携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『シグマ ハーモニクス』主人公シグマが起こす”奇跡”

2008/4/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

書き換えられた過去を修正して逢魔を封印せよ!

 

 人に害をなす”逢魔”が溢れ、時の規律が歪められたことで過去が改変された世界。書き換えられた過去では、さまざまな事件が発生してしまっていた……。これらの事件に秘められた謎を解くことで、正常な歴史を取り戻していくのが本作、『シグマ ハーモニクス』だ。そんな本作の”音使い”と呼ばれる一族の末裔である主人公、黒上シグマが起こせるふたつの奇跡を公開しよう。さらに、物語の舞台である黒上の館に住まう、過去の黒上家の住人たちも紹介する。



シグマは音使い特有の能力、”調音査”で、さまざまな奇跡を起こせる。そのひとつが”時の再演”。これは、館の各施設で、過去に起こった重要な出来事や会話を垣間見られるようになるというシステムだ。時の再演は、”魂の影”がある場所で行える。魂の影とは、人の強い想いが形となって残されたものだ。


黒上の館の中央に位置する”大時計の間”。この部屋にある巨大な大時計に調音査を行使すると、シグマは現在いる時刻とは別の時間に移動できる。この”時紡ぎ”を活用することで、時の再演がまだ行われていない、異なる時刻の黒上の館を探索できるようになる。


シグマと、パートナーのネオンが垣間見る過去の黒上家。その時代の黒上家頭首、黒上静馬は一族の長として影響の大きい存在だ。しかし、つねに周囲に気を配っているため、気苦労が絶えない様子。そんな静馬の目前で、殺人事件が発生!


規律を重んじる静馬の母、梅。そして、心やさしき静馬の妻、佳子。規律を何よりも重んじる梅は、佳子だけでなく静馬にも容赦がない、きびしい人物だ。一方、佳子は穏やかな性格の女性。音使いである静馬に嫁いだが、彼女自身もある能力を持つらしい。


過去の黒上家に降りかかる最初の事件は、密室殺人。紹介した静馬、梅、佳子のほかにも登場人物がいるようだ。シグマとネオンは惨劇の真相を解明すべく、黒上の館を探索することになる。事件の謎を解き、背後に潜む逢魔を倒せば、虚構の過去は修正されるはずだ。




※詳しくは週刊ファミ通2008年5月2日号(2008年4月18日発売)をチェック!

 

シグマ ハーモニクス

スクウェア・エニックス
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2008年夏発売予定
価格 価格未定
ジャンル アドベンチャー・RPG / ミステリー
備考 ディレクター:千葉広樹、キャラクターデザイン:仲秋勇作、コンポーザー:浜渦正志、プロデューサー北瀬佳範

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定

2019年2月17日、福岡県・福岡国際センターで開催されている格闘ゲーム大会“EVO Japan 2019”にて、アーケード版『ブレイブルー クロスタッグバトル』の新情報が発表された。

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。