携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『怒首領蜂』シリーズがXbox 360で再び大往生!? 『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)』

2008/3/8

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル』がXbox 360に移植決定

 画面を覆いつくすほどの弾幕をすり抜けてストイックにハイスコアを目指す。この独特のゲーム性によって、シューティングゲームの新たな潮流を生み出した縦スクロールシューティング『怒首領蜂』シリーズ。同シリーズの中から『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル』が、Xbox 360に登場することが決定した。もちろんアーケード版と同様に、『怒首領蜂 大往生』も同時収録されているので、2タイプの『怒首領蜂 大往生』を存分に楽しめる仕様となっている。

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

テレビの画面の中央に、アーケード版と同様の縦長のゲーム画面が表示されるぞ。アーケード版と同じ感覚でプレイするには、ある程度大きなサイズのテレビが必要となりそう。

 

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

敵に攻撃を当て続けるとコンボが成立し、攻撃を当てた際に得られるスコアが上昇する。このコンボをいかに継続させるかが、ハイスコア獲得のカギとなる。

 

-STORY-

1000年まえ、先代の文明国家は意思を持った機械兵団を作り出し、無人の世界戦争を行っていた。しかし、やがて機械兵団は人々の手に余るほどにまで発展。すべてを失った人類は、機械兵団を月に封印するのだった。そして1000年の時が過ぎ、文明が平和のために使われる時代が訪れる。そんなある日、月で異常な動きが確認される。封印されていた機械兵団が起動したというのだ。国連軍は、目覚めた機械兵団が地球侵攻を目指して戦力を整えつつあることを知ると、月の首都に向けて先制攻撃を開始。その作戦に参加した戦闘員の中には、戦闘機の強化を司る戦闘用ロボット”エレメントドール”の姿があった。人類は1000年まえに行われた"機械対機械"という戦争を、もう一度くり返そうとしていた……。

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

 

充実のオリジナル要素

Xbox LIVE対応

Xbox LIVEを利用することで、全世界のプレイヤーを対象とするスコアランキングに参加することができる。

リプレイモード搭載

使いやすいリプレイ機能が搭載された。自分のプレイデータを保存しておけば、いつでも鑑賞することができる。

グラフィックのパワーアップ

グラフィックがより美しさを増している。好みに応じて、オリジナルのグラフィックとの切り替えが可能。

その他オリジナル要素

アイコンやテーマなどのダウンロードコンテンツも予定されている。また、プレイ内容に応じて実績も加算される。



※詳しくは2008年3月21日号(2008年3月7日発売)の週刊ファミ通をチェック!!
 

怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮題)

5pb.
対応機種 Xbox 360
発売日 2008年発売予定
価格 価格未定
ジャンル シューティング / SF
備考 Xbox LIVE対応、プロデューサー:さかり まさき

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年07月17日〜2017年07月23日

ついに登場した『スプラトゥーン2』が圧倒的な勢いで首位に

“2017 PlayStation Press Conference in China”で見えた、中国市場が歩み始めたPSプラットフォームの独自の道【ChinaJoy 2017】

2017年7月26日にソニー・インタラクティブエンタテインメント上海(SIESH)主催による“2017 PlayStation Press Conference in China”が、上海 メルセデスベンツアリーナで行われた。

『ゲーム天国 CruisinMix』ジャレコが放った“笑撃”のシューティングゲームが再臨を果たす

角川ゲームスは、週刊ファミ通2017年8月10日号(2017年7月27日発売)にて、プレイステーション4、PC用ソフト『ゲーム天国 CruisinMix』の最新情報を公開した。

『スナイパー ゴーストウォリアー 3』スナイパーとしての戦いを描くシリーズ最新作が日本上陸!

ユービーアイソフトは、週刊ファミ通2017年8月10日号(2017年7月27日発売)にて、プレイステーション4用ソフト『スナイパー ゴーストウォリアー 3』の最新情報を公開した。

『ぺんぎんくんギラギラWARS』懐かしのボール投げ対戦アクションがド派手に再登場

シティコネクションは、週刊ファミ通2017年8月10日号(2017年7月27日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『ぺんぎんくんギラギラWARS』の最新情報を公開した。

『キングダム ハーツIII』D23 Expo 2017発表内容についての野村哲也氏のインタビューを全公開

2017年7月14〜16日(現地時間)にアメリカ・アナハイムで開催されたディズニーのイベント“D23 Expo 2017”で、最新情報を公開した『キングダム ハーツIII』。ディレクターを務める野村哲也氏に、その発表内容についてや、同氏が携わるそのほかのタイトルについて直撃した。

『FFXV』のオンライン拡張パック“戦友”のクローズドオンラインテストが2017年8月3日〜8日の期間実施

『ファイナルファンタジーXV』にて最大4人で同時プレイが可能な“オンライン拡張パック:戦友”の配信に先駆け、2017年8月3日(木)〜8日(火)の期間、クローズドオンラインテストが全世界同時に実施される。

東京ゲームショウ 2017でeスポーツイベント“e-Sports X”開催決定 『CoD:MWR』、『MHXX』、『ストV』、『CSO2』がラインアップ

東京ゲームショウ2017は、一般公開日の9月23日(土)・24日(日)の2日間の期間中、ホール11の特設ステージ(写真中央)で実施する主催者企画“e-Sports X(イースポーツクロス)”の開催概要を発表した。

『真・三國無双8』の実機プレイがPSのプレスカンファレンスで初公開! 気になるアレコレを鈴木亮浩プロデューサーに直撃!!【ChinaJoy 2017】

2017年7月27日〜30日にかけて、中国の上海でChina Joy 2017が開催。コーエーテクモゲームスの『真・三國無双8』の実機プレイが初公開された。気になる情報を同作のプロデューサーを務める、鈴木亮浩氏にうかがった。

『アケアカ NEOGEO 得点王』、『アケアカNEOGEO 龍虎の拳2』7月27日発売決定!

ハムスターは、『アケアカNEOGEO』シリーズにおいて、2017年7月27日より、『アケアカNEOGEO 龍虎の拳2』(プレイステーション4)と、『アケアカ NEOGEO 得点王』(プレイステーション4、Xbox One、PC)の配信を開始することを発表した。