著作権について

カドカワ株式会社(以下カドカワ)が運営する『ファミ通.com』(以下、本サービス)及び「週刊ファミ通」をはじめとした弊社出版物をWebやメーリングリスト等に転載したいといった「著作権」の問題にかかわる質問が数多く寄せられています。著作権の問題には多くの課題があり、いまだ社会的な合意に至っていないものも多くあります。ここではカドカワの著作権についての考え方を示し、皆様のご理解を頂けますようお願い申し上げます。

本サービスおよび弊社出版物の内容は転載できません

本サービス及び弊社出版物の著作権、商標権及びその他すべての知的所有権はカドカワに帰属します。カドカワの許諾がないまま、本サービス及び弊社出版物の全部又は一部を転載・複写・蓄積・転送・引用・改変したりすることは、カドカワの著作権を侵害するにとどまらず、著作権法違反として刑事責任を問われる可能性を有しています。カドカワの著作権を侵害するような場合には、厳しく対応いたします。

私的利用について

本サービス及び弊社出版物を私的に利用することは可能です。例えば、テレビ番組をVTRに録画して個人的に楽しむことと同じように本サービス及び弊社出版物を記憶装置に保存することは可能です。しかし、テレビ番組のVTRを著作権者の許可無く、公開することが禁じられているように、本サービスのデータ及び弊社出版物をWebページに掲載したり、BBSに書き込んだりすることは、私的利用を超えた行為とカドカワは考えます。しばしば、「非営利の場合は著作権上の問題はない」という間違った意見を聞くことがありますが、著作権法で著作権者に断りなく、著作物の利用が認められているのは、私的な利用の場合であって、「非営利」の場合ではありません。

リンクについて

インターネットのハイパーリンク機能を使用して本サービスからリンクを張られる場合があります。カドカワは、本サービスの一部のデータのみにリンクを設定し、デザインを改変するようなリンク設定は、一切お断りいたします。なお、本サービスのURLを事前告知なく変更することにカドカワは一切の責任を負いません。

営利目的の利用について・ビジネスご検討の法人様

取材や営業目的など、特別な事情があって本サービス及び弊社出版物を利用したいという場合には、こちらよりカドカワにご相談下さい。本原則を考慮したうえで対応させて頂きます。

最終改定日:2015年10月01日