スマートフォン解析 『ペルソナ5』新たなPVの気になるところについて、ディレクター・橋野桂氏に一問一答! - コミニー[Cominy]
ファミ通のアトラス担当者。ゲームはもちろん、アニメやグッズなどにもイロイロ手を出して、家計はいつも火の車。アトラス関連の作品が続々出るのでうれしいなー!
©ATLUS ©SEGA
●ご意見・ご感想はこちら
●ニックネーム

最近のコメント

2015年09月17日 21:45

『ペルソナ5』新たなPVの気になるところについて、ディレクター・橋野桂氏に一問一答!


 本日、『ペルソナ5』の新たなPVが公開されました!

 ご覧いただくとわかりますが、さまざまなシーンやセリフが盛り込まれており、期待や想像がじつに膨らむ内容になっています。当記事では、新たなPVの気になるところについて、ディレクターの橋野桂氏にさっそく訊いてみました!

※橋野氏への一問一答は、週刊ファミ通2015年9月24日発売号で掲載予定のロングインタビューの一部を再編集し、当記事独自の内容も加えたものです。


Q.
まずは、新たなPVの最後に告知されていた、発売時期の改定(2016年夏発売予定)についてお聞かせください。


橋野 お待たせしており、本当に申し訳ありません。今年2月にPV第1弾を公開し、ファミ通さんのインタビューをお受けしたときからも変わらずに続けているのですが、いまはゲーム内容のディテールを磨いている真っ最中です。ありがたいことに、本作を楽しみにしてくださっている皆さんの期待は僕たちも感じておりまして、だからこそ、目指したいクオリティーに到達するまでの“綱渡り”を日々慎重に、着実に進めています。到達点にいたる1本のロープはしっかり見えていますので、どうかもう少々お待ちください。

Q.
新たなPVでは、PV第1弾でも姿を見せていた仲間たちの新たなシーンが公開されました。


橋野 主人公と同様、仲間たちもそれぞれが何らかの問題を抱えている……ということを前回お話ししましたが、さらに言うと、彼らは自分の“居場所”をなくしてしまっている側面があります。そんな境遇の中、ふとしたことから●●●●●●(編集部注:キーワード&詳細は週刊ファミ通の記事で公開!)を手にした彼らは、それを利用して人助けや世直し稼業にのめり込んでいくんですね。主人公たちがいかにして怪盗団を結成し、一世を風靡していくのか、その先には何が待っているのか。“プレイヤー自身”が体験するピカレスク・ロマンとして、楽しんでもらえることを志向しています。

Q.
公開されたダンジョンのシーンは、古城やピラミッド、美術館など、いかにも怪盗が挑むにふさわしい雰囲気を感じさせますね。


橋野 どの場所も、見た目こそベタなフィクションを彷彿させるかもしれませんが、すべては『ペルソナ5』のテーマ、バックグラウンドをともなって存在しています。本作では、……(編集部注:詳細は週刊ファミ通にて!)

Q.
ダンジョン内で、主人公たちがネズミのような姿になっているシーンがありました。あれはいったい……?


橋野 怪盗団が立ち入る“心の異世界”で起こりうる、言ってしまえばバッドステータスのひとつです。主人公たちが意図的に“変身”しているわけではありませんが、このような姿のままで歩き回っていると危ないかもしれません。

Q.
新宿や渋谷、四軒茶屋といった場所を主人公が歩いているシーンがありました。日常の描写も気になります。


橋野 本作では、都内を中心にいろいろな場所へ行けます。フィールドを歩いて誰かと会ったり施設を利用できる場所もあれば、人間関係の広がりによって足を運ぶ場所、イベントなどの機会で訪れるスポットもあります。PVでお見せしたミニゲーム的なシーンも、特定の場所に行くと楽しめる要素で、主人公のいわゆる“自分磨き”に関わるものです。


 ……というわけで、当記事ではここまで。

 週刊ファミ通2015年9月24日発売号では、橋野氏へのロングインタビューを掲載するほか、本作のキャラクターデザイナー・副島成記氏による描き下ろしイラストが表紙を飾ります。『ペルソナ5』が気になっている人は必携!の内容になりますので、どうぞお楽しみに♪

 最後に、週刊ファミ通では橋野氏にどんなことを訊いているのか、
 質問の内容を先行公開!

●仲間たちのプロフィール、個性について
●仲間たちの初期専用ペルソナについて
●本作のストーリー展開について
●ゲームで実現する“ピカレスク・ロマン”
●非日常(ダンジョンなど)の描写について
●日常の描写と“SNS”について



▲橋野氏のメッセージビデオより。じつは、ここでのインタビュアーも僕が務めさせていただきました。※ビデオのキャプチャ画像掲載にあたっては、アトラスさんの許可を得ております。

 実機でのデモプレイも興味深かったですが、モニターの手前にチラリと見えるのは週刊ファミ通の誌面だったりします(笑)。10ページのボリュームで、最新の情報とビジュアル、ロングインタビューをお届けしますよ~!


(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
※画面は開発中のものです。

■『ペルソナ5』公式サイトはこちら
■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※BOOK WALKER

(すべての人に公開)

  • ゲーム
  • ペルソナ
  • 週刊ファミ通
  • インタビュー

いいね・共有

いいね このブログにいいね!したユーザはまだいません。 このブログについて、 3人がいいね!と言っています
「いいね」をクリックして応援の気持ちを伝えてみませんか? Twitterアカウントで簡単に登録・ログインできます!

あなたもコミニーへ参加して、ブログを書いてみませんか?
ゲームの思い出を管理できるゲーム棚サービスもあります。

1位

ガル詩人さん

アンサガを越えた駄作

2位

トットテルリさん

Gジェネ ジェネシス クリアレ...

3位

nagumoさん

予想外の面白さ

4位

鶴姫とともに@戦国勢『仙塩爆走族』さん

新章開幕! 鶴ともの、大戦...

6位

kuaguitarさん

フリプできたので

7位

goseiさん

恥でしかない。

8位

しゅくりむさん

念願のゲームを手に入れたぞ!

10位

太刀魚さん

ドラクエ新境地

※全公開記事が対象です

1位

のりたまさん

三国志大戦4は面白くない

2位

板尾の嫁 starring あ~きぃさん

【攻城術】【守城術】は誰が...

5位

Zeroさん

のんびりのんびり

6位

カッツェさん

懐かしのW

8位

冬でも春華さん

おかえり! ~春華デッキ~

9位

MR.K(三国志大戦ではCONECT)さん

初三国志

10位

菅えもんさん

これがあんたんというものだ

※全公開記事が対象です

1位

グラブル_ファミ通騎空団さん

【グランブルーファンタジー ...

2位

『艦これ』盛り上げ隊さん

【艦これ プレイ漫画/水本正...

3位

シノビナ応援隊さん

【シノビナイトメア プレイ漫...

※全公開記事が対象です