ファミ通.com
サイトマップ メルマガ・登録 お問い合わせ
ホームニュースショッピングミュージックブロードバンドプレゼント
→オンラインゲーム →ケータイ →PCエンタメ →家庭用ゲーム →トピックス →イベント


企画・ニューストピックス

HOMEニュース>特別企画>桜井政博のゲームについて思うこと (ファミ通.com出張所)

桜井政博のゲームについて思うこと (ファミ通.com出張所)

ゲームデザイナー 桜井政博さんが週刊ファミ通で連載している人気コラム“桜井政博のゲームについて思うこと”の単行本発売を記念し、週刊ファミ通誌上で読者の“ゲームについて思うこと”を募集したところ、予想以上のおたよりが殺到! 週刊ファミ通4月22日号でのスペシャル版掲載に続き、ファミ通.comにも出張所を開設!

ゲームについて思うこと ファミ通.com出張所 VOL.2
読者のゲームについて思うこと

東京都 ナオミきゃんべるさんの

ゲームについて思うこと

読者のゲームについて思うこと

 シリーズ物などの大作主義が目立つ中、新作ソフトを売り込むにはもっと体験版の無料レンタルを普及させるべきではないでしょうか?


 やはりどんなゲームかわかりづらい新作よりも、シリーズ物のほうが購入しやすいのだと思います。ちなみに僕も『デビル メイ クライ』をレンタルしてみて、おもしろかったので購入しました。

 

区切り点線

 

ゆうしゃさくらい

 いまどき「買ってみなければわからない」という娯楽も通用しにくいのかもしれませんね。わたしも事前に試せるにこしたことはないよなぁと思いつつ、今回はあえて事情バナシを多めにしてみようかと。

 

 ゲーム販売店では、店頭の試遊台に出すソフトと出さないソフトが吟味されます。それは単純に新作、売れ線であるかないかということで判断されるとは限らず。触ってもらったほうが伝わりやすいものなのか、イメージで勝負する方がトクなのか。そのあたりをふまえて検討されるわけですね。


 メーカーから見た体験版制作もそれに似ているところがあります。体験版を作るということは、制作スケジュールにも影響が出るしコストもかかるし、バグ取りも進捗上優先的におこなわなければなりませんから。それが効果的なのかどうかは、宣伝と開発進行のバランスを取る必要があると思います。

 要は、全部のゲームが映画の予告編と同じように体験版を作るには、ゲームの特徴上ちょっとハードルが高いということなのです。

 

 わたしは「触ってもらうのがなによりのソフト」を作り続けられるようになりたいなぁ。

 

 

東京都 踊れる豚さんの

ゲームについて思うこと

読者のゲームについて思うこと

 最近ふだんゲームを遊ばない人にも楽しめるように、操作方法をシンプルにしたゲームが増えています。操作方法をシンプルにすれば、多くの人が楽しめるかもしれませんが、ゲームに慣れ親しんだ者としては、なんだかさみしい気がします。複雑な操作だけど、みんなが楽しめるというゲームは作れないのでしょうか?

 

区切り点線

 

ゆうしゃさくらい

 ゲームデビューした幼いころ、わたしは2方向スティックと1ボタンだけのゲームで遊んでいました。(『スペースインベーダー』とか)
 そんな時代のわたしに、いまのプレイステーションのコントローラーを見せたら、どう思うのだろう? おそらくそのボタンとスティック類の数に、「なんだこれ!!」とびっくりするのではないかと。
 段階的に変化になじんで来たからこそ、変化にも耐えられたと思うのです。
 「でも、自分はプレイステーションから始めたよ!!」というかたもおられるでしょう。しかし一方で、そのボタンの数を見て「ゲームするのムリ」と思っている人もいるかもしれないわけで。
 で、ご質問に答えますと。"複雑な操作だけど、みんなが楽しめる"ようにするには、やっぱり段階的に操作がわかるようにして、ゲームクリアに必須の操作を減らすのがなによりかなぁと。


 たとえば『スマブラ』では、スティックによる移動とAボタンによる攻撃さえわかれば、一応ゲームはできます。慣れてきたらBボタンによる必殺ワザ、Rボタンによるガード、はじき+Aでスマッシュ攻撃……などと段階的に覚えれば、さらに広がっていくという作りにしたつもりなのです。
 必須は少なく、芸は多く。こんな感じでいかがでしょう??

