ファミ通.com ENTERTAINMENT
CONTENTS
GAME ENTERTAINMENT
SHOPPING
ニュース どちらのファンも大満足! 映画『弟切草』&『狗神』舞台挨拶
2001年1月29日
 1月27日、東京・有楽町の日劇東宝で、映画『弟切草』と『狗神』の初日舞台挨拶が開催された。劇場は、前日夜半から降り続いた大雪にもかかわらず満員御礼。出演者や監督たちも感激の舞台挨拶となった。

天海&奥菜
▲主演女優ふたりが同じ会場に!

奥菜恵
▲「いろんなテーマを読みとってほしい」と奥菜恵。
 同名のゲームの映像化作品として注目されている『弟切草』("ゲームから誕生した映像作品"特集はこちら)の舞台挨拶には、下山天監督と主演の奥菜恵、斉藤陽一郎が登場。下山監督は作品について「この『弟切草』という作品のなかには、"兄弟と親子"、"恋愛と狂気"、そして"ゲームと現実"など、いろいろなテーマを詰め込んであります。それらをどう感じたかは皆さんにお任せします」とコメントした。また、奥菜恵と斉藤陽一郎ら俳優陣も、「撮影中はいろいろ大変でしたが、いままでにない画期的な映画になったと思います」と、作品の出来に満足げだった。

天海裕希
▲なんと髪をバッサリ切って登場した天海裕希。
 R-15(15才未満入場禁止)指定にされた問題作『狗神』の舞台あいさつには、原田眞人監督と天海裕希、遊人らが登場。天海裕希は「映画を観た感想が、きょうの雪のようにみなさんの心に降り積もって、せめて帰るまでのあいだ溶けないことを祈っています」と、観客に向けて素敵なメッセージを贈った。そして原田監督は開口一番「ここにいらっしゃる15才未満のみなさん、ようこそ!」と過激なコメント。「公開は無事達成しましたが、僕らのなかではまだ第1ラウンド終了という感じ。これから世界を相手に戦っていきますんで、応援よろしくお願いします」と、2月のベルリン国際映画祭に向けての意気込みを語った。

 恐怖映画の新たな地平を切り拓いた『弟切草』と『狗神』。これからどんなブームを巻き起こすのか楽しみな2作品だ。

★『弟切草』&『狗神』の作品紹介はこちら!

エンターテイメントTOPに戻る


FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015 ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。