携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

【映像配信】『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』”澪尽し編”オープニングムービーを配信!!

2007/11/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アツい展開に狂喜せよ! ”澪尽し編”オープニングムービー!!

 2007年12月20日に発売が予定されているプレイステーション2用ソフト『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』。同作には、前作『ひぐらしのなく頃に祭』を持っていれば、初回起動時に『祭』を認識させることで、低価格版のみでのプレイが可能になる『カケラ遊び・アペンド版』と、追加内容を含めた全要素を楽しめる『カケラ遊び』が用意されている。


 今回は、そんな『カケラ遊び』で新たに制作された、”澪尽し編”オープニングムービーを配信するぞ! 同ムービーは、前回配信した『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』と対になるように、非常にアツい仕上がりとなっている。ファンならばまず間違いなく、必見のムービーだぞ。ただし、イベントシーンのグラフィックも満載なので、まだ『ひぐらしのなく頃に』という作品をプレイしていない人で、ネタバレが嫌い、という人は要注意! 観るときは覚悟を決めて視聴してほしい。
 また、今回も、ムービーを制作した、RMGからのコメントをお届けしていく。こちらも必見だ!!

 

※高画質版のダウンロード配信はファミ通.com会員限定配信となります(サーバーの負荷分散を目的としており、個人情報の入力は不要です。一時的に利用するメールアドレスでご登録頂いてもかまいません)。ID登録・パスワード取得方法については下記をご参照ください。
 

『ひぐらしのく頃に祭 カケラ遊び』
”澪尽し編”オープニングムービー


ストリーミング再生
   [ 514Kbps / wmv形式 ]

高画質版をダウンロード
   [ zip圧縮 / 約128MB / mpeg形式 ]
※高画質版の配信は終了しました。

ダウンロードしたデータは、個人的に楽しんでいただくことを目的として配布させていただいております。第三者への譲渡・貸与・使用許諾、HP上へのアップロード、バックアップ目的以外の複製は禁止させていただきます。また、再生環境によっては、適正に動作しない場合がありますので、あらかじめご了承ください。再生には、Windows Media Playerが必要です。

 

 

『ひぐらしのなくに祭 カケラ遊び』
尽し編”オープニングムービーット

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び

 最終章”澪尽し編”オープニングということで、ムービーのテーマは”蘇生”です。『コンプレックス・イマージュ』を聴いてまず思い浮かんだことは、オープニング『嘆きノ森』で燃やしてしまったものの復活です。冒頭で蝉を、ラストで写真を逆再生して蘇らせています。『嘆きノ森』のときは、あえて色を落として”静けさ”、”怪しさ”を表現していましたが、今回は最終章ですので、鮮やかで目に焼きつくような映像を意識しています。

 作っていて最後まで悩んだのが構成です。『コンプレックス・イマージュ』では、惨劇を過去に起ったものとして表現したかったので日常や事件を解決していく過程のシーンがメインになります。曲がアップテンポなこともありゲーム中のイベントのみで構成しきれず苦労しました。構成を決めるときにいつも思うのですが、”パズル”に非常に似ています。ぴったりはまると非常に気持ちのよいムービーになります。その点で、今回のムービーは”ぴったりはまった”と思います。

 3Dカットでは、時間ループをイメージした空間を”連続した鳥居”で表現してみました。設定にはないものの3D化という、ちょっと変わった試みです。動きやレイアウトを3D担当に伝え、思考錯誤しながら完成させたカットです。選ばれた人しか立ち入ることのできない怪しげな空間の雰囲気が伝わればと思います。(鳥居の入り口前で一瞬横切る袴が”誰のものか”はご想像にお任せします)

 いままでの惨劇を知っている方なら思わず目頭が熱くなる歌だと思います。彩音さんの歌声に負けないぐらい爽快で鮮やかなムービーになったと思います。最終章”澪尽し編”を始めるまえに、いままでを振り返りながらぜひご覧ください。

【オマケ】
 余談ですが、前作『祭』の打ち上げの席で、作曲の志倉(千代丸)さんとお会いしたときに「『コンプレックス・イマージュ』のムービーも作ってみたかったです」と冗談交じりに言っていたことが、まさか機会をいただけるとは思いませんでした(笑)(RMG)


※『ひぐらしのなく頃に祭』公式サイトはこちら

 