 

 

福井県 M・Nさん(25歳)の

ゲームについて思うこと

読者のゲームについて思うこと

 週刊ファミ通の“読者が選ぶTOP20”で、チュンソフトの『街』がいまだに根強い支持を誇っています。『街』の発売当時はサターンを持っていなかったので、リメイクでもそのままの移植でもいいので現行機で発売してほしい!サターンでしか遊べないなんてもったいない!

 

区切り点線

 

ゆうしゃさくらい

 “読者が選ぶTOP20”の『街』、スゴイですよね!! なんでそんなにいつまでもランクインしているのかと。オドロキです。どういう層が投稿しているのだろう……。


 さて、リメイクでもそのままの移植でもいいので現行機で販売してほしいと。確かにそう思いますね。もし出たらわたしもプレイしたいです。おもしろいし。
 でも、そのままの移植だったら、怒る人もいるんじゃないでしょうか? 俳優さんも歳を重ねているだろうから、リメイクのために新録というわけにもいかないだろうし。
 そこで登場するのが、1999年にプレイステーションで発売された『街 〜運命の交差点〜』というわけですよ。これならプレイステーション2でも動くハズです。


 ……ゲーム店員みたいだって? お買いあげ、ありがとうございます!!

 

 

兵庫県 H・Aさん(26歳)の

ゲームについて思うこと

読者のゲームについて思うこと

 『ファイナルファンタジー(以下、FF)』シリーズがどんどん難しくなりつつある。『FF』シリーズには、チャンスが1度しかないミニゲームのようなイベントがあるため、どのイベントも見逃さず、装備品などをコンプリートするためには、ミニゲームを失敗するたびにリセットボタンを押すしかない。しかし、僕はリセットボタンを押すという行為が嫌いだ。できるならば、最強装備の入手方法はミニゲームと関係ない方法にしてほしい。でも、『FFXII』をプレイするのが楽しみです! 

 

区切り点線

 

ゆうしゃさくらい

 同感です。まったく同感。

 というか『FF』に限らず、ネタバレを必死で避けつつ自力でエンディングに行く人が、隠し要素を知らないばかりにソンをするということはよくない!!
 できれば、いつでも戻っていつでもチャレンジできるようにしてもらえればなぁ。それならエンディングまで到達しても後くされがないですしね。


 ただ最近はそういう「シナリオ展開に関係なく戻れること」に気を遣っているソフトも増えてきたような気がします。理不尽さを感じるのはみな同じということなのか。

 

 

埼玉県 ミンミナさんの

ゲームについて思うこと

読者のゲームについて思うこと

 『バイオハザード4』でヒロイン、アシュリーのパンツが見えるというゲームデザイナーによる一種の遊び、ファンサービスについて、「やりすぎだ」という世論が出ています。
 ハードの質の向上にともない、この先こういった表現のリアルさが増してくるにしたがって、遊び心としてとらえてもらえない事もでてくるのでは?

 

 ゲーム関係の方の意見を聞きたいです。

 

区切り点線

 

ゆうしゃさくらい

 うーん、パンツぐらいいいと思うんだけどなぁ。ミニスカなんて、街でもよく見かけるでしょう? それが激しくアクションすれば、そりゃーちょっとのチラリはありますとも。『バイオハザード4』もプレイしてみましたが、見たところあんまりそういう下品なウケを狙ってはいなかったと思いますし。なので、アシュリーのパンツについては、「考えすぎるほうがエッチなんじゃないの?」と片づけたい……。


 で。“表現のリアルさが増すことにより、遊び心としてとらえてもらえない事もある”。これは考える余地がありそうなことですね。ファミコンの映像でナイフを刺す、リアルなキャラがナイフを刺す、ぜんぜん違いますもん。

