ファミ通.com ENTERTAINMENT
CONTENTS
GAME ENTERTAINMENT
SHOPPING
ニュース うっかり八兵衛が超リアルなアクションフィギュアに!
2001年4月3日
 時代劇のキャラクターをフィギュア化して話題を呼んだアルフレックス(→関連記事)が、こんどは『水戸黄門』一行の三枚目、"うっかり八兵衛"をアクションフィギュア化! 5月に1000体限定で発売する予定だ。価格は15000円。

八兵衛フィギュア
▲「もう春ですね〜ご隠居」なんて声も聞こえてきそうな迫真の再現度。
 うっかり八兵衛は、ドジばかり踏んで何のとりえもないが、どこか憎めない性格が愛されて30年以上活躍し続けているキャラクター。フィギュアは、八兵衛を演じている高橋元太郎のたたずまいを、そのまま忠実に再現したものとなっている。

 本体はナイロン樹脂とソフトビニールの複合構造で、正座などのポーズも自然にこなせるもの。コスチュームも着物や帯、わらじなどはもちろん、ふんどしや股引にいたるまで再現しているのには驚き。

 さらに付属品として、柳行李やキセル入れ、たばこ盆などのほか、八兵衛には欠かせない団子や湯飲み、はては縁台などもついてくる。これらを使って"茶店でひと休み"といった劇中のワンシーンを再現することもできるのだ。初回出荷500セットには、特典としておにぎり2個セットも同梱する。

 『木枯らし紋次郎』や『子連れ狼』など、主役級のキャラクターが多かった同社の時代劇フィギュアシリーズ。今回新たにうっかり八兵衛という脇役が加わったことで、さらにバリエーションが広がりそうだ。

エンターテイメントTOPに戻る


FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015 ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。