 

■ID登録、パスワード取得方法

※ 現在も有効なメールアドレスで、パスワードをお忘れの方は、こちらから再発行をいただければ、ダウンロードできます。負荷分散のため、ご協力いただけますようよろしくお願い申し上げます。

(1)

こちらの画面からメールアドレスを登録してください。このメールアドレスが「ID」となります。

(2)

入力したアドレスに、確認メールが届きます。メール内URLをクリックして正式に登録してください。

(3)

こちらの画面から、先のID(メールアドレス)を入力し、パスワード発行を行ってください。パスワードの書かれたメールが届きます。ここからログインして(別窓)ダウンロードをお願いいたします。

※メール到着まで5分ぐらいお待ちください。万一、届かない場合は、迷惑メール・スパムメールに分類されている可能性がありますので、ご確認くださいませ。 

 

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び
ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び・アペンド版

アルケミスト
対応機種 プレイステーション2
発売日 2007年12月20日発売予定
価格 7329円[税込](アペンド版は4179円[税込])
ジャンル アドベンチャー / サスペンス
備考 アペンド版は要『ひぐらしのなく頃に祭』ソフト、原作:竜騎士07

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Fate/EXTELLA』Nintendo Switch版発売を記念してLoppi・HMV限定グッズの発売が決定

Nintendo Switch版『Fate/EXTELLA』の発売を記念して、Loppi・HMVにてオリジナルグッズの発売が決定。

「本気で100万本売る気だった」シシララ安藤氏と『ストライダー飛竜』の四井氏が『鈴木爆発』を語る【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ゲームディレクターの四井浩一氏とゲームプロデューサーの安藤武博氏が登壇。“『鈴木爆発』『ストライダー飛竜』通好みのゲームはどのようにつくられるのか?”というテーマで対談した。

吟遊詩人と機工士のキャスト動作が撤廃に! 『FFXIV』第36回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の最新情報が発表されるプロデューサーレターLIVEが、2017年5月23日にオン・エア。この日に公開された、次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』におけるバトルシステム調整の中身をお伝えする。

『ディシディアFF』公式全国オンライン大会の詳細が続々と明らかに! “『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”速報

2017年5月23日より、ニコニコ生放送とYouTubeで配信された“『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”。この夏をさらにアツくさせる“公式全国オンライン大会2017”の詳細が、こちらの放送にて発表された。本記事では、放送で発表された情報をひとまとめにしてお届け。

『PixelJunk』シリーズ初のスマホゲーム『Eden Obscura』、カメラ機能を使った独創的なビジュアルを紹介【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、Q-Gamesのクリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏が登場し、『PixelJunk』シリーズ最新作の『Eden Obscura』を紹介した。

『バイオハザード』&『ストリートファイター』&『ロックマン』のデフォルメフィギュア“POP!”に親しみやすい日本版パッケージが登場

アメリカの玩具メーカー、ファンコ社が展開するデフォルメフィギュア“POP!”。その『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ロックマン』各シリーズにおいて、日本オリジナル仕様のパッケージが発売されることが公表された。ロゴやキャラクター名が日本仕様に変更されており、より親しみやすいデザインとなっている。なお『ストリートファイター』シリーズでは店舗限定のレアバージョンも登場予定だ。

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感する共感覚スーツがさらに進化! “シナスタジアスーツ2.0”プレス体験会リポート

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感できる“シナスタジアスーツ2.0”のプレス体験会のリポートをお届けする。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が2017年秋にPS4、Xbox One、PCで発売決定 公式リリースが到着

カプコンは、オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』生誕5周年を迎えるアニバーサリーイヤーの2017年に、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』をプレイステーション4、Xbox One、PCにて発売することを発表した。

RazerとBungieがパートナーシップを結託、『Destiny 2』仕様のChromaキーボードやDeathAdder Eliteマウスが発売決定

Razerは、Bungieとのパートナシップ結託を発表。Bungie開発によるアクティビジョンのFPS『Destiny 2』をテーマとした製品シリーズを発売することを発表した。

園子温監督と『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏とのスペシャル対談が“セガなま”で公開

セガゲームスは、2017年5月30日20時55分より、バラエティー番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の2017年5月放送回を、ニコニコ生放送、FRESH!、Youtube Liveにて配信する。