ファミ通.com ENTERTAINMENT
CONTENTS
GAME ENTERTAINMENT
SHOPPING
ニュース 人気漫画『あずまんが大王』ついにテレビアニメに!
2002年2月18日
▲声優陣がサインを入れたポスターを手に記念撮影。
 インターネットでの配信や劇場版公開などでますます人気が高まっている漫画『あずまんが大王』が、ついにテレビアニメ化されることが決定。4月8日からテレビ東京(毎週月曜1時25分〜1時55分)系5局ネット、そしてスカイパーフェクTVのAT-X(月〜金曜日7時54分〜8時)で放映される。2月18日、その製作発表記者会見が開かれた。

 『あずまんが大王』は、2000年にインターネットで有料ストリーミング配信され、2001年には劇場版作品も公開されるなど、着々と映像化が進行していた作品。とある高校を舞台に、飛び級で入学した10歳の天才少女や、天然ボケの大阪人など、個性豊かなキャラクターたちが送る日常を描いている。

 記者会見には、原作者のあずまきよひこをはじめ、錦織博監督、金田朋子、浅川悠、松岡由貴、樋口智恵子ら声優陣、そしてキングレコードやAT-X、テレビ東京などの製作委員会の面々が参加。製作にのぞむ心境などを語った。

▲「まだ全然実感がないです。こうしてここにいるのが不思議」というあずまきよひこ。 ▲人気作品を手がけるということもあり、緊張感をみなぎらせてコメントした錦織監督。
 あずまきよひこは「基本的にアニメ作品は監督のものだと考えていますから、原作者だから細々口をはさむのもどうかと思います。ですから錦織監督には好き放題にやっていただきたいですね」とコメントした。

 映画版に引き続き今回のテレビアニメ版も手がけることとなった錦織監督は「原作が不思議な雰囲気の作品ですから、その独特の間の取りかた、キャラクターの印象を生かして楽しいアニメにしたいです」と意気込みを語った。


▲映画版でも大活躍の美浜ちよを演じる金田朋子。
 「私自身背が小さくて早口言葉が苦手だったりして、共通点が多いです」と語る美浜ちよ役の金田朋子は、「みんなに愛されているキャラクターなので、その期待を裏切らないようにがんばりたいです」とコメント。そのほかの声優陣も口々に作品への意気込みを語った。

 テレビ放映開始とともに、バンダイからトレーディングカードや各種グッズ類が発売されることもすでに決定している『あずまんが大王』。その人気はますますヒートアップすること間違いナシ!?

エンターテイメントTOPに戻る


FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015 ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。