携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

スティングならではのこだわりを満載した新作RPG『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』

2008/2/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

さまよえる魂となり、死せる騎士に命を与えて古城を奪還せよ

 ゲームシステムに独自の工夫を盛り込んだ、ユニークな作品作りに定評のあるスティング。そのスティングが、オリジナリティー溢れる新作RPGを開発しているとの情報をキャッチ。作品の名は、『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』。本作の主人公は、“ウィスプ”という形を持たない魂。このウィスプを操り、呪いによって魂を奪われた騎士たちを指揮しながら魔物の巣窟となった古城の奪還を目指す。これまでにスティングが開発してきた『Riviera 〜約束の地リヴィエラ〜』や、『ユグドラ・ユニオン』と世界設定を共有。そしてゲームシステムは、シミュレーションRPGにタッチペン操作によるアクションを加味したものとなっている。



Prologue

神界と冥府を分け隔てる地上のどこか。青黒く静かに水をたたえるノワール湖に浮かぶセント・セレスティナ島。この島の断崖絶壁に築かれた難攻不落の古城アーヴェンヘイム。この古城は古来より、あるときは異民族と戦い、あるときは彼らと共存しつつこの地を統治してきた王族の居城であった。しかし、ある日何者かの手引きによって、王宮内に冥府の魔物“ゾルゴナーク”が出現。王に忠誠を誓う騎士たちは討たれ、この地は魔物が闊歩する暗黒の世界と化してしまう。古城アーヴェンヘイムで、いったい何が起こったのか。そして、王の消息は? 裏切り者の正体とは!? 静寂の森にある朽ち果てた教会で覚醒した主人公。彼は失われた記憶を取り戻し、城で起こった事件の真相を解き明かすため、謎の少女マリアとともに古城へと向かう。





新しさに満ちたタクティカルバトル

 四角いマスで区切られたフィールドで行われる、戦略性の高いリアルタイムバトルが本作の特徴。ただし、従来のシミュレーションRPGのように、ユニットを駒のように動かして戦いを進めていくわけではないのがポイントだ。プレイヤーが操作するのは、タッチペンの動きに合わせて画面内を飛び回る主人公のウィスプ。味方の騎士を直接操作するわけではない。まずは、ゲームの基本的な流れを理解しよう。


ゲームの流れ

 

1 ステージ開始イベント

ゲームは複数のステージで構成されている。各ステージの冒頭では、物語の核心に関わる重要なイベントが挿入される。システムだけではなく、古城を舞台に展開される謎めいた物語も本作の魅力。


2 タクティクス

“タクティクス”では、バトル時の編成を決めることになる。ここで出撃する騎士や、戦場に持ち込むアイテムを決めていくわけだ。なお、戦場に出現する敵は下画面に表示される“エンカウントスロット”で出た絵柄によって決まる。タクティクス終了後は、いよいよ魔物とのバトルに突入することに。


3 バトル開始

戦闘はリアルタイムで進行する。各ターンは、設定された規定の時間が経過すると終了となる。そしてターン終了後はタクティクス画面に戻り、再び出撃する騎士や出現する敵を決めることになる。


4 ステージ終了

各ステージ終了後は、登場人物の過去の出来事がイベントで描かれる。このイベントをとおして、物語の謎が少しずつ明かされていく仕組みになっている。


5 セットアップ

“セットアップ”では、バトルで得た経験値を味方に割り振ったり、戦場で得た素材を使ってアイテムを強化することが可能。セットアップ終了後、つぎのステージへと進む。

トランソウル

アイテム強化

戦闘でスキルを使用すると、味方ユニットのVTが減少。VTが0になるとユニットは消滅してしまう。これを避けるには、ほかのユニットの魂を与えて命をつなぐしかない。ただし、その場合、魂を与えたユニットは消滅してしまう。

戦場で手に入れた素材で、アイテムを強化することも可能だ。強化に必要な素材は、アイテムによって異なる。アイテムの性能は強化の回数に応じて高まっていく。




 ※詳しくは週刊ファミ通2008年2月29日増刊号(2008年2月15日発売)をチェック!!



 

ナイツ・イン・ザ・ナイトメア

スティング
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2008年発売予定
価格 価格未定
ジャンル シミュレーション・RPG / ファンタジー
備考 ゲームデザイン:伊藤真一、デザインクリエイション:きゆづきさとこ、イラストレーション:戸部淑、岩永悦宜

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』4人のキャラクターのメインストーリーとゲームオリジナル私服を紹介

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年春頃の発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト、『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』に登場するキャラクターたちの最新情報を公開した。

動画初公開エリアでのデモプレイも! 人気声優・石川由依さん&齊藤陽介プロデューサーが駆け付けた『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』ステージ【台湾ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目(2017年1月22日)に行われた、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のステージをリポートする。

『LET IT DIE』ジャパンプレミア開催 神田沙也加さんと浜野謙太さんがサプライズ出演! 豪華声優陣が発表に

ガンホー・オンライン・エンターテイメントより2017年2月2日に配信を控えているアクション『LET IT DIE』。その配信を間近に控えて、1月22日に東京・Zepp東京にて“『LET IT DIE』ジャパンプレミア”が開催された。

実写映画版『ねこあつめ』本ビジュアルはキャット版&キャスト版の両A面、追加キャストのコメントも

ヒットポイントより配信中のスマートフォン用ゲーム『ねこあつめ』を原作にした実写映画『ねこあつめの家』(2017年4月8日全国公開予定)について、本ビジュアルが解禁。

『東亰ザナドゥ eX+(エクスプラス)』、PS4版『イースVIII -Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)』の中文版発売日発表にどよめき! 日本ファルコムのステージをリポート【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目に行われた日本ファルコムのステージをリポートする。

デルがゲーミングノートPCの2017年春モデルを発表! 13インチのVR対応『ALIENWARE』のほかに低価格ゲーミングノートも登場

2017年1月20日、デルは新製品発表会を開催した。ゲーミングノートPC『New Inspiron 15ゲーミング』や『New ALIENWARE 13』のほかに、タブレット形態にも変形するノートPC『New XPS 13 2-in-1』など、多彩なラインアップを公開。

『FFXV』に台湾料理が登場!? 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』のデモプレイも行われた『ファイナルファンタジー』ステージは大盛況!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。同イベント期間中の1月21日に行われた『ファイナルファンタジー』ステージの模様をリポートする。

人気声優・井上喜久子さん(17歳)も参加した『ダンガンロンパ』ステージの模様をお届け!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。ここでは、1月20日に行われた『ダンガンロンパ』ステージの模様をリポート!

PS4 Pro&PS VRの安定供給はいつ? SIEのアジア戦略キーパーソン・織田博之氏と江口達雄氏に聞く、現状と今後の展望【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。1月20日のSIETブースのステージおよび、台湾メディア向けに設けられたSIEのアジア戦略キーパーソンへの共同取材の模様をお届けする。

“ぷよぷよカフェ”での対戦イベントは有名JKプレイヤーいーちゃんさんも参戦して大盛況!

2017年1月21日、“ぷよぷよカフェ”池袋店にて、来店者と『ぷよぷよ』上級プレイヤーが対戦できるイベントが開催された。その模様をお届けしよう。