ファミ通.com ENTERTAINMENT
CONTENTS
GAME ENTERTAINMENT
SHOPPING
ニュース 浜崎あゆみ&TOKIO長瀬が同ステージに! 新世紀初紅白
2001年11月30日
 11月29日、年末恒例のNHK紅白歌合戦出場歌手の発表が行われた。稲垣メンバーが謹慎中とのことで出場するのか注目を集めたSMAPは、結局出場辞退。さらにソロ活動が話題の桑田佳祐や今年初ライブを行った倉木麻衣らの出場も見送られた。そのなかでザ・ドリフターズ、えなりかずき、森昌子ら意外な歌手(!?)の出場が発表された。

 21世紀最初のNHK紅白歌合戦。白組では、『明日があるさ』のヒットを飛ばしたRe:Japanとウルフルズが合体して登場。また、今年のデビュー組のなかで最も活躍したCHEMISTRYが初出場を決めた。意外な初出場組は、えなりかずき、ザ・ドリフターズの2組。ドリフはデビュー38年目にしての初出場となり、会見に現れた加藤茶と仲本工事は、喜びつつも「何を歌っていいかわからない。コントをやるのかどうかもまったくわからない」と首を傾げていた。

 紅組では、『Secret base〜君がくれたもの』のヒットで一躍人気を獲得したZONE、さらに松浦亜弥ら3組が初出場。また、長男がジャニーズJr.でデビューしている森昌子の出場が決まり、15年ぶりにステージに立つことに。夫、森進一も出場を決めているので、夢の家族共演が実現するかもしれない。

 ちなみに、交際宣言した浜崎あゆみと長瀬智也(TOKIO)は揃って出場を果たすほか、旧恋人同士だった郷ひろみと松田聖子も出場を決め、同じステージに立つことになる。


【NHK紅白歌合戦オフィシャルページ】
http://www.nhk.or.jp/pr/kouhaku/

エンターテイメントTOPに戻る


FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015 ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。