ファミ通ドットコム ファミ通ドットコム/エンターテイメント
電波受信機能を搭載したGショック "アントマンGW-100"
アントマンGW-100
▲電波受信機能搭載Gショック。写真はシルバーモデル。
 カシオ計算機は、"Gショック"シリーズの最新モデル"アントマンGW-100"を10月28に発売する。同シリーズでは初めて電波受信機能を搭載。デザインは、ブラックを基調にシルバー液晶モデルとゴールド液晶モデルの2種類を用意する。

 "アントマンGW-100"の注目は、電波受信機能による時刻補正だ。従来の電波受信対応時計において、衝撃に弱かった受信アンテナ部の材質を変更し、Gショックシリーズ伝統の対衝撃性能を保つことに成功。福島県田村郡から半径約1000km内に発信されている日本標準時刻データを受信し、自動的に時刻を補正する。1日3回受信動作をするため、ユーザーがいちいち設定(手動受信も可能)することもなく、常に正しい時間を刻み続けることができるのだ。ちなみに「アントマン」の名称は、常に正確な時刻をキャッチするアンテナを"アリ"の触覚にみたてて名づけられた。

 さらに、電話番号を20本までメモリーできる"データメモリー機能"や指定した日までをカウントしてくれる"デイカウンター"など実用的な機能を装備。Gショックの強じんなボディとあわせ、あらゆるシーンで活用できるのだ。

 またも進化したGショック。もう「時計が遅れていて……」という言い訳は通用しないかな?

『アントマンGW-100』
発売日 2000年10月28日
価格 26000円
メーカー カシオ
サイズ 57.9×53.1×13.7mm(ベルト除く)
重量 76.5g
電池寿命 約2年
TOPへ

FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015 ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。