携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

携帯電話で描かれる物語!! 『キングダム ハーツ コーデッド』

2007/12/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

デバッグを使いデータ上の世界を進め

 

 『キングダム ハーツII』の旅のあとで発見された、“彼らの痛みを癒しに戻らなければならない”という記録。不可解なことに、書いた本人でさえその意味を知らなかった……。この謎を解くため、データ化されたソラが活躍するのが本作。過去の冒険を追体験しながら、新たな事実を発見していこう。携帯電話でもアクションRPGとして遊びやすいように工夫されたシステム、“デバッグモード”に注目!!


 

『キングダム ハーツ』序盤と同じシーン!

気絶していたソラは、プルートに起こされる。そののち、ともに冒険に向かう仲間と出会うのだ。






一風変わったバトル

 本作の世界はデータ上にある。しかし、バグに侵食されていて、進むにはこれを排除する必要があるのだ。ハートレスが生み出す四角いブロックがバグだ。ときには、足場などとして利用できることもある? 部屋をバグに占拠されないように注意!


デバッグモードを使え

バグを排除するための手助けとなるのが、任意で発動できるデバッグモード。これはソラあをパワーアップさせたり、バトルのルールを変えたりすることができるシステムだ。たとえば、“ハイスピード ステージ”というデバッグモードを選ぶとソラの移動や攻撃スピードが格段に上昇する、といった具合。バグをすり抜けるなんて芸当も可能になっちゃうぞ!


制限時間内にバグを排除

デバッグモードは、使用時間に制限がある。時間内にバグを排除できなかった場合は、ほかのデバッグで再挑戦することも可能だ。


バージョンアップポイントでソラを強化!

デバッグモード終了時には、リザルト画面が表示される。このときゲットできる“VP(バージョンアップポイント)”は、ソラを成長させるのに必要なポイントなのだ。データ世界のソラは、いわゆる“レベルアップ”ではなく、“バージョンアップ”することでステータスが強化されていくぞ。




※詳しくは週刊ファミ通2008年1月11・18日合併号(2007年12月28日発売)をチェック!!

キングダム ハーツ コーデッド

スクウェア・エニックス
対応機種 携帯電話
発売日 2008年配信予定
価格 価格未定
ジャンル アクション・RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ネットワーク対応、ディレクター:野村哲也、Co.ディレクター:田畑端、プロデューサー:大日方可功子、アソシエイトプロデューサー:伊藤幸正、エグゼクティブプロデューサー:橋本真司

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ルルアのアトリエ』発売記念特集では、岸田メル氏描き下ろし絵や、島袋美由利(ルルア役)インタビューを通じて『ルルア』の魅力を掘り下げる!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』の発売記念特集を掲載。扉を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト。ほか、声優・島袋美由利さん(ルルア役)インタビューや、攻略情報をお届け。

『FFXV エピソード アーデン』で描かれるものとは? 開発スタッフのミニインタビューも掲載【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、2019年3月26日配信予定の『ファイナルファンタジーXV エピソード アーデン』の概要や開発スタッフのミニインタビューを掲載。

『スーパーロボット大戦T』攻略スタート! 第11話までの内容紹介とSRポイント獲得のコツを伝授!!【先出し週刊ファミ通】

2019年3月20日発売の週刊ファミ通2019年4月4日号では、『スーパーロボット大戦T』の攻略記事を掲載。まずは第1話から第11話までの攻略情報をお届け!

『DOAX3S』発売記念でマリー・ローズちゃんにインタビュー! マリーちゃんづくしのPS4テーマ付録も【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、ニンテンドースイッチとプレイステーション4で発売される『デッド オア アライブ エクストリーム 3 スカーレット』の発売記念特集をお届け。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』へと続くフロム・ソフトウェアの“足跡”を追う特集をお届け! 宮崎英高氏が『SEKIRO』そしてフロム・ソフトウェアのいまとこれからを語るインタビューも!!【先出し週刊ファミ通】

 週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、最新作『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に至るまでのフロム・ソフトウェアの“足跡”を追う特集をお届け。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発売記念特集にて、隻腕の忍び“狼”の過酷な戦いで覚えておくべき心得を伝授する。備えよ!【先出し週刊ファミ通】

 週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、ついに発売を迎える『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の発売記念特集をお届けする。

『ルルアのアトリエ』プレイレビュー。シリーズ4作目だからこそ感じられる“時の流れ”が、キャラクターを魅力的に描き出す

“アーランド”シリーズ待望の最新作『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』プレイレビュー。キャラクター、ストーリー、調合システムなどの見どころを、がっつりプレイした『アトリエ』担当編集者が紹介。

HTC VIVEが見据える、VR普及の鍵を握るのは開発者がソフトを提供しやすいプラットフォーム作り【GDC 2019】

2019年3月18日〜22日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで行われている世界最大級のゲーム開発者のカンファレンス、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2019。ここでは、会期初日に行われたHTC VIVEのキーノートのリポートをお届けしよう。

インディーズメーカーを支援する新レーベル“ディライトワークス インディーズ”発足、2019年春にSwitch版『タイニーメタル 虚構の帝国』を発売

ディライトワークスは、新レーベル“ディライトワークス インディーズ”の発足と、同レーベルの第1弾タイトル『タイニーメタル 虚構の帝国』を2019年春に発売することを発表した。

PS Nowに『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『WWE 2K18』など5タイトルが新たに配信。サーチ機能で検索もラクラク

PlayStation Nowにサーチ機能が追加! 2019年3月は『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、『WWE 2K18』など5タイトルが配信!