 

 

広島県 T・Hさんの

ゲームについて思うこと

読者のゲームについて思うこと

 『スマブラ』に関して改めてスゲェなあと実感したできごとを思い出したので、ご報告を。

 

 親戚が来たときに、ヒマそうにしていた子供たち(5歳と8歳)に『スマブラDX』をプレイさせてみました。18歳の自分と年の離れた子供たちでの対戦だったのですが、彼らはつねに興奮状態で楽しんでいました。この点に関して評価すべきものがあるのではないかと思うのです。

 

 『スマブラ』に限ったことではないんですが、個人的に桜井さんはゲームに対して"放任主義"だなあと感じています。砕いた言いかたで言えば"遊ぶ場所は用意したからご自由に"といった感じです。そこでは強制力が感じられず、価値観の押しつけがありません。自分の遊びかたを見つけ、自分で価値を発見できるものなのです。だからチビっ子たちも楽しむことができたのではないかと。

 

 またこういったゲームはつねに何らかの価値を発見できるために、時が経ってもおもしろさの本質は変わらず、色あせることがありません。

 

 発売から数年経ったいまでも、ファミ通編集部で『スマブラ』大会が開催されて盛り上がれるのも、こういうことなのかなあと思ったり。大会の模様を読んでたら、自分も大会を開きたくなってきましたよ。

 

区切り点線

 

ゆうしゃさくらい

 そう、わたしは自由であることが好きなのです。
 わたしがビデオゲームにおいて魅力を感じることのひとつに、「好き勝手にできる」という要素があります。右に行きたければ右に、左に行きたければ左に行くことができる。プレイヤーにゆだねられて世界を楽しむというのが、かなり好きなんですよね。だから、強制感のある遊びがあんまり好きでなかったり。


 でも、全く広大な世界に単身放り出されても困るプレイヤーも多いわけで。そこに囲いを作ってあげるのも、ゲームデザインの重要な要素だと思っているのでした。

 鬼ごっこは、広大な空き地でやるよりちょっと入り組んだところでやるほうがおもしろいもんなぁ。

 


 

桜井政博のゲームについて思うこと Think about the Video Games

▲ この表紙を探すのだ!

単行本 絶賛発売中!!

『大乱闘スマッシュブラザーズ』、『星のカービィ』、『メテオス』など数々の作品を手掛けたゲームデザイナー、桜井政博さんの人気コラム『ゲームについて思うこと』(週刊ファミ通連載)が単行本化!! 連載第1回〜第50回に加え、後日談&ファンが“にやり”とするスペシャルなおまけを収録。桜井氏のファンはもちろん、ゲームファン、ゲームクリエーターを目指す多くの人が楽しめる1冊。みんなで読もう!!

amazon.co.jpで予約・販売も行っています!

 

 

桜井政博のゲームについて思うこと
Think about the Video Games

ISBN

4-7577-2271-0

発売日

2005年3月31日

価格

1050円 [税込]

判型

A5版

 


 

メテオス

▲ 1回3分ぐらいのお手軽ゲーム! 何度も遊びたくなります。

メテオス大好評発売中!!

降りそそぐ大量のメテオ(ブロック)をタッチペンでスルスルっと動かし、色をそろえて打ち上げる! こんな簡単ルールだけれど奥深く、ハマり人続出のアクションパズルゲームだ。ゲームデザインを手がけた桜井政博さんの遊び心もギッシリつまってるぞ。ムービーやもっと詳しく知りたい時は、『メテオス』公式サイトをチェック!!

amazon.co.jpで予約・販売も行っています!

 

【関連リンク】

 

メテオス

メーカー

バンダイ(開発:キューエンタテインメント) 

対応機種

ニンテンドー DS

発売日

2005年3月10日

価格

5040円 [税込]

 

『メテオス』 (C)Q ENTERTAINMENT (C)BANDAI 2005
← “桜井政博のゲームについて思うこと (ファミ通.com出張所) ”トップページへ

[an error occurred while processing this directive]
インフォメーションプライバシーポリシー(別窓)利用条件・免責