スマートフォン解析 続・30周年に世界に一つ自分だけのコース作り - コミニー[Cominy]

やすとしんさん (23)

最近遊んでるゲーム

(最終ログインは2時間以内)

最近のコメント

各月のブログ

2015年09月12日 15:31

続・30周年に世界に一つ自分だけのコース作り

スーパーマリオメーカー
Wii U スーパーマリオメーカー
発売日 : 2015年09月10日
価格 : 5700円 [税抜]/6156円 [税込(8%)]
メーカー : 任天堂
たまには全公開日記にて。

9月10日にWiiUの「スーパーマリオメーカー」が発売されましたね。
私もその日のうちに近所のゲオに行きブックレット付きのを購入してきました。

http://www.nintendo.co.jp/wiiu/amaj/index.html
◎任天堂HP スーパーマリオメーカー

その日ののうちに感想とか書こうかな~と思っていたのですがステージ作りを試したりあらかじめ入っているコースで遊んだりしていたら気が付いたら時間が過ぎてしまい今日に回しました(汗)


いざゲームを始めるとオープニングなどは無く早々とファミコンのスーパーマリオブラザーズの1-1風のゲームが始まります。
BGMが無くFC版1のデモ画面を思い出しますが自動では無くマリオを自由に動かせます。
操作感覚もFC版1ほぼそのままです。後ろ向きにジャンプするあの動きも可能ですw

が、しばらくするとコースが途切れていることに気づきます。このコースは作成途中なのでここからはプレイヤーが作ってみよう、というチュートリアルモードなようです。

画面の指示を見ながらはてなブロックを配置しその中にスーパーキノコを入れたり、敵キャラを配置したりといった基本的な操作方法を知ることができます。

一通り作るとチュートリアルが終わりメインメニューに移ります。
ここから本格的にゲームが始まりコース作りをしたり、あらかじめ収録されているコースやネットで配信されているコースをプレイできるようになります。

あらかじめ収録されているコースから真っ先にプレイする場合もチュートリアルはこなさないといけない様子。先にプレイしたかったので若干もどかしかったですがいきなりゲームが始まり何も知らない状態でツールだけがぽんと表示される、ということも無く基本的な使い方をまず最初に知ることができました。


せっかくなので練習用に新しくコースを作ってみました。

タッチペンで配置したいパーツをタッチし画面に置くことでそのパーツを配置できます。
画面をなぞり続ければなぞった部分に選択中のパーツが次々と置かれていきます。
HPにもらくがき感覚とありますがツールの使い方はシンプルで分かりやすいです。
タッチペンを使うのもありお絵かきソフト感覚でコースが作れます。


↑よーつべより こんな感じでお絵かきソフト感覚でコースを作れます。

最終的に4作品分の見た目があるからか一部システムなどは統一するためかオリジナルと変更されている部分もいくつかあります。

マリオ1の見た目でも、画面が上下左右に自由にスクロール可能(オリジナルと違い戻ることも出来る)、スーパーキノコを取らなくてもファイアフラワーを取ればすぐにファイアマリオになれる、スーパー以外パワーアップでダメージを受けるとオリジナルと違いスーパーマリオに戻る、といった違いがあります。

割と難易度が高かったマリオ1、2からするとずいぶん優しくなったようにも思えますが、ステージの作り方次第では鬼畜コースにすることも出来るので一概に低難度というわけでも無いかも。

コース作りする際に選べるパーツはコースを作るごとに増えていくみたいですね。新しいパーツが届くとトラックがやってきてお知らせしてくれます。コースパーツの宅配便ということかw

他に時間経過もあるのかな?次のパーツが何月何日に届くのかというお知らせメッセージが入ることがありました。
が、翌日予定のパーツが開始後数時間たって「思ったよりも早く届いたようです」みたいなメッセージと共に届きました。条件次第では早めに使えるようになるという事かな。早く届くのはちょっとうれしくもなれるかもw

最初から使えるパーツは足場やハテナブロック、土管などのコースの基礎的な部分となるパーツが中心で敵はクリボーとノコノコのみとこじんまりとした印象です。
選べるステージも地上面のみ、シリーズもマリオ1のみでした。

出来ることは限られますが基本的なパーツは一通りあるので、限られたパーツでまずは作り方や実際に配置した後の動きなんかを確認しながら練習するのにはいいかもしれません。

敵キャラの数は少ないですが、クリボーとスーパーキノコを重ねて巨大化させたり、土管とクリボーを重ねてクリボーが次々と湧いてくる土管を作ったりと組み合わせることの楽しさは十分に表れていましたw
調子のって狭い通路にクリボーが湧いて出てくる土管をいくつか配置したら渋滞してしまい通れなくなったことも(汗)

巨大クリボーは踏んで一撃だったマリオ3と違い、踏むと小さいクリボー2体に分裂します。
結局踏めば倒せますが数が増えると同じく狭い場所なんかでは意外と面倒です。

ちなみに巨大化させたクリボーを土管と重ねれば巨大クリボーが湧いてくる土管を作ることも出来ますw
デカくなりすぎて土管が窮屈なのか少しだけだけでた身体をプルプルゆすってからスポンと出てくる巨大クリボーがちょっと可愛いかもw


また、コース作りだけでなく既に作成されたコースもいくつかプレイしました。

あらかじめ収録されたサンプルコースの中からランダムに出る8ステージを10人のマリオで挑む「10人マリオチャレンジ」と、ネットに接続し世界中のユーザーが作ったコースをプレイする「世界のコース」というモードがあります。



