくし立てるが、王子は占い師がメイドではなく自分に対して話しをしていることに気づき、意味を理解する。

 

王子は死神と目を合わせたために死んだ。

 

この流行り病は死神のせいである。

 

死神はまだ存在している。

 

死神によって死んだ者で、王子のように魂の存在になった者はいない。

 

魂が現世に留まったことに何か意味があるのかもしれない。

 

王子は、王城にいる者たちの背後を憑依で渡り歩きながら、自分の死後の状況を見て回ることになる。

 

 

 

 

ウィリアム(主人公)

リゼーブルグ王国の皇太子。18歳。愛称はウィル。父王が死に、王位を継ぐところだった。父王からの直系の王族は、ウィリアムとヴィーネのみである。正義感が強く、人望も厚い。流行り病の調査に乗り出し、王位継承の前日に死神と遭遇して命を落としてしまう。

 

セレスティア

隣国の姫君。17歳。愛称はセレス。少し気弱な性格である。自国には、老いた父王と皇太子である弟がいる。ウィリアムの婚約者であり、彼を心から慕っている。乙女らしい外見だが、カエルを平気で手づかみできるなど、意外な一面もある。

 

ヴィーネ

リゼーブルグ王国の姫君。正式名称はヴァネッサ。9歳。お兄ちゃん子であり、婚約者のセレスティアが気に入らない。遊びたい盛りで、興味はもっぱら大人の男女の話。ときどき”早く背が伸びる薬”や過激な情事の本などを購入し、メイドのアイシャに没収されている。まだ、おねしょが治らない。

 

アイシャ

王城に仕えるメイド。18歳。おもに城に住む王族たちの世話係である。心やさしく、気立てもいい。ちょっと食いしん坊なところがあり、王族たちが残した食事をこっそり少しだけいただいていたりする。ウィリアムの遺体を最初に発見する人物でもある。

 

グラント

王城近くの小さな領地を収めている貴族。30歳。この年齢でまだ独身。爵位は公爵。財力が乏しく、そろそろ貴族としてやっていけないかもしれない。 先王の時代、若くも王に気に入られ、発言力があった。

 

ネルズ

宰相の地位を持ち、先王の時代から政治を任せられている。爵位は男爵。58歳。ネルズもまたこの歳まで独身である。騎士としての功績もあった。賢く、政敵には容赦ない。

 

タチアナ

先王の時代から、王城内の隅に占い小屋を許され、住んでいる。年齢不詳。少しばかり世捨て人な性質がある。家族はもう居ないらしい。歴史あるジプシー。

※ジプシー=漂泊民族。音楽や踊りを好み、占いなどを生業にすることが多い。

 

 

 

インフィニットループ 〜古城が見せた夢〜

日本一ソフトウェア
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2008年7月24日発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル アドベンチャー / ファンタジー
備考 キャラクターデザイン:不破大輔

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第170回 提督と、地中海の風と雨

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』編も後半戦に突入、あの海外艦の故郷を目指せ!!