ファミ通.com ENTERTAINMENT
CONTENTS
GAME ENTERTAINMENT
SHOPPING
ニュース 『マクロス』を手がけた河森正治氏デザインの新型AIBO
2001年11月8日
▲河森氏のデザインでよりサイバーになった新型AIBO"ERS-220"
 ソニーは、エンターテイメントロボット"AIBO"の新バージョンとして、"ERS-220"を11月23日に発売すると発表した。この新型AIBOは、『超時空要塞マクロス』などを手がけたメカデザイナー・河森正治氏がデザインを担当。先に発売された"ラッテ&マカロン"(→関連記事)のような動物に近い外観ではなく、より近未来的なロボットのイメージが強いフォルムデザインとなったのだ。

 本体のカラーはシャープなシルバー色。AIBOの感情に合わせて光る全身のLEDランプは19個となり、より感情表現や意思表示が多彩になった。基本的なスペックは前身モデルの"ERS-210"(→関連記事)と同等で、12月上旬発売予定の"220トランスフォームキット"を使えば、既存のERS-210をERS-220に"換装"することが可能だ。

▲ワイヤレスLANカード+パソコン+"AIBOナビゲーター2"でリモコン操作も可能に。
 また、AIBOの楽しみを拡張する"AIBO-ware"の新ソフト"AIBOナビゲーター2"とワイヤレスLANカード(いずれも別売り)を使用すれば、AIBOに内蔵されたカメラの映像やマイクで集音した音声ををパソコンでリアルタイムに確認することが可能。さらに、AIBOの行動をリモートコントロールすることもできる。

 なお、"ERS-220"の価格は18万円。一部の量販店や百貨店、ソニーショップで販売するほか、AIBO公式ホームページと電話でも購入申し込みを受け付ける。公式ホームページと電話での受け付けは、11月23日の10時から。

【AIBO ホームページ】
http://www.aibo.com/

【AIBOショップ ナビダイヤル】
0570-008811(携帯電話・PHSからは03-5470-0666)
受付時間:10時〜18時(年末年始を除き毎日受付)

エンターテイメントTOPに戻る


FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015 ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。