世界のコースの方は条件を指定したりして自由にコースを探しプレイしたりそのコースをセーブしたりできます。
他にもネットに投稿されたコースの中からランダムに選ばれる8~16ステージを100人のマリオで挑む「100人マリオチャレンジ」というモードもあります。
10人マリオのオンライン版ですね。

100人マリオはマリオシリーズにしては珍しく最初に難易度選択が可能でかんたん、ふつう、むずかしい(ふつうをクリアすると選択可)の三段階の難易度があります。
ネットに投稿されたコースはそのコースをクリアできたプレイヤー数の割合などで難易度が自動で振り合わけられるようで、選んだ難易度にあったコースが登場します。

最長16ステージを残機100人で挑めるので最初は余裕だろこれ、くらいに考えていたのですがコースによってはゴリ押しができず解法が分からないと突破できないような構成のこともあり一筋縄ではいかず気づいたらどんどんマリオが減っていきます(汗)

敵を連続で踏んだり無敵で倒しまくったりとステージ内で数アップできるコースもいくつかありますが、1UPしてもすぐに残機は増えずコースをクリアすると反映されるようになっています。ただ増えるのは最大3UPまでで初期残機の100以上は増えません。
1UPキノコをすぐに取れるようなコースだからゲームオーバーのリスクが薄いということも無く、クリア出来なければ何UPしてもどんどん残機が減っていきます。
オリジナルとは異なりますがぬるくなりすぎず緊張感を持ってプレイできる部分もあるかも。

コースはパスも可能です。パスすると別なコースが選ばれそちらに挑むことになります。高難易度なコースや自分の苦手なタイプの仕掛けや敵のいるステージなんかに当たることもありますがそういった場合、残り人数をむやみやたらに消費するくらいならパスするのも1つの英断かもしれません。
パスは何度でも可能ですが前述のように残機に限りがあるのでパスがあるからぬるゲーということも無いかも。

選ばれるコースは難しいコースばかりでなく、コインがたくさん手に入るボーナス面ちっくなコースや敵がほとんど登場しないコース、コントローラーに一切手を触れなくてもリフトやおんぷブロックとかの組み合わせでマリオを動かして自動でクリアが出来るニコニコの自動マリオちっくなコースなんかが選ばれることもあります。
難易度も同じでふつうやむずかしいでも割と簡単なコースが選ばれることもありました。

個人的に印象に残ったのは「無限1UPの練習場」みたいなステージ名のコースでした。
マリオ1の見た目のコースでステージ内にあるのは階段上のブロックとその上の方にある緑ノコノコが自動で湧いてくる土管が中心という非常にシンプルなコースです。
階段+緑ノコノコ=無限1UP。もはや方程式ともいえるような組わせですねw

亀の甲羅を踏み続けるあの無限1UPを好きなだけ楽しんでね、と言わんばかりのコースです。その分かりやすさがツボにハマりましたw
ご丁寧にスーパーキノコが自動で出てくる土管もあり失敗してダメージを受けてもすぐに立ち直れるようになっていました。ステージ名通り無限1UPの練習にもってこいですw
オリジナルでやったことが無いというプレイヤーの練習にももってこいかもw


発売まだ3日目ですが投稿されたコースはだいぶ増えてきました。日本だけでなく海外のユーザーが投稿したコースもプレイ可能です。
SNSのように投稿されたコースに対しいいねを付けたり、コメントを書き残すことも出来ます。コースを作ったりプレイするだけでなくそこから広がるコミュニケーションを楽しむ楽しさもありそうですね。

しかし、コース作りのエディタをいじってあれこれ試したり、投稿されたコースをプレイしたりしているうちに気づいたらどんどん時間が過ぎてしまいました(汗)
まだまだ触りしかプレイ出来ていないのでまた別な機会にもっと細かくブログにしようかな。

(すべての人に公開)

  • Wii-U
  • マリオシリーズ
  • マリオメーカー

いいね・共有

いいね このブログにいいね!したユーザはまだいません。 このブログについて、 0人がいいね!と言っています
「いいね」をクリックして応援の気持ちを伝えてみませんか? Twitterアカウントで簡単に登録・ログインできます!

コメント

1番~2番を表示

2015年
09月12日
18:18

なるほど。最初にいきなり自由に作れ〜って投げ出されるわけでなく、途中までのコースが作られてて、そこから手を入れていく方式でチュートリアルとなってるんですね(=゚ω゚)ノ

こういう細かい部分を丁寧に用意してくれてると、クリエイト系が苦手な人でも触りやすそうですね★

ゲームは違っちゃいますが、ドラゴンクエストビルダーズも丁寧に丁寧に教えてくれてる仕上がりになってたら嬉しいです(^◇^;)(笑)

2015年
09月14日
01:50

2: むぎ

スーファミグラフィックくらいまでのクオリティでいいので3DS版も出して欲しいっす。

1番~2番を表示

同じゲームを遊んでいるメンバー

コメントするにはログインしてね(Twitter連携で簡単登録できます)

スーパーマリオメーカー』のブログを書けるほか、ゲームの思い出を管理できるゲーム棚サービスもあります。

関連するブログ

2位

しゅくりむさん

おしゃべり!カケジョ!レビュ...

3位

weekly_jumperさん

ロボティクスノーツDaSH

5位

黒影さん

大戦行くぞ~!

※全公開記事が対象です

※全公開記事が対象です

1位

『艦これ』盛り上げ隊さん

【艦これ プレイ漫画/水本正...

※全公開記事が対象です