スマートフォン解析 【LoV III】第49回 アルティメットスペル考察【age】 - コミニー[Cominy]
しんのすけ
週刊ファミ通編集部員。週刊ファミ通では、アーケードゲームの情報を取り扱っている、「アーケードゲーム魂」を担当しています。『Re:2』ではゲスト称号を狙いつつ、いろんなデッキを使ってます。当ブログでは、『LoVⅢ』の新鮮な情報をお届けしていくので、よろしくお願いします!
ご意見・ご感想受付中!
(C)2007-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

10月のカレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2013年10月09日 21:27

【LoV III】第49回 アルティメットスペル考察【age】

みなさまこんにちは。ageでございます。

前回のブログを書いた直後、結局デッキをすぐ【ジルボルト】入りに改造してしまいました(笑)。

が、【風魔小太郎】と【ジルボルト】の両方を入れた場合、対応力は高いけど、終盤一歩手前あたり、相手のコスト50の使い魔とかが2体超覚醒したとき、【風魔小太郎】の超覚醒が間に合わず、押されることが多々。

アルティメットスペルをリザレクションにしてカバーを狙ってはみたけどイマイチでした……。

そこで、デッキのバランスを整えるためにさらに改造!

【アタッカー】
人獣:とうてつ 10コスト<英雄>
人獣:ラミリィ 10コスト<英雄>
人獣:パーシヴァル 10コスト<英雄>
人獣:美獣イザベラ 50コスト<魔人>

【ディフェンダー】
人獣:モルドレッド 30コスト<英雄>

【マジシャン】
不死:小野篁 10コスト<英雄>
不死:ジルボルト 50コスト<英雄>

これに主人公はマジシャンかアタッカーという形に。
なかなかバランスよくできてるんではないか、と。
終盤のパワー不足は、アルティメットスペルのパワーライズを使用して補ってます。

そして、このデッキでプレイしまくった結果!!


……プラチナAからゴールドAまで落ちました。


あ、あれぇ~? おかしいな。こんなはずでは……(笑)。

う~ん。デッキは悪くないと思うんだけど、運用が難しいのか、どうもうまく勝てません。

使ってて楽しいデッキなので、しばらくは使い込んでみる予定。
皆さん、全国対戦でマッチしたらお手柔らかにお願いします。

デッキが風雷神とかに変わってたら、心が折れたと思ってください(苦笑)。

さてさて、前置きが長くなりましたが今回の本題を。

今回は前回の話題からちょっと逆行。
戦闘前に選ぶことになるアルティメットスペルについてです。

稼動直後はリターンゲートを選ぶ人が大半でしたが、最近はほかのアルティメットスペルを選ぶ人も増えてきて、徐々にバランスが取れてきた様子。

しかし、デッキに合わせたベターな選択が分からない人もいると思います。

そこで“どういうデッキと、どのアルティメットスペルが相性がよいか”といったことを解説します。

アルティメットスペルは、一定回数使用すると称号がもらえたりもするので、これを参考にデッキを変更するのもいいでしょう。

ちなみに自分はちょっと珍しいと思うキュアオールの称号を持ってたりします。


ではひとつずつ解説していきましょう。


●リザレクション

ひとつ前のバージョンで流行っていたアルティメットスペル。
高コストの使い魔をわざと死滅させて、リザレクションを使い、少ないマナで覚醒まで持っていく戦法がおもな使われかたでした。
10月8日のアップデートで、リザレクションLv2の溜まり時間に修正が入ったので、今後どのような使われかたがされるのか、注目のアルティメットスペルでもあります。

●パワーライズ

流行のアルティメットスペルその2。
召喚の難しい高コスト使い魔が軸のデッキ以外とは、どれとでも相性は良好。
とくに終盤パワー不足に陥りやすい<運命神>デッキなどは、それを補うのに便利。
デッキのパワー不足に悩んでたら選んでみましょう。


●リターンゲート

安定のリスク回避アルティメットスペル。
悩んだからとりあえずこれ。これもとくにデッキは選びませんが、アタッカーに狙われやすい高コストのマジシャンを使ってるときにはなるべくセットしたいところ。

●クイックドライブ

レベル3の効果時間が非常に長く、長時間ヒットアンドアウェイが可能になるのがおもしろいアルティメットスペル。
ディフェンダーでアタッカーを追えるようになるので、ディフェンダー主軸のデッキにセットするのが有効。

08

09

●キュアオール

DEFの高いディフェンダーと併用し、施設を防衛するために使うと効果的。
終盤、キュアオールを絡めた数カウントの粘りが勝負の分かれ目になることもしばしば。
ただし、現在は上記のようにパワーライズが流行しているため、回復しても一瞬でHPを再度減らされてしまい、やや扱いにくい感じのアルティメットスペル。

10
11

大まかに解説するとこんな感じです。
勝負を分けるポイントとなる可能性も多いアルティメットスペル。
リスクを恐れてリターンゲートをセットするだけでなく、デッキとの組み合わせをいろいろと試してみてはいかが?

もしかしたら勝率がぐっとアップする可能性も!?

それではまた次回!

※当ブログに関するご意見や、コレが知りたい!などのご希望はプロフィールの下にある意見ボックスからお願いします。

(すべての人に公開)

いいね・共有

いいね このブログにいいね!したユーザはまだいません。 このブログについて、 0人がいいね!と言っています
「いいね」をクリックして応援の気持ちを伝えてみませんか? Twitterアカウントで簡単に登録・ログインできます!

あなたもコミニーへ参加して、ブログを書いてみませんか?
ゲームの思い出を管理できるゲーム棚サービスもあります。

2位

贋物(真改国貞贋作)さん

修正と新傾向

3位

ayanka141さん

PS4[鉄拳7]

5位

xhz5227shsjdvmヴぁkcさん

長く遊べる

6位

showtimeSPさん

対戦ツールとしては0点

7位

くりさん

悪くはないが…

※全公開記事が対象です

1位

あいこ好きの勇者プクリンさん

アクションレースの醍醐味!

※全公開記事が対象です

1位

『艦これ』盛り上げ隊さん

【艦これ プレイ漫画/水本正...

※全公開記事が対象です