スマートフォン解析 誰でも手軽に「コップ(映画の訳アリまたは問題児警察官)」になれる作品 - コミニー[Cominy]
2019年03月18日 02:45

誰でも手軽に「コップ(映画の訳アリまたは問題児警察官)」になれる作品

RICO (PS Store ダウンロード版)
PS4 RICO (PS Store ダウンロード版)
発売日 : 2019年03月14日
価格 : 2313円 [税抜]/2499円 [税込(8%)]
85
    良いと感じたこと、楽しかった点
    インディーズ作品でもありましたのでFPS視点や操作性でのカクツキなどぎこちないと思っていましたが、これが視点も操作性も問題なく遊べましたので驚きました・・・大変失礼しました。

    ■ルールについて■
    基本ルールは至極簡単で、各部屋に潜伏している敵を制圧していきながら爆弾を解除したりや物的証拠を集める、という至ってシンプルになっています。
    部屋のつくりや敵の位置、爆弾と物的証拠の位置を覚えていけば簡単だと思いがちですが、この「RICO」では部屋のつくりから敵の位置などの全てがランダム生成となっていますので常に新しい刺激を与えて貰えます(FPS作品の練習にはもってこいな作品)。
    また、シンプルなルールの他にいくつかランダムでミッションが追加されます。
    例えば、「ヘッドショットで○人を倒す」「全ての部屋をチェックする」「近接攻撃で○人倒す」「時間内に制圧する」などですね。

    注意点として、この作品では自動回復をする事はなく、ランダムに配置されている回復アイテムからでしか回復する事が出来ません(無謀に撃ち合いしていると倒されてしまいます)。
    弾薬も回復アイテムと同じで補充が出来ますが、敵を倒して落とした武器からも弾薬を補充する事が出来ます・・・残念ながら、武器を拾って装備する事は出来ませんのであしからず。

    ■ストーリーとモードについて■
    ストーリーについてはあってないようなものですね。
    モードについては、「練習」「事件(ストーリー)」「デイリー」の3種類になります。
    「練習モード」については部屋に押し掛けて的撃ちして全ての部屋・敵を制圧し、スタート地点まで戻ればクリアする、この作品の基本ルールを練習することが出来ます。

    「事件モード」についてはこれがストーリーの役割となっています。
    24時間以内にランダムに枝分かれしたステージが配置(制圧する建物や手強いボスなど)されており、自分が好きなようにステージをクリアして最終的にゴールを目指せば良いだけです
    ですが、実際は現実の24時間内にクリアする事ではなく、60分間?の間に一気にステージを攻めて良いですし最初の方のステージに戻って回復薬や弾薬を補充したりやポイントを稼いで安全に進めるのも自由となっています。
    ただ、時間については60分間なのか増減するのかはよく分かりませんのでしたので、今後も遊びつつ検証してみます。
    また、「事件」ではミッションクリアした報酬としてポイントを貰え、このポイントで新しい武器やアタッチメント、回復アイテムを購入する事が出来ます。
    購入しました武器とアタッチメントは「練習モード」で装備して遊べますが、「事件モード」中は初期武器から始まって随時装備を整えて進めるかたちとなります。

    「事件モード」ではミッション失敗しても制限時間が許す限りは他の枝分かれしたステージから挑戦する事が可能です(失敗した場合は再挑戦は不可)。
    ですが、敵の攻撃を受けたりや爆弾の解除が間に合わなくてゲームオーバーをした場合はそのままゲームオーバーとなって最初からになりますので迅速で尚且つ慎重に行動を心がけて下さい。

    「事件モード」ではミッションクリアやステージクリア毎に経験値を得られ、1レベル毎に銃撃戦や制圧に嬉しいスキルを覚える事が出来る為、ステージ失敗やゲームオーバーになっても挫けずに繰り返し遊んでみて下さい。

    「デイリーモード」はランダムステージやミッション内容以外に武器もランダムで挑戦して他のユーザーさんとクリアタイムやスコアを競うモードになります。

    ■操作性について■
    基本操作性は他のFPS作品と大差はなく、L3スティックで移動でR3スティックで視点操作、△ボタンでメイン武器とサブ武器の変更、L2ボタンで構えてR2ボタンで撃つ、、L1ボタンで手榴弾・閃光弾を投擲、□ボタンでリロードで○ボタンでしゃがみ(移動中に押すとスライディング)、×ボタンでドアを蹴破る(一時的にスローモーションになる)、R3ボタンで近接攻撃、十字キーの上ボタンでマップ表示となっていますが、残念ながらボタン配置の変更は不可となっています。
    設定項目にはY軸の反転、視点速度の変更が可能となっています。

    ■良かったところ■
    銃やアタッチメントの種類が豊富とはいかないものの、それぞれに長所と短所があったりで良かったです。
    そして、何よりも良かったのがランダムによるステージと敵の配置によって飽きずに遊べる事、ドアを蹴破るとスローモーションになって映画のようなアクションが出来る事、COOPによる画面分割で遊べたりやオンラインで協力しあったりする事が出来ます(オンオフともに最大2人まで遊べます)。
    悪いと感じたこと、改善して欲しい部分
    ■画面表示について■
    テレビ画面の左上に表示されるのがクリア条件とサブクエストになるのですが、この作品では画面の暗さの調整や文字の大きさ、色の変更が出来ないので非常に見にくいです(文字色が白ですので、背景に同調しやすいです)。

    ■爆弾解除について■
    ランダムによるステージと敵の配置はとても良かったのですが、「事件モード」にある爆弾の解除については難易度がイージーでも約2分も無い為に解除出来ずに失敗すれば即ゲームオーバーになってしまいます。
    ストーリーが後半になる程難易度が高くなる為、それに伴って解除する爆弾が多くなるので厄介です(難易度が高いと敵の数や硬さ、攻撃力が高いなど難易度が増します)。
    即ゲームオーバーではなくて、そのミッション(位置)が失敗して他のところから攻められるようにして欲しかったです。
    たとえあったとしても、解除する度に制限時間が増えるなど救済措置があれば良かったです。
    また、残り制限時間が10秒近くなると中央の画面に大きく表示されるのですが、せめて30~40秒位から画面表示して欲しいですね(10秒ではもう間に合わない為)。

    ■増援について■
    人によっては評価が分かれるかと思われるのが、敵の増援がプレイヤーの近く(後ろ側)に沸いてしまう事があったりします(難易度が高いほど背後を取られるのは厄介)。
    ボス面(ドクロマークがある地点)はやたらと増援が多く、回復アイテム等が不足(運が悪いと殆ど出ない)しがちになるのでもう少しランダムマップ生成に回復アイテム等が出現するよう調整して欲しいですね。

    ■当たり判定について■
    障害物が貫通したりやしなかったり、柵の間の空間に見えない壁があってプレイヤー側の弾が当たらないのに敵側の弾が当たって一方的になったり、当たり判定がずれていたり、敵がプレイヤーを認識して(振り向いて)銃を構えて撃つ前に発砲していたり、ドアを蹴飛ばすと同時に撃たれたりなど改善して欲しい部分は結構あったりします。

    ■エイムにデッドゾーン(遊びが無い)について■
    この作品ではデッドゾーンの反応が良いみたいですので、スティックを傾けた分視点が早く動いてしまいます。
    FPSゲームが得意で尚且つエイム速度を高く設定している方(低くても熟知している方)なら問題ないかと思いますが、あまりFPSゲームを嗜まない方など得意でない方には素直にエイム速度を下げて遊ぶと良いです(20前後)。
    無理して速度を上げるよりも確実にヘッドショットを狙えたりや胴体を撃って仕留める事が出来るように自分なりに設定を変更した方が良いです。
    ちなみにですが、デッドゾーン等の変更は不可になっています。

    ■エイムアシストについて■
    それと「エイムアシスト(銃を構えた時に自動で修正して貰えるシステム)」がこの作品では働くみたいなのですがこれがまた結構邪魔している場面が多く、敵の数が多ければ多いほど邪魔になりますので腰撃ちに徹した方が良いです(設定によるON/OFFが出来ないです)。
    それと、たまに「エイムアシスト」が働いたり働らなくなるのは仕様なのかバグなのかは分かりませんでした(曖昧ならOFFにしたいです)。

    ■Coopについて■
    マップ上に落ちている回復アイテムと弾薬はどちらかが使用してしまいますと消滅してしまう為、どちらかが緊急に必要なのかを確認し合った方が良いです(フレンド同士ならまだしも、他人の場合は喧嘩する可能性が高いです)。

    ローカルプレイならテレビ画面を分割して一緒に遊べる為、一緒に遊んでいる相手の残り体力や弾薬が把握しやすいです。
    ですが、オンラインプレイの場合は相手のステータスが表示されない為、ボイスチャットを利用して残り体力や弾薬、そして突撃する位置を確認しなければなりません。

    また、この作品では「フレンドリーファイア(味方にも攻撃が当たる)」がある為、闇雲に近接攻撃や銃を撃ったり、ドラム缶を爆発させますと味方にダメージを与えしまい、最悪はダウンさせてしまいます(救出には専用の救急キッドが必要であり、間に合わなければゲームオーバーになります)。
    そして、この「フレンドリーファイア」のダメージが結構大きく、敵からの攻撃によるダメージとそんなに大差がないです・・・本当の敵は味方、みたいな感じですのでご注意して下さい。
    総評・全体的な感想
    ※最初は90点と評価しましたが、遊べば遊ぶほど粗が気になってしまった為に85点へと変更させて頂きました。

    グラフィックやキャラクターデザイン、ルールがどことなく「ボーダーランズ」に似ていますが、これはこれで手軽に遊べる事とシンプルなルール、そしてランダムによって新しい刺激・緊張を得られたりするので楽しいですね。

    ドアを蹴破ってのスローモーションによるプレイヤー側の一方的な攻撃はまるで映画のようですし、協力プレイが出来る事がとても良かったです。

    悪いところは貫通するかしないかなど当たり判定のところを改善すれば特にこれと言った不満点ない良作になると思いますので、是非に改善していって欲しいですね。

    FPS作品によるボット撃ちや的撃ち練習に対して何となく刺激を感じられない方(マンネリ気味)にはこの「RICO」という作品がおすすめです。
    似たような作品ですと、FPS視点で尚且つランダム生成がある「イモータル・レッドネック:不死王の迷宮」という作品もありますが、こちらはこちらで面白いものの運要素が必要(運が悪いと詰みます)ですので手軽で尚且つ気軽に「コップ」を味わえる「RICO」の方が良いですね。

(すべての人に公開)

いいね・共有

いいね このブログにいいね!したユーザはまだいません。 このブログについて、 0人がいいね!と言っています
「いいね」をクリックして応援の気持ちを伝えてみませんか? Twitterアカウントで簡単に登録・ログインできます!

同じゲームを遊んでいるメンバー

RICO』のブログを書けるほか、ゲームの思い出を管理できるゲーム棚サービスもあります。

※全公開記事が対象です

1位

ZE0ROさん

長かった...

※全公開記事が対象です

1位

『艦これ』盛り上げ隊さん

【艦これ プレイ漫画/水本正...

※全公開記事が対象です